パパ活の上手なやり方やテクニック

パパ活の顔合せでドタキャンされる具体的な理由と最適な対処法

【P活】パパ活相手にドタキャンすっぽかしされない効果的な対処方法

パパ活のリスクやトラブルとして代表的なのが、顔合わせやデートの約束をしたのに相手が「ドタキャン」したり、断りすらなく「すっぽかし」や「ぶっちぎり」する事です。

これらの理由は明確にあり、それを前もって解消しておく事で、ドタキャンされる確率がグンと下がります。

その際的な対処法を男女別に紹介するので、パパ活で待ち合わせする前に、ぜひ参考にして下さい。

パパ活でドタキャンされる兆候やサイン

スマホで連絡

ドタキャンやすっぽかしする時は、ある程度の兆候やサインが現れるので、それをキャッチできる様になれればリスク回避できる様になります。

  • 顔合わせアポ後に音信不通
  • メッセージの返信がいつも遅い
  • メッセージ内容がいつも雑で内容薄い
  • アプリのログインをあまりしていない
  • 場所指定の融通が利かなすぎる
  • 予定の変更が多い
  • 相場とかけ離れたお手当提示
  • 会う前からお手当の減額、増額を求めて来る
  • アプリで通報された事がある

好条件の相場の提示と言うのを対処法として挙げている人もいますが、相場と離れている条件提示は警戒心を強める人が多いので良くありません。

それをしたい場合は、もっと最適な方法があるので後述します。

アプリでの通報回数、悪質ユーザーじゃないかをチェックする機能は以下の様な感じです。

paddy67悪質ユーザーを警告

パパ活アプリ「pady67」ですが、上記の様に悪質ユーザーにはプロフィールに注意が出る様になっています。

paddy67のクオリティチェック paddy67のクオリティチェック違反者

更に上記の様にクオリティチェックで通報回数や、どういう理由で通報されたのかをチェックする事が可能です。この中にドタキャンとして「当日キャンセル」の項目もあるので、ここが多い人は危険だと分かります。

ペイターズ、イエローカード ペイターズホワイトチェッカー

こちらは「ペイターズ」ですが、同様に通報される様なユーザーにはプロフィールで注意が促されます。更にホワイトチェッカーでどういう内容で通報されたのかが分かる様になっています。

パパ活でドタキャンされない為の対処法まとめ

待ち合わせで待ちぼうけ、遅刻した人を待つ

続いてパパ活でドタキャンされない為の対処法をまとめます。

  • 女性は写真を見せておく
  • 実物とかけ離れた写真を使わない
  • 出会いの場にSNSは使わない
  • 特に交際クラブはおすすめ
  • アポ後もメッセージ交換は続ける
  • 前々日や前日、当日も連絡は取る
  • 返信が常に遅い人は危険なので避ける
  • 顔合わせ日は直近にする
  • アプリのログイン状態が良い人が良い
  • プロフィールをシッカリ書いている人にする
  • アプリなら通報回数0の人を選ぶ
  • 2回目以降は好条件を提示する
  • 相手が会い易い場所と時間を考慮する
  • 女性に安心感を持たせる努力をする

この辺りを頭に入れて対処しておけばドタキャン率はかなり減ります。

後述すると言った条件面ですが、初回は相場程度の方がお互いに安心感もあるので良いです。その上で「お互いに初回良い感じだったら、2回目からはもう少し好条件にしようと思っています」と伝えておけばOKです。

これなら変な釣りには見えない上に、初回もきちんと行っておきたいと相手に思わせる事が出来ます。

パパ活で男女共通でドタキャンする理由と対処法

パパ活で男女共にドタキャンする理由としては以下が挙げられます。

約束の場所や時間を間違えた

時間、時計

そもそも約束した事自体を忘れている場合や、約束した事は覚えているけど場所や時間を間違えた場合などがドタキャンやすっぽかしの理由になる事もあります。

覚えていたけど間違えに気付いて既に遅刻状態となると、バツが悪いので、そのまますっぽかしと言う人もいます。

対処法は簡単で、顔合わせのアポが取れたら終わりじゃなく、その後もお互いの話などメッセージ交換は毎日か1日おきくらいで続けておく。

更に、前日や前々日にはアポの再確認を行うと流石に約束を忘れる人はいません。

「顔合わせのアポが取れたから、この人はOK」と言う感じで作業的にやっていると、相手も複数とやり取りしているので、印象が薄くなり記憶から無くなってしまいます。

 

事故や急用ができた

腕時計

急用が入る事は誰しも有り得る事です。

急用と言う理由で、ドタキャンにはなったけどきちんと連絡もくれたと言う人に対しては、寛大な気持ちで許してあげる方が良いです。

不慮の事故に遭うと言う事も有り得るので、約束の場所に来なかったからと、いきなり怒るのは止めましょう。

ただし、他の相手とのアポを優先させたくなったと言う事も有り得えます。

対処法としては顔合わせのアポが取れた後も、実際に会えるまでメッセージ交換は続ける事。そうしておけば急用なら必ず前もって連絡してくれる様になるので、すっぽかされる事は防げます。

前日や当日までメッセージ交換を普通に出来ていて、当日の約束時間に急に連絡が途絶えた場合は不慮の事故の可能性もあると思えるので、メッセージ交換は大切です。

パパ活で女性がドタキャンされる理由と対処法

男性のドタキャン理由は分かり易く現れる事が多いので、女性はしっかり頭に入れて対処しましょう。

待ち合わせに来た女性がイメージと違った

顔写真を加工

色々なサイトでドタキャン理由について書かれている事が多いですが、男性がドタキャンやすっぽかしする最大の理由がこれです。

多くの原因は思っていた女性とイメージが違うと言う事です。

プロフィール写真とは全く別人の写真を使っていたり、加工のし過ぎで本物とはかけ離れた印象になっていたりすると、デートを楽しみにやってきた男性が待ち合わせ場所で女性を見つけた時に「あれ?何か違う…、ヤバ、逃げよう」と思ってしまいます。

パパ活に限らず、出会い系やマッチングアプリで出会う時にも多い原因です。男性からオファーが来たり、メッセージの返信が来るのは写真で可愛い子が圧倒的に確率が高くなるので、少しでも良く見せようとするパパ活女子は多いです。

しかし、やり過ぎると、デートのアポは取れてもドタキャン率がかなり上がるので、結局は損するだけです。風俗で考えてみると、写真で指名したけど現れた女性があまりに違う印象だと「キャンセル」や「チェンジ」するのと同じです。

ドタキャンされた場合、そこまで行く時間やお金を無駄にするので、この方法は得策ではありません。しかし少しでも可愛い写真を使わないと、話をするキッカケすら生まれないと考える人もいると思います。

対処法としては、プロフィール写真はなるべく本物のイメージと離れた物を使わない様にする事。

その上で、相手が冷やかしじゃないと感じたら約束する前に「1枚だけだとイメージが違うかも知れないので、プロフィールに掲載していた写真以外も見せておきますね」と、男性に対して本物に近い別パターンの写真も見せておきましょう。

そうする事で実物を見た時にイメージとの相違が小さくなるので、ドタキャンやすっぽかし、ぶっちぎりされる確率はかなり下がります。

「初回の顔合わせ時にイメージと違った場合は、お手当や交通費は必要ありませんので、キャンセルなどの連絡だけは下さい」と伝えておけば、殆どの男性は連絡も無しにすっぽかさず、キャンセルを伝えてくれるので、いつまでも待ちぼうけする事は少なくなります。

どうせドタキャンやすっぽかしされたら、お手当も交通費も無いので、それなら前もってそういう事を伝えて、すっぽかしの確率を下げておくと良いでしょう。

単なる冷やかしだった

すっぽかし、冷やかし

特にSNS、ツイッターなどで出会うと、単に釣りで遊んでいる冷やかしもいます。

やり取りはある程度真面目にやるので、最初は見分けにくいですが、ポイントとしては、男性有料サービスと連絡先交換です。

パパ活アプリの利用料は男性は月5000円~1万円程度掛かるので、そのお金を使ってまで釣りで遊ぼうと言う人は少ない。逆に無料で使えるSNSにはそういう男性は大量にいます。

それから出会い系のサクラと一緒で、出会う気が無いので、ちゃんとした連絡先交換には応じないタイプも多いです。

わざわざLINEで捨て垢を作ってまで冷やかしをやっている人は少ないので、会う前にLINEを交換するのも良いでしょう。

SNSはいくらでもアカウントは作れるので、冷やかしは絶えません。

しかしパパ活アプリは男性は有料な上に年齢認証、電話番号認証などが必要になるのでアカウントを量産しにくいし、冷やかし等の迷惑行為をやっているとユーザーから通報されアカウント停止処分になるので、この手のリスクはかなり減ります。

交際クラブは更に面談も必要だし、デートのセッティングに業者が入るので、冷やかしを行うような人はいません。

出会いの場所を変えるだけでもリスクは大きく減らす事が可能です。

対策法として男性の顔写真も見せて貰うと言う事をおすすめしているサイトもありますが、ひやかしで釣りに来ている男性は別人の写真を流用するだけなので意味が無いし、「写真を見せて貰えたし安心」と間違った安心感を持ってしまうので当サイトではおすすめしていません。

他の女性との顔合わせのアポが被った

女性の足

実際に会う前までの男性の心理は失敗したくないし、なるべく良い子から会いたいと考えています。複数の人と並行して顔合わせのアポ取りをしている人も少なくありません。

そこでアポが同日に被ると、本来ならば先に約束した方を優先すべきですが、まだ会ってもいないので「こっちの方が可愛いし良さげだから」と言う理由でドタキャンしてきます。

このタイプは約束を果たすより自分の欲望を満たす事が優先なので、常にどちらが自分に得かを考えているので、1度した約束の変更なども多くなります。

対策法としては、アポはなるべく間を空けず、直近で会える日を取る事。そうすれば競合するアポが出てきにくい。

条件面も初回はあくまでお試しと言う事で相場程度にしておきましょう。そうしておかないと、「同じくらいの子だし、安く提示した方が良い」と比較される事になるので、条件面で大きな差が出ない様にする事も大切です。

パパ活で男性がドタキャンされる理由と対処法

パパ活で女性側がドタキャンする理由には男性とは違った理由もあるので、男性側は自分目線で考えすぎないようにしましょう。

面倒くさくなった

待ち合わせにすっぽかし

パパ活を副業やアルバイト的にやっている女性にとっては、生きていく為に絶対に必要なお金ではない場合もあるし、どこにも雇われていないので、仕事を休む事は簡単に出来ます。

彼氏や友達から遊びの誘いが入れば、そちらを優先するし、デート予定のパパよりも好条件のパパが現れれば、そちらを優先します。

男性がドタキャンする率からすれば、パパ活女子がドタキャンする率は圧倒的に少ないですが、こういう理由でやる子はいます。

これの対処法としては、最低でもお手当と交通費は相場くらいは提示しておく事。

それに加えて「初回は顔合わせ兼ねてご飯だけで」としておけば、長くても2時間程度なので「そのくらいなら行っておこう」と思う女性は多くなります。

ガツガツした感じや、強引な感じが無ければ、好印象なパパになるので「こういうパパなら仲良くしておきたい」と思わせ、ドタキャンやすっぽかし率を下げる事が可能です。

不安になった

恐怖や不安

パパ活に限らずネットの出会いにはリスクが付き物で不安を感じる人は多い。まして初対面となると、通常の出会いでも不安を感じるのに、それ以上に気を遣う部分も多い。

そういう事から、直前になって怖気づきドタキャンしてしまったと言う女性は多い。

とにかく安心感を持たせる事。

お手当は先渡しする事を約束し、過度な要求はせず、食事のみデートにし、お店もデート前に教えて安心して行ける状態を作ってあげましょう。

顔合わせに発展できそうなら「それじゃあ顔合わせしてみませんか?最初だからお互いに不安もあると思うので、安心して食事が出来そうな○○の○○と言うお店でどうでしょうか?ここで2時間程度食事しながらお喋りして解散にしましょう。お手当はお店に着いた時に先渡しするので安心して下さい。こちらが忘れている様なら先にお手当を…と仰って下さい。」と言う感じにしておけば、女性も安心感が沸くと思います。

パパの印象が悪かった

やり逃げ男性

パパ活ユーザーは女性過多で男性は女性を選びたい放題です。

ですので、女性はプロフィールに写真が無いと相手が見つかる率は一気に下がりますが、男性は写真が無くても相手は幾らでも見つかります。そういう事もあって、実際に出会いの場に行くまで、パパがどういう感じか分らない場合も多いです。

実際に待ち合わせ場所に行ってみると「不潔そうなタイプ」「明らかにお金を持っていなさそうなタイプ」「何となく怖い感じがするタイプ」等の男性だった場合、「この人とデートするとヤバそう」と思われてしまいます。

この対処法としては、前もって男性も写真を渡しておく事です。

それをしたくないなら「清潔感を保ち、お金に余裕がある感じに見せ、柔らかい印象を持つ」事です。

パパ活女子側からすればパパ活は仕事なので、パパがイケメンじゃなくてもキャンセル理由にはなりません。なので、上記の様な点だけは気を付けてきましょう。

パパ活でドタキャンされた時の最適な対応方法

待ち合わせ

通報すべき時とそうじゃない時があるので、そこを理解しましょう。

悪質な人ならアプリやクラブへ通報

なんらかの理由があって急遽予定を変更しなければならない時は、誰しも起こりえるので、それだけで怒ったりしてはいけません。

しかし相手からの謝罪や別の提案が無いなど、誠実さが見えない場合はアプリやクラブへ通報しましょう。

この記事の最初の方で紹介した様にアプリだと通報されればユーザー全員で共有されるので、そういうユーザーはパパ活市場から排除されていきます。

交際クラブでは殆どありませんが、そういう悪質行為をした人は再度面談したり、強制退会させられたりします。

既に顔合わせした相手に対しては穏便に

初回の顔合わせじゃなくても、仕事などで忙しいパパからデートをドタキャンされたり、すっぽかしされた経験がある人は多いと思います。

むかつくし、お金も貰えないし、イライラが溜まりますが、そういう態度は絶対に見せない様にしましょう。そうする事で、パパからの評価が上がります。

  • 怒らない
  • 理由を追求しない
  • パパを気遣う
  • 次を楽しみしている事を伝える

この4つを必ず実践しましょう。

例えばパパから仕事が入って急遽デートは中止にと連絡が来たら「大丈夫だよ、仕事でトラブルでもあった?心配だよ。無理して体調崩したりしないでね。私の事は気にしないで良いから、次を楽しみにしているね」なんて伝えておきましょう。

どういう理由があったとしても、自分の言った事を肯定し、尚更気遣ってくれる相手に悪い気はしません。ある意味都合の良い女性ではありますが、そう見せつつ、パパからも大切に扱って貰う様になっていくのが1番良いので、パパが心地よい関係を演出しておく事は大切です。

パパが心地よい関係なら、パパはその女性を大切にしだすし、お手当交渉にも応じてくれ易くなります。ドタキャンの埋め合わせ以上の事をやってあげたくなるパパも多くなるので、損して得取れ精神でいましょう。

パパが謝って来たら「じゃあ、今度のデートは◯◯に連れて行って!」と高級店指定するのも良いし、「許してあげるから今度のデートだけはお手当2倍ね!」なんて冗談だと分かる様に言えば、それに乗っかってくれるパパも多いと思うのでおすすめです。

「今日はちゃんと前もって約束していた日でしょ?信じられない、もうむかつく!てか、本当に仕事なの?嘘つかれてる気がする。私は時間無駄にしたし、お手当も貰えないし」なんて返信したら、その瞬間に終わるので注意が必要です。

すっぽかしされた場合も同じですが、相手からの連絡が無い状態なので「今日デートの予定だったけど、連絡無いままだったし、何かあったのかと心配だよ。仕事で忙しかっただけなら安心だけど…。大丈夫だったら、また予定組みなおして一緒にご飯でも行きたいな」と言う感じで、自分の事がどうのじゃなく、パパを気遣うメール内容にしておきましょう。

こうしておけば、もし本気で忘れってすっぽかししてしまったパパがいた場合「連絡しにくいし、もう止めておこう」と思われるか、「うわ、悪い事したな。ちゃんと連絡して埋め合わせをしよう」と思われるか、結果が変わってきます。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら