• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
ツイッター

Twitterでパパ活するとサイポリに逮捕・補導される?おとり捜査は違法じゃない?

パパ活で相手を募集する時にTwitterを利用する人がいるが、SNSで募集するとサイポリ(サイバーポリス)に見つかり、逮捕・補導される可能性は高いのか?そもそも一般人を装った「おとり捜査」は違法ではないのか?Twitterを利用している人はきちんと把握しておきましょう。

Twitterでパパ活するとサイポリに逮捕・補導される?

「18歳がTwitterでパパ活を募集してもサイポリには出くわしませんか?」「18歳ですがTwitterでパパ活募集したら沢山の応募がありました。サイポリ対策に顔写真を貰う様にしていますが、これで見分ける事はできるでしょうか?」

まだ18歳になったばかりの様な方から質問されますが、大切な点を3点確認しておきましょう。

サイポリはパパ活・ママ活の監視を強化している

サイポリはパパ活やママ活が児童買春に繋がっているとし、特にSNSのTwitterで監視を強化しています。お客のパパやママに成り済まし、パパ活やママ活を希望している18歳未満や高校生に対し、メッセージ送り待ち合わせします。待ち合わせ場所に行くと補導されるという流れです。18歳になると出会い系サイト、パパ活サイト等を利用できるようになりますが、高校生はどのサイトも規約で登録できないとしており、警察も補導の対象にしています。

その他、お客を募るツイート、ハッシュタグ、キーワードや隠語を使っているユーザーに対して、直接Twitter上で注意し削除する呼びかけも行い始めています。Twitter社も児童犯罪の温床になっているので、パパ活関連のアカウントは定期的に一掃されています。

大人がパパ活・ママ活目的の18歳未満の児童と出会うのは違法

単にデートだけをするなら法律に違反しないと言われていますが、デートをする対価としてお金を払ったり、何かを買ってあげたりするならアウトですし、当たり前ですが何か卑猥な事をした時もアウトです。

パパ活やママ活は、そもそもがお手当やプレゼント前提のお付き合いなので、18歳未満の呼びかけに応じたり、募集に返信したりしているなら、その時点で警察にマークされていると思って良いでしょう。直ぐに逮捕されなくても、何かあれば後日逮捕される可能性はあります。大人が18歳未満に対して「私とパパ活しませんか?」など呼びかけるのも同じです。

たった1回の過ちで将来を棒に振る事だってあります。高校生じゃない18歳、高校を卒業した18歳以上なら、パパ活サイトに登録できるので、それまでは我慢しましょう。大人は大人同士楽しみましょう。

相手の顔写真を貰えばサイポリ対策になる?

残念ながらなりません。警察は1人で捜査している訳ではありませんし、そんな簡単な事で見分けられる程に甘くはありません。

 

Twitterでパパ活をするのは危険やリスクは高い理由

SNS

Twitterに登録する際は、メールアドレスだけで可能で年齢認証は必要ありません。また、無料で利用できるので、お金が無い人も利用可能です。パパ活サイトは年齢認証が必要ですし、利用にはそこそこの料金が掛かります。

よく質の高い相手が見つかる順番を「デートクラブ>パパ活サイト>出会い系サイト>SNS」と説明しています。例えるなら「高級会員制クラブ>人気のキャバクラ>場末のスナック>ナンパ待ちが集まる公園」の様なもので、SNSには金を使いたくない、金を使えない粗悪な質の男性が集まります。犯罪を企む人も多い。SNSで児童を狙う偽装パパは犯罪者予備軍で、「パパ活している事を言うぞ!」とか脅され、お金を貰えず泣き寝入りしているという話も多々聞きます。

まともな女性は避けるし、稼ぎが良い質の良いパパを見つける為にデートクラブやパパ活サイトを利用します。パパ側もまともな人は質の悪い女性が多かったり、犯罪に巻き込まれる事が多いSNSを出会いのツールとしては利用しません。

男女共に質の悪い人が集まっていて危険性は高いので、SNSはおすすめしません。

 

パパ活希望の人に対しサイポリが嘘を付きおとり捜査は違法じゃない?

サイバーポリス(サイポリ)

「サイポリは、サイポリか聞くと嘘をつかない」「嘘を付いたらおとり捜査になって違法だから、警察はやらない」等と噂がありますが、これは間違いです。

パパ活で児童買春しようとする男性に、18歳未満のパパ活女子と偽って接触し逮捕するとおとり捜査で、違法捜査になります。しかし18歳未満に対して行っているのは逮捕が目的では無く「保護」し「補導」する為なので、おとり捜査にはならず違法ではありません。

1つ1つの案件を調べるより、パパ活をやっている18歳未満の児童をターゲットに絞り、その児童を補導、保護者の同意のもとスマホの通話やメッセージの履歴を解析し、芋づる式にアホな大人を逮捕していくという感じです。

パパ活をやっている女児は、1回だけではなく、何度もやって稼ごうとするので、必ずどこかで足が付きます。その女児と関りを持っていたら別事件の捜査から辿り着くと言う事です。実際にこれで逮捕されている人は今年だけでも何人もニュースになっています。

SNSは最初の段階は誰からでも見える場所で、何かしらのアクションを行うので、サイポリにとっては絶好の釣り場です。

パパ活サイトは18歳未満は利用不可なので基本的にサイポリはいないと思って良いでしょう。身分証を偽り登録しているユーザーと思わしきアカウントは、運営側は直ぐにアカウント削除するし、悪質な場合は警察に通報します。

関連記事一覧