• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
パパ活で顔写真は必須!顔写真なし、顔見せてくれない人は絶対NG

パパ活で顔写真は必須!顔写真なし人はパパが見つからない具体的な理由

パパ活を始める時に、パパ活サイト等でプロフィールを作りますが、その際に顔写真を掲載するか、しないか迷うと思いますが、女性の場合は顔写真は必須です。顔写真なし、顔見せてくれない人は男性は殆どの場合NGで、オファーもしないのでパパが見つかりません。

今回はパパ活をする上で顔写真が必須の理由と、どういう写真が良いか、どうしても顔を見せずに出会いたいと言う人が使える方法などを紹介します。

パパ活をする上で顔写真が必須の理由

パパ活をする上で顔写真が必須の理由

パパ活に限らず、ネットの出会いでは顔写真がある無いかでは、出会いの確率は大きく違ってきます。出会い系でのデータで、同じ女性がプロフィールに顔写真がある場合と、無い場合のメッセージの受信数を比較した物を見ると、顔写真がある場合は1週間に30通程度のメッセージを貰ったが、無かった場合は1通も貰えなかったと結果が出ています。

女性側もネットで出会う時は、どういう人かを判断する為に、男性が顔写真がある人と無い人では印象や興味は違ってくると思います。パパ活の場合、希望者は圧倒的に女性が多いので、男性優位で、男性は選び放題です。ですので、顔写真が無い女性は簡単にスルーされます。こういう観点から、先ずは顔写真が無いと声も掛けられません。

POINT男性からすれば、お金を払ってお付き合いするので、見た目が良い子を選びたいのは当たり前の話。見た目だけで選ぶタイプじゃなくても、どういう子かを知る上でも重視する部分です。ですから、顔写真が無いと大きな判断材料が無いので、パパが見つからない事になります。

パパ側は幾らでも女性を選べるので、顔写真は掲載しなくても相手は見つかります。これはパパ活と言うお付き合いの仕様上、仕方の無い事です。

 

パパ活する時に顔写真が無いとプロフィールを見ても貰えない具体例

パパ活する時に顔写真が無いとプロフィールを見ても貰えない具体例01

先ずは人気NO1のパパ活サイト「ペイターズ」を見てみましょう。上記画像の様に相手を検索する際には色々な条件で検索が出来る様になっています。その項目の1番上辺りに「写真」の項目があります。男性は先ずは顔が見たい人がほぼ全てなので、最低でも「メイン写真」を「登録済」にチェックを入れます。更に「サブ写真」もチェックする人は多いでしょう。

この段階で写真が無い人は検索結果に出てこないのでプロフィール一覧にすら並ばなくなります。そして重要なのは、この検索結果の条件は記憶されるので、再度検索を掛ける時も「メイン写真」を「登録済」にチェックは入ったままになります。これをわざわざ外す人は少ないでしょうから、写真が無いと永遠に見て貰えない様な事もあるのです。

写真は出したくないから、なんとか文章を沢山書きこんでってやっていても、それすら見て貰えないと言う事です。

パパ活する時に顔写真が無いとプロフィールを見ても貰えない具体例02

もう1つ、人気パパ活アプリ「paddy67」を見てみましょう。このアプリは写真登録していない場合「写真登録をすると返信率8倍アップ」と書かれているからか、新規登録では顔写真が無い子が結構いるけど、登録からちょい時間がたつと多くの子が顔写真を登録しています。

で、今ログイン中の女性一覧を見てみると、上記の画像で分かるように、左上の女性以外は顔写真を登録しています。こうなると、顔写真無しの女性のプロフィールなんて見ないですよね。当たり前に顔写真がある女性たちで気になる子のプロフィールを覗きます。

こういう感じでプロフィールを見て貰えない、メッセージすら来るわけない所か、足跡すら付けて貰えないと言う事になります。

POINT顔写真が無いと圧倒的に出会いの確率が悪くなり、パパが見つからないと言う事になる大きな原因になります。

 

パパ活をする時に顔写真を出していないとトラブルになる

パパ活をする時に顔写真を出していないとトラブルになる

パパ活サイト等のプロフィールに顔写真を掲載しなかった場合でも、稀にパパは見つかる事はありますが、その際はトラブルになる可能性が高いです。

それは、初顔合わせの時に、待ち合わせ場所にパパが現れずすっぽかしされたり、断りもなくサイトではブロックされ連絡が取れなくなったりする事です。これ系のトラブルはパパ活で非常に多いですが、この原因として女性側は「冷やかしにあった」「いたずらされた」と思っている人が多いが、それは間違いで、原因は見た目がNGだったからです。

すっぽかしする場合でも、パパは待ち合わせ場所まで行き、実際の貴方を確認している場合は多い。しかし、顔写真が見れなかったので実物を見て、自分の好みじゃ無かったとし、その子にお手当や交通費を渡すのも馬鹿らしいと思って、黙って帰ってしまい連絡を切ります。

POINT顔写真が無い場合だけではなく、ハッキリ自分と分かる写真では無かったり。加工し過ぎの写真など、実物と違う写真を見せた場合にも、このトラブルは起きます。こうなると女性側も、そこまで行く交通費や時間を無駄にし、更に待ち合わせ場所で延々待つハメになります。

ですので、顔写真は会う前に、必ず男性に見せておいた方が良いでしょう。

 

パパ活でプロフィールに使う顔写真はどういう物が良いか?

パパ活でプロフィールに使う顔写真はどういう物が良いか?

本物の貴方が分かる写真にしましょう。ポイントとしては「前向き、斜めくらいの顔がハッキリ分かる物」「一部を隠したり、ぼやけていない物」「加工していない物」「複数ではなく、貴方だけで写っている物」「男が好きそうなメイクや髪型」だと良いでしょう。

また、出来れば全身の写真もあれば、それも見せる事によってオファー率も上がるし良いと思います。ポイントとしては「体のラインが分かり易い服装」「男が好きそうなスカート姿、清楚で可愛い感じの服装」が良いでしょう。

POINT普段はパンツ派で、カッコいい感じの服装しか着ないと言う人も、頑張って準備しましょう。プロフィール写真の服装は、就職で言えば面接用の服装です。その印象で合格、不合格は大きく左右されるので、仕事用と思って用意すれば良いでしょう。用意しておけば、実際にデートが始まった時にも、そういう服装で行ってあげると男性は喜ぶ人は多く、定期的にオファーをくれる様になります。

サイト等に顔写真以外に複数掲載できなかったり、色々な写真を不特定多数に見せるのは嫌な人は、プロフィールに「実際にお会いできる方には、会う前に追加で写真をお見せします」など、真面目にちゃんと出会う気がある人には、こちらは見せる気があると言う趣旨の内容を書いておきましょう。

 

パパ活で会う前に顔を見せたく無い場合

パパ活女子、女性側のメリット

顔写真を見せないと言うのは、先に述べた様にトラブルの原因になるので、そうなっても仕方ないと思って下さい。またオファー率もガクンと下がるので、そこも理解した上で、どうしても見せたく無い場合には、2つの事を実践しましょう。

POINT1つ目は自分から男性へメッセージを沢山送る。只でさえ女性希望者が多く、殆どの女性が男性へせっせとメッセージを送っています。顔写真が無いなら、その人達以上にメッセージを送って、男性に気にして貰える様にならないといけません。

メッセージを大量に送るのは大変なので、当たり障りの無い定型文になっていく人が多いですが、そうなると悪質業者や、誰でも良い感じの人と見られます。1通、1通、丁寧に個々の男性に合った内容をしっかり送る事で、他とは違うかなと思わせる事は可能です。

POINT2つ目はお手当や交通費で譲歩する事です。「初顔合わせで印象が違って、その場で断ってくれる場合、お手当は不要、交通費だけで良いです」とか「交通費もいらないです」と言う人も沢山います。ですから、顔写真を出さないなら最低限「顔写真は出せないので、当日会ってNGだったら、お手当も交通費も不要です」と書いておきましょう。

最低限、これくらいはしないと、パパは見つかりません。

顔写真を出さないままでは、ドウシテモパパが見つからない場合、例えばプロフィールに「ある程度話して、本気だと分かった方には写真を送ります」とか書くのもアリだと思います。そうやればかなり限られた人にしか見られません。

またネットだけの出会いだと、かなり大勢に見られる可能性があるので、「ユニバース倶楽部」を使うのもアリです。パパ活専門のデートクラブで、クラブ登録した後は女性会員の写真を見れる様になります。会員になるには面接を受けないといけない上に、ネットだけの出会いとは違い料金は高額なので、入会者は限定されているので、顔写真を見られる人もネットだけに比べるとかなり少ないです。

関連記事一覧