• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
クレジットカードを貰う・渡す

【P活】パパ活「クレジットカード」貰う、渡すどちらも超危険な理由

【P活】パパ活でパパから「クレジットカードの上限を上げるから渡して」と言われ渡すと詐欺だったり、「クレジットカード渡すからお小遣いとして自由に使って」と言われ貰うとストーカーだったりと、実は貰う行為、渡す行為はどちらも超危険なので絶対にやらない様にしましょう。

パパ活でクレジットカード渡すと詐欺だった

ソース:産経ニュース

「愛人になってくれたらお金を払う」と女性にうそを言い、手続きと称してクレジットカードをだまし取ったとして、警視庁大塚署は、詐欺の疑いで、横浜市瀬谷区、無職、山内大地容疑者(22)と、住所、職業いずれも不詳、清水一将容疑者(32)を逮捕した。

大塚署によると、2人は容疑を否認している。女性のカードから約34万円が引き出されていた。山内容疑者が仲介役で、清水容疑者が架空の会社の社長になりすましていた。他にも同様の被害が少なくとも10件あるとみられ、大塚署が詳しく調べる。

2人の逮捕容疑は1月23日、都内のホテルで出会い系サイトを通じて知り合った女性会社員(26)に「愛人になってくれたら月々20万円渡す」と持ち掛け、「一度クレジットカードを預からせてくれれば、経営する会社の経費で支払えるように手続きする」とうそを言い、カード1枚をだまし取った疑い。

このニュースで「手続きと称して」とありますが、この事件では「一度クレジットカードを預からせてくれれば、経営する会社の経費で支払えるように手続きする」と言う事で、自分の口座じゃなく、パパの会社の口座から落ちる様にすると言う嘘にしています。

これ以外にも「クレジットカードの上限を上げるから1度貸して」と言う様にし、同じ様に上限まで使い切る詐欺もある様です。

どちらにしても本人じゃないのにカード会社と契約変更は出来ないので、こういう事を言われた時点で「嘘だ、コイツ詐欺師だ」と分からないといけません。更に言えば、クレジットカードは明細で何に使ったか分かるので、会社の口座から落ちている経費を見て「エルメス」「ルイヴィトン」とかあったら、普通に経費で落ちないのくらい社会人なら誰でも分かるでしょ。

このくらいの常識は持ってないと、こういう大人の世界では良い様に騙されちゃいますよ。

 

パパ活でクレジットカード貰うとストーカーだった

クレジットカード明細

クレジットカードを渡すのは危険だと分かるけど、相手のカードを貰って使うのは危険じゃないし、超美味しいと思う女性は多いと思います。実際に愛人に渡していると言う社長さんもいますが、渡される相手との関係によっては超危険です。

クレジットカードで決済すれば、そのカードの持ち主は「いつ、どこで、何に使った」かが分かります。ですので、細かく調べたり、統計データを出せば、カードを渡した女性の行動を把握する事が可能です

カードを渡すくらいなので体の関係もあるくらいでしょうけど、もしそうなりたいが女性のガードが固く落とすためにカードを渡したなら、自宅を知らない場合があります。その際、カードの明細書を分析すれば、大体の家の場所も分かってしまいます。領収書を見ると行動内容、行動範囲、趣向などが分かりますが、それと同じ事です。

こういうのを、もしストーカー気質の人から渡されていたら、超危険なのは直ぐに想像できると思います。愛人契約したとかじゃない限りは、クレジットカードを貰ったりするのは、かなり慎重に行った方が良いと思います。パパ活の良い所は現金で即金で貰える事なので、お手当は現金で貰い、プレゼントはチャンスがあれば可って貰う様にしたら良いと思います。

パパ活の詐欺の手口は他にも色々あるので、気になる方は以下の記事をチェックして下さい。

関連記事一覧