• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
ハグ

パパ活で2回目のデートに誘われないなら実践すべき27個の方法

パパ活を始めて男性からオファーが来てデートはするものの、2回目のデートには誘われない場合、1回目のデートが楽しく無かった可能性があります。定期や太パパを見つける為にも、2回目以降のデートに誘われる為の実践すべき27個の方法を伝授します。

パパ活のデート前にチェックしておくべき6個の事

プロフィール写真とイメージを変えない

パパ活で顔写真は必須!顔写真なし、顔見せてくれない人は絶対NG

パパ活で初デートをする前、パパが女性にオファーをする時は殆どの場合でプロフィール写真をチェックしています。プロフィール写真に加えて、メッセージのやり取りの最中に他の写真を見せたりする事もあるでしょう。それで女性を気に入りデートのアポとなります。

プロフィールは男性からオファーが来やすい様に、男性ウケするファッションやポーズ等で雰囲気を出していたけど、既にアポが出来たので当日までそんなに頑張った服装や、男性ウケする服装はせず、普段着や自分の好きな服を着て行った場合は、パパからすると「アレ?なんか印象が違う…、うわ、失敗した」と感じる事でしょう。

そもそも印象が違った時点でデートは無しだったり、すっぽかしやドタキャンをくらう事も多々あります。2回目のデートに繋げる為にも、必ずプロフィール通りの印象を守る様にしましょう。詐欺写メ、加工のし過ぎなど、本来の自分から遠い写真を使うと、2回目のオファーは来ない場合が多いです。

 

肌や髪や爪のお手入れもシッカリしておきましょう

美人、美肌、美髪

写真では綺麗な子、好きなタイプに見えても、実際に見ると肌がガサガサで荒れ放題、髪もバサバサ、カラーリングのリタッチもせずに放置している様な場合は、同じく待ち合わせの段階で「失敗した!」と思われてしまいます。

クラブやキャバクラの子達がお金を掛けている様に、自分は商品ですから、そこにお金を掛けないとお金は生み出せません。この手のタイプは不潔でだらしなくも感じるので、パパからはかなり敬遠されます。パパはお金を払ってまでデートをする訳ですから、それなりの人を求めるのは当たり前です。

ネイルをやっているなら剥がれたり、伸びて中途半端になっていないかなども気を付けましょう。

 

ブランド物は1点くらいにしておこう

ブランド物

めちゃめちゃ美人でお喋りも上手な女性だと問題ない場合が多いですが、多くの場合はブランド物ばかり身に付けている女性を見るとパパは「かなり金がかかりそう」「派手過ぎで夜の商売の子みたい」と思い、一般人と楽しみたいパパにはマイナスイメージになります。

洋服、腕時計、バッグ、靴などで何か1点くらい、後はちょっとしたアクセサリーくらいまでなら良いと思います。大切なのは素人感です。

 

お手当を貰うタイミングや交渉タイミングは見計らって

パパ活でお金の切り出し方、お手当を貰うタイミングや貰い方

「とにかくお金」と言うイメージを持たれたら、パパ活とは言えパパ側も冷めてしまいます。会うアポを取る等の時に、初回のデートのお手当の話は終わっていると思うので、最初のデートで待ち合わせし食事するお店などに移動したら、先ずは直ぐに初回のお手当は貰っておきましょう。お手当は絶対に先払いにで。

その後はタップリデートを楽しみ、楽しませてあげれば、パパが「また会いたい」と言えば2回目のデートや定期が見えてきます。しかし、ここで「それじゃあ次回からのお手当は…」と切り出すと冷めてしまうので、ここは気持ちが熱くなっているままにしておきましょう。(初回で大人アリは進めませんが、初回から大人アリの場合は、それを切り出された時にきちんと幾らくらいはと交渉は必要です)

2~3回デートしていれば何らかの関係に発展する事もあると思うので、そこでお手当交渉はするのが1番良いです。大人無しでも複数回デートすれば、相手はハマってきているので、完全に心捉えたと思ったら交渉してみましょう。

 

知識や教養を深めておこう

マナースクール

パパ活では食事などで高級店に行く事も少なくありません。そういう時には、そのお店に合った振る舞いをお店やパパから求められます。もちろん多少の失敗や、知らない事があっても問題はありませんし、パパが色々と教えてくれたり助けてくれます。

しかし、大人になれば誰でも当たり前に知っているマナーなどすら備わっていないと、どういう美人でも幻滅してしまいます。簡単な食事のマナーなどはネットで検索すれば出て来るので覚えておきましょう。

自身が無い人はパパに当日のお店を聞いて、そのジャンルにあった作法を覚えていく事。その上で、パパの真似をする等も対処法としては良いと思います。マナーがシッカリしていると、清楚で素敵な女性に見えるので「またこの子と一緒に食事に行きたいな」と思わせる事が出来ます。

 

時事ネタ、パパ関連のネタを仕込んで行こう

新聞

会話が楽しいか楽しく無いかで、次回のデートがあるかどうかは大きく変わってきます。これはパパ活に限らず、初デートにはよく誘われるけど、2回目が無い美人などは話が面白くないし、とびっきりの美人なのに話が面白くないキャバクラ嬢には客が付かないのと同じです。

会話は凄く重要なので、先ずは新聞やネットでニュースサイトなどをチェックして時事ネタは把握しておきましょう。また、パパの情報が何か分かるなら、仕事について、趣味や好きな事について調べてみて、話の話題に出来る様にストックしておくと良いでしょう。

話題が無くなっても、パパが話してくれるので、その際はパパの目を見て笑顔で相槌を打ちながら聞く様にしましょう。いくら美人でも知識も無ければ、愛想も愛嬌も無ければ、パパは全く楽しくありません。

他の男の話をしたり、依存症のメンヘラ女的な話をするのもパパが引くので止めておきましょう。

 

パパ活のデート中に使える男性をドキドキさせる21個の方法

小走りと笑顔で近付く

小走り

待ち合わせの場所からデートは始まります。パパより先について待っておくのは基本です。パパらしき人が来て、その人だと分かったら小走りと笑顔で駆け寄りましょう。それだけで好印象になるし、女性を感じられるので、素敵な子で良かったなって思わせる事が出来ます。

 

手を繋ぐ

手を繋ぐ

定番ですが、手を繋ぐ関係か、そうじゃないかで距離感はかなり違います。自分から言い出したり繋ぎに行くのは難しいし、パパからも繋ごうとして来ない場合は、階段がある場所だけちょっと手を借りる感じで手を繋ぎに行くと自然で良いです。

 

腕を組む

腕組み

こちらも定番ですが、手を繋ぐより気楽に出来るのが腕を組みに行く事。楽しい感じのノリでガバッと掴みに行けば、そのノリのまま腕組みしてデート出来ます。腕を組んだ時に相手にかなり近づき胸を押し当てれば、男性は気付かない振りをしますが、内心はドキドキです。

 

飲食の時、座っている時に足やひざ同士を触れさせる

レストランで食事

足同士が触れ合うのもドキドキさせるには良い方法です。座っている時に相手の方に体を向ければ自然とひざ同士がくっつくくらいの位置に最初から座っておきましょう。そこで会話で盛り上がった時などに勢いでちょこんと足やひざを振れさせたら、パパは話題よりも肌が触れ合った事で頭がいっぱいになります。

 

バーなどで、グラスを置く位置を近づけ手がちょっと触れる様にする

バーで乾杯

椅子だけではなくグラスやコースターも近づけておきましょう。出来れば利き手を考えず、パパに近い位置に置いて、パパに近い手でグラスを持つ様にしましょう。パパがグラスを持ったままの場合、すかさず自分のグラスを取る様に見せて手の小指側を触れさせると、パパはドキドキです。

 

飲食の時、喋っている時に腕やひざに触れる

飲食、バー

楽しくお喋りしている時に、何か会話が盛り上がったり、パパが下ネタや面白い事などを言ったなら、それを利用して腕やひざなどを「もー」とか「えーウケる」なんて言いながら触りましょう。それだけで距離感は縮まって、パパはあわよくばと思い始めます。

 

飲食の時、肩にもたれかかる

肩にもたれかかる

バーで飲んでいる時など、ちょっと疲れたり、眠くなった感じで、ちょこんとパパの肩にもたれてみましょう。そうすれば、パパは「これはイケるのでは!?」と思ってドキドキし始めます。

 

スマホを見るフリをして頬を付ける

スマホを触る美人

何か調べものをしたり、何かの動画を一緒に見たり、とにかくスマホを一緒に見る場面を作ります。そこでスマホを先ずは差し出してパパが顔を乗り出して見る状態を作ります。そこですかさず、自分も顔を近づけ頬をちょっとつけます。頬を付けなくても、腕同士が付いたり、胸が付いたりすれば成功です。

 

間接キスをする

バー

食事中やバーなどでパパが飲んでいる物が気になった風にして「ちょっと飲んでも良いですか?」とし、間接キスをしましょう。パパは「味はどう?」なんて聞いてくるかも知れませんが、内心は「間接キスした!」と自分を受け入れてくれていると思ってドキドキします。

 

「初めてです」アピールをする

笑顔で喜ぶ女性

連れて行って貰った食事では「こんな素敵な場所で食事するの初めて!」「こんな美味しい料理初めて!」、雰囲気の良いバーに行ったら「こんなお洒落な場所初めてです」なんて、初めてアピールを可愛めにするとパパは喜びます。

男は女性のHの初めての相手になりたがる様に、その女性の様々な初めての経験をさせてあげたと感じると満足感を得ます。なんでも初めてアピールはウザいですが、要所で使っていけば、「この子にはもっと色々な経験をさせてあげたい」と思わせる事が可能です。

 

好きを連発する

好きを連発する

例えばお店に入る時にドアを開けてくれたら「優しいですね!そういう人大好きです」とか、道路を歩いている時に車が近くに来て間に入ってくれた時は「男らしい人って好きです」なんてキラキラした目で言われたら、男性はその気になります。

自分を受け入れてくれたと言う安心感と共に「その好きはどの程度の好きなの?」と気になって仕方が無くなります。

 

相手を褒める

褒める

おべっかやお世辞が過ぎるとイラっとされますが、基本的に誰もが褒められて嫌な気はしません。デートの会話中にパパの良い部分を探し、そこを褒めると喜びます。自分を褒めてくれる人は、居心地の良い人になっていくので、デート相手にも最適になっていきます。

 

背中を見せる

背中、後ろ姿

買い物中や歩いている途中などでも良いので、背中を見せる事で、隙をわざと作ります。ジックリ相手を見たいけど、初回のデートだからパパも多少の緊張はあるから見れません。なので、先ずは後ろ姿をジックリ見て貰いましょう。ジックリ見る事で色々な妄想も沸いてくるので、相手に興味を持ちやすいです。

長時間になると目を合わせない子になってしまうので、数十秒見せたら、ニコッと笑顔で振り返りましょう。

 

見つめる、目を見て話す

見つめる、目を見て話す

「目は口程に物を言う」と言う様に、目の動きで相手の感情を推し量ります。自分が話している時に、こちらを向いていないで聞いている人は、自分に興味が無い人。こちらを向いて目を見て聞いてくれている人は興味がある人。うるっとした瞳と笑顔で見つめてくれながら話を聞いてくれたら、大抵の男は、その気になってきます。

 

髪を耳にかけたり、首筋やうなじを見せる

首筋を見せる、うなじを見せる

女性らしい仕草で多くの男性がドキッとします。普段は隠れている部分が見えるので興奮するし、もっと見たいと思わせます。間違ってもパパと逆サイドでするのではなく、パパ側の髪をやりましょう。綺麗にお手入れされた髪だと、尚更効果は高いです。

こういう仕草はレベルが高いと思う場合は、髪を束ねるなどもOKです。どちらも逆側の手をメインに使いましょう。例えば左耳にかけたい場合は、左手でチョイッと乗せるのではなく、右手を使う事でよりセクシーに見えます。

 

足を組み替える

女性の足

女性の足が好きだと言う男性は多いですが、そういうフェチじゃなくても、スカートの女性が足を組み替える瞬間はドキッとします。中が見えそうで見えないくらいが丁度良いです。カウンターなど隣同士で座っている時に、パパ側ではない足をパパ側に持ってくる様に組むと、チラリズムがあり、パパの頭の中は妄想で一杯になり、虜になってしまう場合があります。

 

たまに上目遣いをする

上目遣い

上目遣いにドキッとする男性は多いです。その理由としては、幼く守ってあげたい、愛おしく感じ易いからと言われています。パパ活をやっているパパにとっては、こういう女性は自分が大切にしてあげないとって思う事も多いです。やり過ぎはメンヘラ系の変な子になるので、要所でたまに使いましょう。

 

カウンターなど横並びの際は遠い手で物を取る

お寿司屋のカウンター

カウンター等横並びで座っている時は、何か物を取る際は必ずパパから遠い手で取りましょう。お箸やお椀などを持つのはこの限りではありませんがが、お醤油さしなどを取ったりする際には使えます。例えばパパが右側に座っているなら左手で。こうする事で、パパ側に壁を作らないし、少し奥の物を取ろうとした場合は、パパ側に体を向けて近付く動作になるので、パパはドキッとするかもしれません。

 

感謝の気持ちをきちんと伝える

首をかしげる女性

好きな子から「ありがとう」と言われるだけでも、男性はとっても嬉しいので、きちんと感謝の気持ちは伝えましょう。例えば食事をご馳走になった事、相手に選んでくれた事。「今日はとっても楽しかったです」と気持ちを伝えるだけで、「それならまた誘いたい」と思うパパは多いです。

SNSで見つける様なヤリモクパパと違って、パパ活サイトや交際クラブにいるハイクラスな男性は、独りよがりに楽しむより、一緒に楽しみたいと言う人が多いので、そうやって感謝されると嬉しいし居心地が良くなります。

 

デートが終わり別れ際は寂しさをアピール

寂しい感じの女性

楽しくデートしたけど、そろそろ時間で解散と言う時。別れ際は寂しいアピールをしましょう。「もう終わりって寂しい」と言ってしまうと簡単にホテルへ直行となってしまうので、出来れば言葉じゃなく表情で寂しそうな感じをすれば、パパは愛おしさを感じます。

そこでパパが「もう少し飲みに行く?」なんて言われたら、「でも明日はお仕事でしょうし、今日は我慢します。また今度の時にぜひ一緒に楽しみたいです」なんて言えば、また誘ってあげようと思うし、誘いたいと思わせる事が出来ます。

重たい感じにやると、面倒なメンヘラ系と取られかねないので、あっさり目にやっておきましょう。

 

お別れした後は何度か振り返りましょう

バイバイ、お別れ、さようなら

お別れした瞬間に「はー、やっと終わった」なんて思って気を抜いてはいけません。お別れした後は、パパと別々の方向に歩きだすなどすると思います。その際は、何度か振り返ってみましょう。パパも気になって振り返っているかも知れません。その際に目が合えば、パパは嬉しいし、更に愛おしくなります。

逆にパパが振り返ってみると、こちらを振り向きもせずスタスタと一目散に逃げる様に歩いて帰っていくと、気持ちは無いのかなって思ってしまいます。

関連記事一覧