パパ活の上手なやり方やテクニック

パパ活で会話に困らない!パパが喜ぶおすすめのお題やネタ

【P活】パパ活でデート中「会話・トーク」にお勧めのお題やネタまとめ

パパ活でのデート中、パパと何を話せば良いのか分からない女性は多い。楽しい会話やトークで盛り上がると、定期になったり、お手当を増やしてくれる可能性も出て来るので超重要。

今回はパパ活での「会話・トーク」にパパが喜ぶ、おすすめのお題やネタをまとめて紹介します。

パパ活でデート中の会話におすすめのお題やネタ

見た目の話題

お洒落なスーツの男性

ジャケットやネクタイ、パンツなど服装全般やカバン、時計、靴などは、初めましての段階で分かるし話題に出来る事です。お洒落なパパならカフスボタンやハンカチなども見て話題にすると良いでしょう。

何か1つ2つ特に気になった点を感情を込めて褒めましょう。そのアイテムについてパパが「ありがとう」だけじゃなく、「これは娘に買ってもらったんだ」とか「安物だけど、このデザインが気に入っていて」なんて話題を掘り下げてくれたら、更にその話題を掘り下げましょう。

似ている有名人などがいれば、その話でも良いです。この時はなるべくパパが喜ぶ様な人を言いましょう。それでも外した場合は「落ち着いた雰囲気が…」とか「優しそうな感じが…」とか言い訳も用意しておくと良いです。

それから自分が誰に似ているかと言うのも話題に出すと良いです。パパ活している男性は殆どが複数の女性と付き合っているので、キャラ立ちする為、忘れられない為にも、自分が誰に似ていると言うのを植え付けておくと良いでしょう。

誉め言葉は「キャー、凄い!カッコいい」なんて感じで親近感がわくからタメ語で良いです。注意点としてはパパに響かなくなるので何でもかんでも褒めれば良いと言うノリにはならない様にしましょう。

出身や地元の話題

福岡

初対面の時には「どこの出身ですか?」「地元はどちらですか?」なんて言う会話は定番です。

東京でパパ活する時でも「地元は福岡だよ」「え~、私も福岡なんです!」なんて会話で一気に盛り上がり、親近感がわく事も多いです。出身地が違っても「九州は旅行で行った事があって…」なんて話題に振る事も出来ます。

去年会った子は自己紹介が終わった後、食事中の2時間くらいはずっと地元トークしていた感じの時もありました。どちらにとっても非常に楽な話題なので、軽めに振ってみると良いでしょう。

何か聞きたい事がある時は自分から言うべきなので、パパに聞く前に「私は〇〇出身なんですが、どちらのご出身ですか?」と聞く様にしましょう。注意点としては、細かい情報は隠したいパパも多いので根掘り葉掘り聞かない事。パパが濁すなら即話題チェンジ。

好きな食事やお酒の話題

バーで乾杯

食事やお酒の話題は予備知識がなくても色々と話がしやすいし、「モルトが大好きだから、よくバーに行くよ」なんて言われたら、「ウイスキーは好きですけど、銘柄なんかは良く分からなくて、おすすめ教えて欲しいです」なんて言えば、「じゃあ今度はバーに行こうか」と次のデートの予約もしやすい。

初対面の時は嫌いな物を聞いておきましょう。パパ活では慣れたら女性に「お店選んでおいて」なんて言う事もあるので、そういう時の為に、嫌いな物を把握しておけば、店選びで失敗はしにくいです。

好きな食事を言って、パパに連れて行って貰えたら「感謝と笑顔」は忘れずに。食事やお酒の話題で、パパより詳しいからと「こっちの方が良いですよ」なんて言うのはNGです。そういうのはパパに「何か別にお店が無いかな?」なんて聞かれた時だけで。

出張が多いなら全国の美味しい物やお店の話題

バー、繁華街

出張が多いタイプのパパなら、行く先々でご飯を食べたりしているので、美味しい物や美味しいお店の情報を持っている可能性が高いです。逆に出張で女性が住んでいる地域に良くくるから、出張ついでにパパ活で若い女性と遊ぶと言う男性もいます。

私も出張がちょいちょいあるので、行先の女性とアポを取っておき、一緒にご飯をと言う事はやっています。そういう時に地元民だからこそ知っているお店などを教えてくれたり、予約を取ってくれるとありがたいです。

自分とのデート予定じゃないけど、来る機会があればお店をリサーチして予約を取ってあげるなどすると、更に気に入って貰えます。損して得取れと言う感じで、お店を聞かれた時に「え~、もしかして他の子と行く為のを聞いているの?」なんて言わない様にしましょう。

趣味や休日の過ごし方の話題

ゴルフボール

趣味の話も定番なので、こういう話題を掘るのも楽です。

「何か趣味ありますか?」なんて聞くより、体がガッチリしていたり、スマートなら「何かスポーツされていますか?」なんて聞けば良いし、それに対して「昔はサッカーやっていたけど、今はたまにゴルフくらいかな」なんて答えが来たら、そのスポーツを掘れば良い。

「休みの日は何している事が多いですか?」なんて聞くと趣味の話になり易いので、そう話題振りをするのも良いです。

「サッカー観るの好きなんです!サッカー場に観に行ったりされますか?」とか「ゴルフやってるんですけど下手で、教えて欲しいです」とか。「スポーツはやっていない」と返ってきたら「スマートなんでやってそうに見えました」なんて言えば良い。

体育会系、文科系どちらにしても趣味があれば「教えて欲しい、興味がある、もっと知りたい」体で話を聞きましょう。注意点はパパと同じ趣味の場合、パパより上手に出来る、パパより詳しく知っている感をいきなり出すのは止めましょう。

GWやお盆、正月休みの過ごし方の話題

お盆、正月

休みの話題を振っても問題なさそうなら、更に長期休暇の話題を振ってみましょう。GWやお盆、正月休み等があるかどうか、あればどう過ごす事が多いかなどをネタにすれば幾らでも掘れます。

多くは「家でゆっくり」か「帰省や旅行」だと思います。「そういう時は仕事なんだよ」と言う場合も少なからずありますが、どれを取っても掘れる話題にはなります。

この中で1番掘りにくいのは「家でゆっくり」だと思いますが、独身パパの場合は「私も自宅でのんびりの場合が多くて」なんて言えば、「この子はそういう休みの時に誘えるタイプだ」と思って貰えるし、単純にここから「もし相手がいたら行きたい場所とかありますか?」なんて話題を掘っていけます。

私も独身パパなんで、GWやお正月なんかで遊んでくれる子がいたら有難いと感じます。定期の子と今年の休みは正月旅行でハワイに行きました。

旅行代出してくれるなら行きたいし、その分のお手当は要らないって事だったんで、5泊7日で連れて行ってゴルフとエッチ三昧でした。ただ最終日にバッグ買わされましたが…(笑)

独身パパは暇する場合が多い長期休暇に休みが合うならアピールポイントになります。家庭持ちは、家庭の話に入っていく可能性が高くなるのでなるべく避けた方が良い話題です。

好きな歌や映画の話題

音楽

趣味の話題の1つですが、特に簡単に話題にしやすいので、別項目にしました。

話題にしやすいのは、パパの学生時代に流行っていた音楽やミュージシャン、映画などの話。今の流行りを知らないパパも多いので、過去の話を一緒にしてあげると、パパもスラスラと話が出来るので盛り上がります。

ただ予備知識が無い場合は、女性側が付いていけないので「それ知らない」と言うだけになって、結局はパパもつまらなくなるパターンがあります。

典型的なジェネレーションギャップですが、これを逆手に取って、「〇〇さんが思い出に残っているなら、私も聴いてみたい」とか言っておき、翌日くらいに直ぐに聴いて「早速聞いてみたけど、すごく良い曲ですね!」なんてメッセージ入れれば、パパも悪い気はしません。

話の流れからカラオケに話題を移し、カラオケボックスに行くのも良いでしょう。時間の半分は歌っているか聞いているかなので楽です。ただ初回のデートでは密室になるので危険が大きくお勧めしません。

フェチの話

パパ活をやってみると分かる実態

先ずは軽めに「どういうタイプの女性が好きですか?」なんて話をしながら、「女性のどこを1番チェックしますか?」とか「女性のパーツで1番好きな場所はどこですか?」なんて、ちょい下ネタに移行していきましょう。

男なんて食事中、キャバクラ、バーなど、どこでも大抵は女の話か下ネタを話しています。それ系の話をするだけで異性を強く意識させるので、パパ活では効果的です。下心持った人たちが多いので、そういう話はめちゃ食いつきが良いし。

ただ、エスカレートし過ぎると体を求められる事になるので、その塩梅は注意が必要です。

SかMかの話なども良いし、好きな下着の色なんかまでは良いですが、更に深く進むと男性がエロモードから抜けられなくなります。また下衆な下ネタだと、初回は引かれる可能性が高いので止めておきましょう。

政治経済、時事ニュース

新聞を読むスーツの男性

キャバクラだと冷めてしまう話題ではありますが、1対1でゆったりご飯食べながらの話題としては、男はアリな人は結構います。

特に仕事が出来るタイプの人は、政治経済の話題やニュースは、一通り目を通している事が多いし、若い女性から話題を振られれば、問題なくお喋りの話題とします。

若い女性が知らない事を教えてあげたいと言う気持ちを持っている男性も多いので、気軽にバンバン出して良いと思います。知識が豊富な女性や、ニュースなどをちゃんと見ている女性は、それだけで話題も豊富で楽しいと思える男性は多いです。

もし、パパに間違いがあったり、自分の価値観と違った発言があっても、パパを正そうとする様な発言は一切不要です。これはあくまでパパとの会話を弾ませる為にやるからです。

オウム返しをしながら質問する

オウム返し

パパが話している内容を、そのままオウム返ししましょう。

例えば「そうそう、先週は京都行ってきたんだ」→「そうなんだ~!京都行ったんだ!」→「うん、休暇が取れて神社仏閣巡りに」→「神社仏閣巡りなんだ!どこのお寺に行ったの?」と言う感じで、基本はオウム返し的なリアクションを取りながら、その話題の中で質問を放り込んでいくと良いでしょう。

「今回は東山周辺を散策したから、清水寺、知恩院、八坂神社なんかに行ってきた」→「東山周辺なんだ!清水寺ってあの有名な所よね?」とか「知恩院って行った事ないですが、どういう所なんですか?」なんて感じで幾らでも1つの話題で会話を膨らませる事が出来ます。

単純なオウム返しだと興味が無い感じに見え逆効果になるので、リアクションは大きく、それに関連する質問を入れる事で、話題に食いつき興味がある感じになるので、パパも気持ち良くお喋りできます。

女の子は「うん、休暇が取れて神社仏閣巡りに」→「そうなんだ!京都って言えば和食なイメージだけど何食べたの?」と、いきなり違う話題に切り替える事も多いですが、先ずはパパの話題に沿った内容にしましょう。その上で、その話が尽きそうになった時に、そういう付随する話題に持っていきましょう。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら