MENU
パパ活コラム

ドラマ「パパ活」第3話無料動画あらすじネタバレ感想まとめ

ドラマ「パパ活」第3話無料動画あらすじネタバレ感想まとめ

脚本:野島伸司、出演:渡部篤郎、飯豊まりえ、ドラマ「パパ活」第3話「淋しがりやの飼い主」無料動画あらすじネタバレ感想まとめ。2017年6月26日から毎週月曜0時にdTV・FODで配信開始、10月にはフジテレビ系にて地上波放送。現状とドラマの違いも解説。

直リンクは出来ないので米国版グーグルで探すなり「japanese drama free papa katsu」中華系で「渡部笃郎、饭丰万理江、爸爸活」なんてワードで探すと見つかると思います。私が検索してみると、2019年10月段階ではありました。

ドラマ「パパ活」第3話「淋しがりやの飼い主」あらすじ

杏里(飯豊まりえ)が、航(渡部篤郎)の仕事部屋に住み始め、二人は本物の親子のような時間を過ごす。ある日、二人で杏里の誕生日プレゼントを買いに行くと、一人の女性から声を掛けられる。すると、航はその場から逃げるようにして店を出てしまう。不審に思った杏里は、航がついたあるうそに気付く。

以下ネタバレなので注意

ドラマ「パパ活」第3話「淋しがりやの飼い主」ネタバレ

パパ活サイトでやり取りしていたのは実は航だった

「買い物に行こうか?プレゼント」と誘う航、一緒に街に繰り出し歩く途中、杏里は「本当に良いです」とプレゼントは必要ないと伝えるも、航は「お金の方が良かった?本来、会うたびにお小遣いを渡すシステムなんじゃ?」と聞くと、「それは多分、個々の取り決めかと…」と答える杏里。

航は「どう決めようか?」と聞くが、杏里は「本当にお部屋を提供して頂けているだけで…」と、その他のお手当は断る。しかし航が「明日、誕生日でしょ?プレゼント買わないと、パパから娘へ。洋服、靴、アクセサリー?物欲が強い女の子は嫌いじゃない、それで直ぐ機嫌が直るから」と言う航。

プレゼントを選びに一緒に入ったアクセサリーショップで、隣にいた女性を見るや、航が気まずそうにし、更にその女性に話しかけると逃げる様に立ち去ってしまった。

その女性に対し杏里が「もしかして…」と言うと、女性は「パパ活」と答えた。

大学で航に「昼間の事を教えて貰えますか?」と詰め寄る杏里に対し、「名前も出てこない、かつての教え子だと思うけど」と答える航。この流れから、杏里には偶然出会ったと答えていたが、実はパパ活サイトでやり取りしていたのは航だったと判明。

パパ活サイトで話した相手と間違って出会うパターンは、ドラマだけだろと突っ込みましたが、やっぱりパパ活サイトで出会っていたみたいで、脚本家に見事に引っ掛けられました。

昼間の女性から航の秘密を明かされる

家に変えると、マンションの前に昼間会った女性がいる。自宅の中に入れると「ここからの景色とっても好きだった」と、過去にもここに来ていた事をほのめかす。

「貴方もサイトで登録を?」を聞く杏里に対して、「そんなの、どんなキモイ人が来るか分からないじゃない。スパンコールクラブって言うちゃんとした会員制のお店よ。お互い、きちんとした身元が分かる者同士、物凄く高い秘密クラブね」と出会った経緯を教えた。

「貴方は契約を解除されたんですよね?それでまた、のこのここんな所まで、ストーカーですか?彼に未練がありありで」と言う杏里に対し、「そうよ、だってあんなに素敵な人いないもの。契約だから仕方ないと思ったけど、泣いたわ。他の人を紹介して貰ったけど、全然ピンとこないし。ようやくお店で会った人、その中でもまだ良いかなって…妥協って言うか…」と明かす。

杏里は「そこまでして」と言うが、「お金は要るでしょ?ね?私たちにはお金がいくらあっても足りない。したい事や欲しい物が沢山あるし、そりゃ若さとビジュアルがあれば、割と容易く手に入るんだもん」と言い返される。

それに対し「愛人じゃあるまいし」と言うも、「愛人よ、あのクラブはそう。貴方のサイトだって、ようは出会い系でしょ?」と突っ込まれるが「セフレ募集じゃない。ただ応援というか、援助というか…」と反論するも、「建前だけでしょ?」と更に突っ込まれる。

杏里が「私と航さんはそういう風には…」と言うと、「なーんだ、やっぱりそうか、彼とはまだ寝てないのよね?」と聞かれ、「当たり前じゃない!」と答える。

「1つだけ忠告してあげる、聞いているでしょ私たちと同じ年の娘がいる事、いた事ね。亡くなっているのよ、10年前に。明日誕生日でしょ?4月18日。私も、だからお店でプレゼントを。娘さんも同じ誕生日」と明かし、本気で娘の代わりを探しており、「あの人、病気よ完全に」と航の秘密を明かす。

それを聞いた杏里は「お嬢さんが亡くなられた事、聞きました。ごめんなさい。お気の毒だとは思いますが、私には無理です。というより、本当の娘の替わりなんて、誰にも無理じゃないですか?」と航にメッセージを送る。

物凄く高い秘密クラブ=高級交際クラブです。パパ活と言う言葉も日本では最大手の高級交際クラブである、ユニバース倶楽部が作り広めたとされています。ユーザー数がパパ活サイトが多いので、そこでの出会いが多いし気楽にしやすいですが、交際クラブでは厳選された上質な出会いが可能です。

娘を思う航の気持ちを理解する杏里

翌日の夜、荷物をまとめて出て行った杏里は、航に電話し「色々考えたんです、人の思いについて。ストーカーとかって愛から憎しみに代わるとかって、それって本当に愛していたのか、そんな人最初から愛は無かったんだって」と話す。

「先生は亡くなったお嬢さんの事ずっと、はじめ聞いたらヤバ、怖いと思って逃げ出したくなったけど、もう生身の人じゃなくて、まして傷つけようとかじゃないし、ただ途方もなく愛していただけだって…」と理解を示す。

更に「あの子、私の前の彼女。何で先生が契約を解除したのかが分かった気がして。先生に恋をしたから、恋をされたら台無しだから」と言う杏里に対し、「妻を愛している、君はそうならない自信があるんだね?」と聞く航。

「私おじさん興味ないし、それに可哀そうと思うけど同情はしない」と言う杏里に対し、「ドアなら開いているよ」と言う航。部屋に入ってきた杏里は「むしろ腹が立ってきた。私が先生の娘なら冗談じゃない、代わりの子を自分だと思うなんて。」

「それが正論だよ」と認める航に「自覚はしているんだ、だったら助けてあげる。今はやり方は分からないけど、部屋を提供して貰っているし、一宿一飯の恩義と言ううか、愛人じゃないなら尚更。取り合えず色々やってみる、真似っ子から」と言う杏里。

「取り合えず良い、忘れない内に、ハッピーバースデー」と言い、ネックレスをプレゼントする航に、「それ、ヤバいって」と答える杏里。

またも、後先考えずの行動が出ている杏里ちゃんです。自分からキモイと言い出て行ったのに、勝手に理解を示し、更に上から目線で帰ってくる所を見ると、この子の将来が心配になります。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら