• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
年齢確認されないアプリやサイトを使う危険性やリスク

年齢確認されないパパ活アプリ、パパ活サイトはあるのか?

パパ活サイトや、パパ活アプリは利用登録し、実際にメッセージを送る際には、年齢認証が必要になります。公的書類で年齢確認をする事になるので、18歳未満は利用できません。では年齢確認されない、年齢認証が無いサイトやアプリはあるのか?危険性やリスクとは?

年齢確認されないパパ活アプリ、パパ活サイトは存在するか?

パパ活を目的とした人達が集まる専門アプリやサイトを、ネット上で検索して出て来るもの全てを見ましたが、年齢確認されない物は確認されませんでした。

そもそも、出会い関連のアプリやサイトでは、18歳未満の利用を禁止する為に法律で「全ユーザーに18歳未満では無い事の確認」を行う様に、アプリやサイトの運営会社に義務付けています。ですので、年齢確認を行っていないと、運営会社が法律違反で罰せられるので、まともな会社ならきちんと行っています。

では、アングラなアプリやサイトは無いのかと言う点で調べましたが、パパ活専門ではありませんでした。出会い系ではサクラ満載の悪質アプリは、数か月や数年だけ運営してユーザーからお金を騙し取りサイトを消滅させて逃げるので、年齢確認を行っていない物もあるし、海外製アプリだと年齢確認を行っていない物は存在します。

しかしパパ活専門では無く、出会い系になるので、パパ活相手を見つけるのには非常に効率が悪いです。海外製はまともな出会い系でも、日本人同士が出会うのは難しいのが現状です。

 

年齢確認されないアプリやサイトを使う危険性やリスク

先に述べた様に、年齢確認しないアプリは間違いなく悪質運営会社が運営しているので、男性はお金を巻き上げられて終わるだけです。サクラばかりなので、まともな出会いすら出来ません。

女性は無料だとしても、個人情報は取られるし、そういうサイトを利用したとして脅される可能性もあります。そういうサイトで顔写真の画像をアップすれば、それは悪質運営会社に他のアプリなどで流用される危険も出てきます。

Twitterでパパ活する危険性とリスク

年齢確認が無いパパ活アプリは無いので、18歳未満や、年齢確認をしたくない、できない人はTwitter等のSNSに流れます。こういう所を使う男性は、まともなサイトを使えない理由「児童と出会いたい、犯罪を企んでいるので個人情報は出せない、お金が無い」等の人なので、出会っても女性側は危険なだけです。

児童と知って近付く変態おやじ、児童を狙った犯罪の常習者、お手当をあげるフリして食い逃げ、ヤリ逃げする男性、Hしている所を動画や写真に撮り脅す人などが多いので、止めておきましょう。

犯罪者になって逮捕され、家族や仕事を失うリスクがあるので、パパ活できちんとお金を払ってくれるまともな男性は、SNSじゃなくパパ活サイトやデートクラブで相手を見つけます。どうしてもパパ活したい場合は、18歳以上で高校を卒業してからにしましょう。

Twitterでのリスクは以下にまとめているので参考にして下さい。

関連記事一覧