• パパ活の始め方や方法
  • パパ活の始め方や方法についてまとめています。パパを探す、パパを探している女性を見つけるのが初めての人は、先ずはこちらを参考にして下さい。パパ活の仕方ややり方を分かって始める方が、効率的に良い出会いを見つけられます。始めたけどまだ見つからない人もこちらから!
兄活とは?おすすめサイトや相場や年齢などをパパ活と比較し徹底解説

兄活とは?おすすめアプリ・相場や年齢などをパパ活と比較し徹底解説

パパ活と共に人気になっている兄活とは?兄活をするのにおすすめのサイトやアプリ、兄活とパパ活においての相場や年齢層などを比較して、徹底解説します。歳が離れて年上過ぎるパパとの付き合いに疲れた女性、年下の女の子と楽しいデートがしたい男性は、せひ参考にして下さい。

兄活とは?

兄活とは、パパ活と同様に基本的には体の関係無しで、デートだけのお付き合いに対し報酬を貰う活動です。デート1回で幾らとか、何時間で幾らなどとお互いで決めて、その都度払ったり、1ヶ月の月極にしたりと言う形の契約を結びます。パパ活と違う最大の点は、男性側が若い事です。

 

兄活の年齢層とは?

兄活の対象となる年齢層は、男性側のメイン層が20代前半~30代で、ギリギリ40代前半まで入ります。女性側はメイン層が18歳~20代で、ギリギリ30代前半まで入ります。パパ活の年齢層が男性側が30代~70代、女性側が18歳~40代前半ですので、兄活になるとかなり狭くなります。それによるメリット、デメリットは両方共あります。

 

兄活のメリットとは?

■男性の年齢が若いので、2人で街中をデートしても恥ずかしくない

■普通のデートの延長線上で報酬まで貰える感じになる

■上から見下すおじさんタイプが少ない

■歳の離れたおじさんじゃ無いので、体の関係に発展しても良いかなと思える事が多い

■年代が近いから話が合いやすく話題に困らない

■結婚願望が無い人が殆ど

■お金持ちが多いか、自由に使えるお金が多い

最大のメリットは、やはり年齢が近いからデート中に誰かに見られても、兄活とバレにくい事と恥ずかしくない事です。「会社関係の人や仕事関係で知り合った人」「友達に紹介された人」と1度デートしようって言われたと、色々と言い訳もできるのもメリットです。話題も合いやすいし、気楽なデートをした上で、ご飯をタダで食べられてお小遣いまで貰えるなら、報酬が安めでもパパ活より良いと思う女性は結構います。

パパ活でかなりのおじさんやお爺さんと一緒の所を見られると、そういう言い訳は難しくなり、援交だ、パパ活だとバレやすいです。パパ活や兄活をやるなら、バレずにやりたいと言う人が殆どなので、この点を回避しやすいのは良い事です。

仲良くなっても歳の離れたおじさんと体の関係を持つのは絶対に嫌だと言う女性でも、歳が近かったり、そんなに離れていなければ大丈夫だと言う女性も多いです。そういう点も兄活のメリットでしょう。

パパ活や兄活の場合、結婚願望がある人と付き合うと本気になられて、かなり大変な思いをする場合もあります。そういう点で言えば、兄活をしている人は殆どが結婚願望が無く、年下女性と遊びたいだけなので、心配が少ないです。

本当に兄活OKの男性は、それだけお金に余裕があるタイプです。独身で結婚願望が無いから自由に使えるお金が多いか、そもそも高収入の男性が多いです。報酬は置いておいて、美味しい物を食べたりする時のお店は、ハイクラスな所にも連れて行ってくれる人が多いでしょう。

 

兄活のデメリットとは?

■報酬となるお手当がパパ活に比べるとかなり安い

■お手当無し、ご飯代、記念日にプレゼントだけも多い

■偽物が多い

■ほぼ100%体の関係を求められる

■パパ活に比べて、兄活希望の男性の数が圧倒的に少ないので、相手探しがかなり大変

最大のデメリットは、若い男性が相手になるので、パパ活よりも報酬であるお手当が少なくなる事です。パパ活では1デートで5千円~1万円程度は貰える事が多いですが、兄活だとそれ以下が殆どです。更に言えば、基本的なお手当は無しで、ご飯代などデートの実費を出すだけと言うパターンも少なくありません。これなら、好きな年上の男性とご飯に行ってご馳走になった方が良いと思う人も多いでしょう。

兄活をやっている男性はメリットでお金持ちや、お金に余裕がある人が多いと伝えましたが、お手当を払うかどうかは別です。そもそも、その年齢で余裕があれば、他でもいくらでも相手はいます。相手がいない時期や、スポットで楽しめる人を探している人が多いので、高報酬が欲しいならそれなりの対応や交渉が必要です。

兄活中の女性を募集しているイケメンの中には、そういう女性を手玉に取って、逆にお金を払わせたり、ヤリ逃げ、食い逃げする男性も多くいます。そういう偽物に引っ掛かる可能性がパパ活に比べるとかなり高いです。

また、パパ活で年齢層が高めの男性だと、体の関係は無し、もしくはプチで良いと言う人もボチボチいますが、兄活の場合、まだまだ元気な若い男性なので、ほぼ100%体の関係を求められます。あと、パパ活希望の男性が100人いたとしたら、兄活は10人程度だと思って良いでしょう。それだけに競争率は高めで、相手探しはかなり大変です。

 

兄活でお兄ちゃんを探す方法、見つける方法

ツイッターなどSNS、出会い系サイト、パパ活サイト、デートクラブ、出会い居酒屋、バー、街コンなど様々な出会いのツールはあります。それぞれの兄活への向き不向きを紹介します。

街コン

沢山の人と一気に知り合えるので、出会いに良い場所ですが、男性側はお手当無しの対等なお付き合いを希望しているので、兄活には向きません。

出会い居酒屋

出会い居酒屋も街コンと同様に、男性側はお手当無しの対等なお付き合いを希望しているので、兄活には向きません。

バー

繁華街のバーだと、美味しいご飯が食べられる高級店などに連れて行ってくれる、お兄ちゃんを見つけやすい場ではありますが、お手当付きのデートをOKする人は少ないです。カウンターで隣になった人と話して、友達と言う感じで仲良くなって、その延長線上で「ご飯でも行こうか?」と言う感じの付き合いの発展の仕方が多いです。

クラブ、キャバクラ、スナック

キャストとお客さんの延長線上で兄活はしやすい場所です。アフターに行けばタクシー代として1万円くらいくれる人は多いです。上手く交渉すれば、休みの日にデートしたり、旅行に一緒に行けば、お小遣いを貰える事も多いです。通常の兄活よりお金は掛かるので、20代は殆どなく、30代後半~40代前半の男性がメインとなります。

ツイッターなどSNS

出会いに繋がる事はありますが、男女共に危険な爆弾は多いです。いつの間にか犯罪者になってしまう事や、犯罪の被害者になってしまう事もあるので、おすすめしません。

婚活サイト

パパ活や遊び目的の利用は規約で禁じられている上、登録している人たちも、それ目的では無く、男性側はお手当無しの対等なお付き合いを希望しているので、兄活には向きません。例えマッチングしても話は進みませんので、兄活には向いていません。

出会い系サイト

遊び目的の人が多いので、後は報酬付きの遊びでOKかどうかの交渉次第になります。しかし出会い系サイトの場合、援助系ワードはもちろん、「パパ募集」「パパ活」と言うワードも禁止されているので、それを書くとアカウント停止、強制退会になるので、1人1人アプローチして、個別で話をする段階で交渉しなければなりません。しかし圧倒的に出会い易いし、登録者数も多いので、規約を守りながらも目当ての人は探す事は可能です。

2019年10月版:おすすめ出会い系サイト比較ランキング

パパ活サイト

兄活を先ずは気軽にネットだけで始めるなら、パパ活サイトが1番スマートで効率よくやれるでしょう。特にパパ活専用サイトとしてユーザーがかなり多い「ペイターズ」はお勧めです。こちらは登録者の8割が20代女性となっており、男性にとっては相手をかなり選びやすいです。一方、女性にとっては競争率が高いと言う事なので、プロフィールを工夫したり、1人1人丁寧にメッセージを書いて多数の人にアプローチする努力が必要になります。男性プロフィールを見ると30代も多いので兄活相手は見つかります。

ペイターズ男性登録はこちら
ペイターズ女性登録はこちら

デートクラブ

店舗に登録したり、面接があったりと始めるまでに少し手間は掛かりますが、男女共に面接があるから安心感は非常に高いです。マッチングはユーザー任せになっているネットより、きちんと相手が見つかる事が多いので、確実にやりたい人はデートクラブがお勧めです。デートクラブの場合は年齢層が高めで、男性は40打以上の人が殆どで、40代中盤~50代がメインになっている事が多いです。

しかし「ユニバース倶楽部」だと、男性の登録者情報を見ると、30代35%、40代39%となっているので、兄活にも非常に良いクラブです。全国で支店があるので、どこの都道府県の人でも始めやすいのも良い所だと思います。

ユニバース倶楽部 男性登録はこちら
ユニバース倶楽部 女性登録はこちら

関連記事一覧