• パパ活の実態や体験談
  • パパ活の実態や体験談についてまとめています。パパ活する男性側のパパ目線、援助を受ける女性目線、両方の目線からパパ活の実態に迫っています。実際はどういう付き合いがされているのか?援交との違いとは?体の関係や大人の関係はあるのか?気になる人は先ずはこちらをチェック
キャバクラやラウンジ等の飲み屋

【P活】パパ活はクラブやキャバクラ等でも相手は見つかるが実は…

【P活体験談】パパ活を始める時、相手を探すのにクラブやキャバクラが使えるのではと考える人は多い。お店では男性は客で女性キャストは従業員と言う関係の上で疑似恋愛をしているので、これを個人的にやればパパ活なので相手は簡単に見つかるが、デメリットもあるので紹介します。

クラブやキャバクラは店を通じたパパ活の様なもの

基本的な関係性は同じ

クラブやキャバクラ等、いわゆる「お水」の世界では、女性はお店の従業員として、男性と会話したり、お酒を注いだり、おもてなしをし楽しい時間をすごさせてあげます。男女と言う関係を武器にし、疑似恋愛的な商売の仕方をし、高給が貰えるという仕事です。その時間に対して男性はお金を払います。

方やパパ活はお店には属さず、個人的に男性と会話したり、デートをし、おもてなしをし楽しい時間を過ごさせてあげます。こちらも男女と言う関係を武器にし、疑似恋愛的な商売の仕方をし、高給が貰えるという仕事なので、お水との違いは「お店に属すか属さないか」だけで、基本的には同じ構図です。

 

店外デートをするなら尚更同じになる

店に属するか属さないかの違いしかありませんが、アフターや休日に遊んだり、店外デートをする様になれば、お店で監視されている状態ではなく、個人と個人の付き合いになるので、この段階でパパ活と何も変わらない状態になります。

例えば私の場合、パパ活相手の女性に対しては交通費5千円、デートのお手当1万円くらい渡します。他にデート代も数万は掛かるので、1回のパパ活でトータル最低でも5万円くらいは使います。キャバ嬢の場合、キャバクラで2~3万円くらいは最低でも使った上で、アフターのお店で2万円くらい、タクシー代で1万円渡すので、トータルはパパ活デートよりちょっと高いくらいです。

パパ活の場合はお店のピンハネが無いので、パパから直接自分に入ってくるお金は多いけどそれだけ。お店に属するとお店から報酬が出ますが、ケチな客だとタクシー代をケチられるので、それ以外の報酬がかなり少ない。この辺り、どちらが良いかは女性の考え方次第と言う所はあります。

体の関係を持つのも、パパ活でもキャバ嬢でも、基本的には女性側もOKしないと進めません。パパ活だってお金を払えば誰でもやらせてくれる訳では無いので。なので、この辺りも私の感覚では同じですが、パパ活の場合はお金の為にと体の関係になり易いのは確かです。

 

クラブやキャバクラでは相手は貢がるが…

女性からすれば、お店から給料を貰いつつパパを探せるのでメリットがあると思います。しかし、お店から出たら、プライベートのお付き合いと思う男性も多く、その時間に関してはお手当をつけない人も多いので、パパ活へ移行するのが難しい。

お金の相談をしたり、お金に困っている事を打ち明けたり、男性から愛人にしようとして来ないと、なかなかパパ活の様にはなりません。そこをクリアしたとしても、パパ活と言うよりは、ガッツリ囲われる愛人パターンの方が多いです。

では次に、私がどちらもよく使うので、体験談から男が教える女性目線と男性目線のメリット、デメリットを紹介します。

 

女性目線で考えるパパ活とクラブやキャバクラ等のメリット、デメリット

職場環境

キャバ嬢の場合はお店に属さないといけないので、自分の都合ばかりではいられないし、上司、同僚、後輩などとの人間関係もあり、面倒です。指名を貰えない女性の場合、人気女性のヘルプに回る事も多いので、どうしても人気女性のお世話になる事になります。そうやって手下になってしまう子も多いです。パパ活はフリーランスの個人事業主の様なもので、こういうしがらみが無く自由にできます。自由度で言えばパパ活の方が圧倒的にメリットがあります。

安心感

どちらも危険な男は来るので危険度は普通の仕事より高めですが、キャバ嬢は他のスタッフから守ってもらえる事も多いので、安心感は圧倒的に高いです。

報酬

パパ活が円滑にやれる都会などでは、キャバ嬢は自給5000円程度は貰える上に、人気になればもっと上がるし、歩合も付くので高給取りになります。上客を見つければアフターに付き合えば最低でも1万円のタクシー代も貰えます。1日5時間、月20日働き、全てでアフターがあった場合は最低70万円近く稼げるし、人気があれば100万超も軽い。ただ指名が貰えない子の場合は、お店をクビになる可能性もあります。体の関係になっても、女性側が指名が欲しく枕営業だったり、男性側はプライベートな時間と考えるので、エッチに対する報酬は貰えない事が多いです。

パパ活は通常のデートなら交通費合わせて1万5千円前後が相場なので、1日1回(2時間~4時間程度)、20日やっても30万円程度にしかなりません。これでも十分に良いお給料ですが。パパが見つからないと生活できないレベル、パパが見つかれば生活できるレベルですが、太パパを見つけたり、定期を5人程度捕まえれば、一気に安定して100万円を超えるし、数百万稼げる可能性も出てくるので、天井無しなのはパパ活です。体の関係ありなら、1日1回(2時間~4時間程度)で3万~5万円程度は稼げるので、一気に報酬は跳ね上がります。

こう比べてみると、報酬面では一長一短と言う感じで、どちらにメリット、デメリットと言う感じはあまりありません。

労力

キャバ嬢はいくら良い客がいたとしても、お店に属しているので、お客がいれば常に誰かの接客をする事が多いです。新規のお客や、指名が無いお客には店側が付け回しするので、そういう場所にも付かないといけません。なので、5~6時間はみっちり仕事と言う感じですし、同伴やアフターに付き合えば、2時間、2時間くらいは時間がとられるので、合計すると結構長い時間仕事に使っています。更に体を使っても報酬に直結しにくい。

パパ活は食事やお酒のデートなら2時間~4時間程度、他のお客の相手をその間にする必要もありません。気楽なパパや、好きな気持ちがあるパパ相手なら、その相手とだけみっちりデートを楽しむので、非常に楽です。その後に体の関係があれば、更に2時間程度増えるくらいなので、拘束時間はかなり少ないです。体を使えば、その分も報酬に直結するので、労力を考えると圧倒的にパパ活の方が良い。

 

男性目線で考えるパパ活とクラブやキャバクラ等のメリット、デメリット

女性の質

目の前にいる子達から選べるキャバクラ、写真でまずは選ばないといけないパパ活なので、中身の質は置いておいて、見た目の質は圧倒的にキャバクラの方が楽に良い子を見つけられます。ただ、お水の子はそれなりにその香りがあるプロなので、一般人である素人が良い人にとっては質の良い子はパパ活側にいる。

私はどちらにも魅力を感じるので、気分によって使い分けしています。例えば女性をA~Eランクで分けたなら、素人で顔もスタイルもピカ一な子はAクラスです。パパ活ではA~Eまで満遍なくいるので、AやBに当たる確率もあるげど、C~Eもかなり多い。キャバクラはAはいないが、B~Cはかなり多い。こんな感じなので、使い分けが良いですね。

サービスの質

単に会話が楽しい、一緒に飲んでて面白いかと言う部分では、キャバ嬢でも当たり外れはありますが、パパ活女子の場合「私は雇われじゃないし、付き合ってあげてる側」と考える子も一定数いるので、そういう子に当たると、全く楽しくないです。この手のタイプは会話を弾ませようとしないし、会話の知識やテクもありません。キャバ嬢は毎日会話をしているので、それなりに会話は楽しめる子は多い。

ただ、パパ活にたまにいるハイクラスな女性に当たると、男性でも感心するくらい知識が豊富なので、この点はパパ活にメリットを感じます。キャバ嬢は大抵の子は「はじめまして」からの会話の流れは同じようなものなので。

お金

先に紹介した様に、パパ活でもキャバクラでも同じくらいのお金は必要になります。ただキャバクラの場合は、アフターなど店外デートはあくまで個人の自由なので、断られる事もあります。しかしパパ活はデートを断る事は無いので、ムダ金にはなりにくい。落とすまでに掛かるお金は、キャバクラの方が圧倒的に掛かるので、男性から見たお金面はややパパ活の方にメリットを感じます。

体の関係

お金を払えば誰でもやらせてくれるとパパ活を勘違いしている男性は多いですが、基本的には男女の個人個人のお付き合いなので、NGを出す子も多いです。キャバクラと同様に、相手の心を開き、落とすと言う段階は踏まないといけません。しかしながら、お金の為にとハードルが低い子は多いし、お店を通さないので男女の関係になり易いので、キャバ嬢よりは圧倒的にハードルは低く、パパ活側にメリットがあります。

パパ活はやっているけどキャバクラは未経験、その逆の人も、どちらも経験してみると良いと思います。そうする事で、それぞれの良さを感じやすいし、楽しく過ごしやすくなると思います。

 

関連記事一覧