• パパ活の相場などお金事情
  • パパ活の相場などお金事情についてまとめています。パパになりたいが予算はどの程度?気になるお手当、都度払う、月極、月収、月額、値段、ギャラ飲みの価格、時給、税金、都道府県別、地方の相場など、パパ活に関するお金の実態についてはこちらをご覧下さい。
パパ活でお手当や条件の話が無いままデートに…お金の話を振るべき?

パパ活でお手当や条件の話が無いままデートに…お金の話を振るべき?

パパ活を始めて、ようやくパパ候補の男性とネットで出会い、実際に会ってみてデートする事になった。しかし、デートの話は決まったのに、未だに男性から条件やお手当などお金の話が無いまま。この時にパパ活女子は、自分からお金の話を振るべきか?振らないべきか?

パパ活サイトで見つける男性には4パターンある

A:パパ活と分からずに登録してきた男性

パパ活サイトを通常の出会い系サイトと思って登録して来る男性がいます。そういう男性の場合、単なる出会いと思う人や、条件アリでの出会いを希望していない人もいるので、お手当などの話は相手から降られる事はありません。

B:パパ活したいけど条件は会ってから決めたい男性

パパ活を希望して登録してきたけど、見た目や、内面、どこまでのお付き合いが出来るかなど、全てを把握した上でお手当や条件を決めたいと言う男性は多いです。そういう場合、女性からわざわざ話題を振って来なければ、取り合えず顔合わせしようと言う流れになる人は多いです。

C:パパ活したいし条件も提示して来る男性

ただただ体目的で早く話を付けたい人は1通目から、ちゃんと女の子をある程度見極めつつ女性へ気も使える人は数通目は普通のトークをしてから、何らかの条件などを話してきます。

D:パパ活と見せかけて女性を騙す男性

女性に対して好条件でオファーを出す事が殆どです。そうやって女性を釣って、食事が終わったら会計前に逃げていなくなる食べ逃げをするか、ホテルで事後に渡すと言われて逃げるヤリ逃げの男です。

POINTイメージとしてはCが1番多いと思うでしょうが、BやDも同じくらい多いです。

 

お手当や条件などお金の話を自分から振るべき?

お手当や条件などお金の話を自分から振るべき?

答えとしては、お手当や条件の話が無いままデートとなろうとするなら「絶対に自分から話を振るべき」です。

こうしておかないと、パパ活と分かっていない男性を先ず除外できなくなるので面倒です。しかし、細かく「これだったら幾ら、こうなったら幾ら」等と設定せずに、ある程度の目安くらいを伝えましょう。

男性側も均一に支払う訳ではなく、美人や良い子には多目にあげたいと思うし、そうじゃ無い子にはなるべく安くしたいと思います。なので、自分から幾らだって線引きしていると、必ずそれと同額か、それ以下で話をまとめられる可能性が高いです。

見た目3万出したい子でも、最初に自分で2万で良いですと言われていたら、パパからすれば儲けものです。逆にブサイクな子が2万って言っても、お断りされるか、減額して提示されるかです。ブサイクな子はパパが見つからないので、見つかるだけマシですし、先ずは弾をストックしていく為にも、お断りをくらう事を避ける為に、こちらも自分から細かく提示するのは避けた方が良いでしょう。

 

実際に会ってみてからお手当や条件を詰める

実際に会ってみてからお手当や条件を詰める

ある程度の目安を決めたら、実際に顔合わせやデートをしてみましょう。顔合わせのみだったら、交通費程度ですが、、初回からデートするなら、最初に伝えた目安くらいのお手当は貰えると思います。

その時にちゃんと、今後お付き合いするならどうするかと言う事で、きちんとお手当や条件を詰めて話しておきましょう。パパの希望や条件もあるので、2人で話し合いながら、良い所で落としどころを見つけて下さい。

デートが終わって帰る直前になっても、きちんとどうするか話が無い場合は、「実際会ってみてどうでしたか?初回なので今後の為に、お手当などどうするか決めておきたいですが、どうでしょうか?」なんて話を振ってOKです。

POINT初回のデートはパパは女性を値踏み中なので、条件の話がしやすい状況、好条件を貰う為にも、頑張ってパパを楽しませてあげましょう。

関連記事一覧