パパ活の相場、お金事情

パパ活相場は暴落しているのは一部だけ!今からでも高収入は得られる

相場暴落

パパ活相場が暴落していると一部のメディアで話題になったが、実態としては暴落しているのは一部だけで、今からでも高収入は得られる。

では、実際にどういうパターンだと暴落していて、どういうバターンだと問題なくやっていけているのかを紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

私はパパ側ですが、男性が相場を下落させたいが為に書いている妄想記事の様な物が多いので、実態を紹介します。

パパ活相場は暴落しているのは一部だけ

お金を貸す、借りる

ネットニュースなどを見ていると、パパ活相場は暴落しているし、今後は更に暴落すると書かれている場合が多いですが、これは実際にパパ活をやった事が無い人が想像で書いているか、もしくは一部の知識しかない人が書いていると思います。

何故かと言うと、暴落しているのは一部だけで、多くの場合は大した動きはないからです。

パパ活相場が下落している所

  • 不況で業績ピンチの太パパ経営者を捕まえていた女性
  • 安月給のリーマン相手が多い
  • 都度ばかりで稼いでいた女性
  • 大人アリの男性ばかり集めていた女性
  • お手当以外のプレゼントなども稼ぎの土台にしていた女性

稼ぎがガクンと下がったり、1回のお手当相場が暴落した中心はこのタイプです。逆に…

  • 不況に強い太パパ経営者を捕まえていた女性
  • 専門職や高収入のリーマンが相手が多い
  • 定期の男性を何人か作っていた女性
  • きちんと接客しもてなし満足させていた女性
  • お手当を稼ぎの土台にしていた女性

こういう女性は外出自粛期間中であっても、定期のパパからお手当を貰えたとか、応援で余計に貰えたという人も少なくありません。実際に私も会えない子にもいつも通り渡したし、私の友人も渡したと言っていました。

ですので、全体が暴落したという様な書き方をしている記事自体、実態を知らない素人が書いているので鵜呑みにしない様にしましょう。

パパ活相場は2019年に暴落していた

パパ活の相場が下落中?現在の相場と一昔前の相場を比較

上記の記事で2018年相場と2019年相場を比較し紹介しましたが、そこで解説している様に、2018年までがバブル状態で異常に高いだけで、2019年は一般層までパパ活が浸透し参入してきた男女も多くなり、相場は下落し妥当な所で落ち着いた感じです。

パパ活市場は女性過多なので、女性が多くなればそれだけ競争は激化します。そこでパパが見つからない女性は提示する条件を下げるので、これによって全体的な相場は下げりました。

以下、2018年までの相場と2019年の相場です。美人は更に単価は上がります。

~2018年 2019年~
交通費
5千円~1万円
0円~5千円
デートのみの相場 1万円~3万円 1万円前後
プチの相場 1万5千円~3万円 5千円~1万円
大人アリの相場 3万円~5万円 2万円~3万円

割り切り大人の関係で3万円だったのが2万円になったなんて話を聞きますが、そもそも2019年にはその相場に下落しています。

2020年はと言うと、外出自粛が明けた後も相場は同じ程度なので暴落していません。

「キスなしで5000円引き」とか「手や口でするプチなら安く」なんて交渉する男性が増えているという話もありますが、これは不況だとかと関係なく、一般層のそれ目的の男性も多く参入しているからです。

そして、そういう男性に捕まっているか、そういう男性からしか相手にされないからです。

2020年後半のパパ活相場も暴落しない

チャート

パパ活相場が暴落しない理由

ウィズコロナ、アフターコロナであっても、パパ活相場が今の相場から暴落する事はありません。2020年後半も女性は問題なく稼げるし、高収入は得られます。その理由は以下です。

  • 男女の時間を求める人は極端に減らない
  • 水商売の様な不特定多数じゃなく1対1の出会い
  • 経済全てが崩壊している訳じゃない
  • 相場の下振れはあるが暴落すると女性は別の仕事を選ぶ

外出自粛期間中に盛り上がった業種は幾つもありますが、その中の1つはネットの出会いや恋愛ジャンルでした。ここは大盛況でしたが、その中にパパ活も含まれています。

新規の出会いを求めるのは減ったので、妄想記事屋からすれば全てが減った様に思えたのかも知れませんが、都度で続けてきた子や定期の子と会っている男性は結構いました。

妄想記事屋は「家から出られないから」と言いますが、実態としては「リモートワークだけど家では集中できないからビジネスホテルで仕事するね」と言って出かけ、そこに女性を呼ぶ男性は多かったからね。

ここだけ見ても、世の中の男性が女遊びをしなくなるなんて、有り得ない事が分かります。外出自粛が明けた初日に私は中洲方面に行きましたが、行った先々のお店でパパ活らしきカップルばかり見ましたし、私もパパ活デートでしたし。

「暴落する!」なんて言っている記事を読むと分かるのが、全ての経済が崩壊する前提、男性の多くが稼ぎが無くなる前提、女性の多くが仕事を失う前提で書いちゃっているから、ヤバいよね。

2020年後半のパパ活相場はどうなる?

じゃあ、実際に2020年後半のパパ活相場はどうなるかと言うと…

2019年~ 2020年後半~
交通費
0円~5千円
0円~5千円
デートのみの相場 1万円前後 1万円前後
プチの相場 5千円~1万円 5千円~1万円
大人アリの相場 2万円~3万円 1.5万円~3万円

大人アリの相場でやや下振れはあるかも知れない程度で、全体的に2019年のまま大して変わりません。そもそも、これ以上安くなるなら、女性はわざわざ面倒なオッサンとデートしたり、エッチするのは割に合わないから。

もし、コロナ被害がもっと大きくなって、女性の仕事が殆どなくなれば、安くなってもそれしか稼ぐ手段がなく暴落も有り得えますが、現状でその前提は間違いで、男性の勝手な希望的観測でしかありません。

例えばキャバ嬢だって、時給が1000円に暴落するなら夜にわざわざオッサン接客して稼がなくても他の仕事を選ぶし、それと同じ感覚です。

男性の稼ぎ云々は暴落には関係ありません。男性が金を持っていないなら供給側は別の仕事をやります。なので、暴落する時は女性の仕事が殆どなくなり、体を売るしか仕事は残っていない様な時です。

それが今だ!これから外出自粛のダメージが出てくるから、半年後だ!と言う人もいますが、確かに経済への痛みが徐々に出て来るからキツイ人も出るでしょうけど、若い女性が総じて体を売らないといけない様な経済状況には今の所ならないので、パパ活相場は暴落しません。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら