• パパ活の始め方や方法
  • パパ活の始め方や方法についてまとめています。パパを探す、パパを探している女性を見つけるのが初めての人は、先ずはこちらを参考にして下さい。パパ活の仕方ややり方を分かって始める方が、効率的に良い出会いを見つけられます。始めたけどまだ見つからない人もこちらから!
偽装パパ活で美人局や恐喝やボッタクリ被害に!男性側の被害や危険性

男女共に初心者必見!パパ活の危険性と安全にやる方法まとめ

パパ活を今から始める人は必ず目を通して欲しい、パパ活の危険性やリスク、安全にやる方法まとめ。これを知っておくか知らないかで、トラブルに巻き込まれるか回避して楽しく遊んだり、効率的に稼げるかが分かってくるので絶対に初心者は読んでおきましょう。

パパ活の危険性やリスクとは?

パパ活で女性側が注意すべき危険事物や要注意人物の特徴と見分け方

知らない者同士が出会うので、ネットの出会いで言われる危険性やリスクは全てパパ活でもあります。主な危険性やリスクとしては…

男性の危険性やリスク

■詐欺:お金を払ったけどホテルに行く約束を守らず、もしくはホテルでシャワー中に女性に逃げられる。

■窃盗:ホテルでシャワー中にお金を財布から抜き取られる。

■美人局:待ち合わせ場所、もしくはホテルなどに行くと怖い男性が現れ脅される。

■恐喝や強請り:相手の女性に弱みを握られてお金を強請られる。

■児ポ:18歳未満に手を出してしまい逮捕される。

■バレ:家族、友人、知人にバレて家庭崩壊する。

■業者:単なるモグリの風俗に捕まったり、高額商品やサービスを売りつける悪質業者、夜のお店の客引きに捕まる。

 

女性の危険性やリスク

■ヤリ逃げ:お金を払って貰う約束だったけどやった後にお金を払わず男性に逃げられる。

■食い逃げ:食事中にトイレに行った隙に男性に逃げられお手当どころか食事代も出すはめになる。

■ストーカー:パパが本気になり執着しだし家庭や職場にまで影響がある行動を取る様になる。

■暴力:女性を買っている気分の男性は力の暴力、言葉の暴力などを行う場合がある。

■レイプ:お酒をガンガン飲まされるなどし酩酊した所をホテルに連れ込まれレイプされる。

■殺人事件:実際にニュースになった様にトラブルから殺人事件にまで発展した事がある。

■業者:パパが勉強になるからと一緒に参加したセミナー代が高額で、パパもその一味だった。

■補導:18歳未満の場合、パパ活は補導の対象となっているので、補導されると将来の道を踏み外す。

■イメージ低下:友人、知人に知られると売りをやっている様に思われイメージ低下する。

■訴えられる:パパが既婚者だった場合、関係を持つとパパの妻から訴えられる可能性がある。

■すっぽかし、ドタキャンが多い:写真を掲載していない、本物とイメージが違う写真を使っている場合、待ち合わせ場所でパパが「なんか違う」と思って帰ってしまう。

■脱税:パパ活で貰ったお金は贈与になるので、贈与税を納めていないと脱税に問われる可能性がある。

 

一気にまとめるとパパ活がかなり危険な感じがしますが、あくまでこれだけのリスクがある可能性と言う事で、全てが一挙にやってくる訳ではありません。また出会い系、マッチングサイトなどでも同様のリスクがあるので、これを分かった上で安全に楽しめる方法を探すべきだと言う事です。

 

パパ活を安全にやる方法

安全

パパ活の危険性やリスクをなるべく減らし、安全にやる方法もあるので、初心者はぜひ覚えて実践して下さい。

1.SNSでの出会いを避ける

パパ活相手との出会いの場となっているのは主に交際クラブ、パパ活サイト、出会い系サイト、SNSです。交際クラブは身分証の提示と共に面談を経て入会可能、パパ活サイトや出会い系サイトは身分証の提示を経て入会可能、SNSはメールアドレスだけで入会可能です。

ですので安全性でいえば「交際クラブ > パパ活サイト ≒ 出会い系サイト > SNS」です。パパ活相手を探すのにSNSは圧倒的に質が悪い男女が多い場所なので、面倒でも安全性を重視するなら交際クラブ、手軽さを重視するならパパ活サイトを使いましょう。

交際クラブやパパ活サイトでは年齢確認がされ、18歳未満は利用不可なので、児ポの観点からもお勧めします。更にSNSでの出会いは、SNSを使っている人との出会いだけあって気に入らない事があれば相手をネット上に晒す事も多いです。そういうリスクもある事を把握しておきましょう。

 

2.初デートでエッチな事をしない

初デートはあくまでお試し、顔合わせを主な目的としましょう。最初のデートではご飯を食べながらお喋りくらいにしておけば、何かあっても被害はかなり少ないと思います。最初からエッチ込みのお手当を渡すのではなく、食事デート分のお手当なら失敗しても勉強代として次に進めるでしょうし。

初デートでエッチな事をしないのは男女共にメリットがあるので、どちらも実践しましょう。大人のお付き合いをするなら、初デートで相手をある程度は見極めてから発展させるかどうかを決めましょう。

これを守るだけで、業者にも引っ掛かりにくくなるのでお勧めです。

 

3.初デートで密室や人目の少ない場所に行かない

エッチ目的でホテルは勿論、相手の車に乗ったり、カラオケボックスだって密室なので、初デートでは避けましょう。また人目が少なすぎる場所も危険が伴う事が多いので止めましょう。どうしても車が必要な場合はタクシーがお勧めです。

かと言ってパパ活ですので人目があり過ぎる場所も嫌だと思うのは当たり前。そういう時はホテルのラウンジなどで待ち合わせると良いでしょう。そこから歩いて数分、タクシーで数分くらいの場所にあるお店を予約して、そこで食事デートをする様にしましょう。

 

4.お手当は先渡し

男性が詐欺られる事より、食い逃げ、ヤリ逃げされる女性の方が多いので、お手当は先渡しにしましょう。男性にとってはリスクがありますが、顔合わせ時点で相手の情報をどれだけ得ているかと言う事から考えれば、男性は殆ど情報を出さずでも会えますが、女性は顔写真を含めてある程度の情報は出しているので、そういうリスクと兼ね合わせると、お手当は先渡しで良いと思います。

個人情報をどれだけ握られているかで、逃げたりしようと言う気持ちが違ってくるので。

 

5.初回のデートでお酒は飲み過ぎない

お酒を飲み過ぎると気が大きくなる男性、酩酊してしまう女性など、その後の行動に責任が持てないくらいの事をやってしまう事があります。どちらも自分を守る為にもお酒は飲み過ぎない様に、いつも以上に自制しましょう。回数を重ねてお酒を一緒に飲んでも大丈夫だなって思った時からは気兼ねなく飲めば良いと思います。

 

6.ヤリモク、売りを無視する

会う前から「本番いくら?プチいくら?」なんて聞いてくる男性や、「大人アリ、プチアリ」なんて言ってくる女性は止めておきましょう。モグリの風俗嬢に当たる確率が高いし、個人的に風俗嬢をやっているレベルの低い女性、とにかく金目当ての女性、やりまくって病気持ちの可能性、美人局や強請りの可能性、ヤリ逃げ目的の男性、レイプ目的の男性の可能性があります。

 

7.女性は実物が分かる写真をちゃんと見せる

ドタキャンやすっぽかしになる1番の原因は、プロフィール写真とイメージが違う事です。風俗と一緒で写真を見て指名したのに違う子が出て来てガッカリと言う感じです。ドタキャンやすっぽかしされると女性側も時間や交通費を無駄にするので、そういう事が無い様に実物が分かる写真を相手に見せる事は大切です。

そもそも写真は掲載していないと殆どオファーは来ないので、写真は掲載する事。その上でメッセージのやり取りをし会おうという感じになってきたら、別パターンの写真も見せてあげると、ドタキャンやすっぽかしを予防できます。

 

8.個人情報を渡し過ぎない

お互いの素性は少しは知らないと安心感は沸かないので、多少の事は話すとしても、個人情報を渡し過ぎるのは良くありません。出来れば「既婚か未婚か」「住まいはどこか」「職場や勤めている会社はどこか」「フルネーム」「電話番号」等は隠しておきましょう。

婚姻状況を伝えないのは、女性が相手の男性が既婚と知った上でエッチすると妻から訴えられる可能性があるからです。住まいのある程度の地域は教えても良いですが、詳しく教えるとストーカーなどになった時に大変です。これは仕事関係も同じです。フルネームや電話番号が分かるとSNSや他の個人情報に繋がる情報を手に入れられる可能性があるので、なるべく伏せておきましょう。

関連記事一覧