• パパ活の実態や体験談
  • パパ活の実態や体験談についてまとめています。パパ活する男性側のパパ目線、援助を受ける女性目線、両方の目線からパパ活の実態に迫っています。実際はどういう付き合いがされているのか?援交との違いとは?体の関係や大人の関係はあるのか?気になる人は先ずはこちらをチェック
【P活体験談】パパ活をやる頻度は週に何回?定期パパに会うのは月に何回?

【P活体験談】パパ活をやる頻度は週に何回?定期パパに会うのは月に何回?

【P活】パパ活女子はパパ活をやる頻度は週に何回なのか?定期パパに会うのは月に何回なのか?SNSや掲示板、アンケート調査など、実際にパパ活をやっている女性(副業200人、本業100人)の体験談を基にデータをまとめて平均値を出してみました。これから始める人はぜひ参考にして下さい。

パパ活をやる頻度は週に何回?

学生やアルバイト、副業としてやっている女性

パパ活をやる頻度は週に何回?(副業)

学生でアルバイトとしてやっていたり、本業があり副業としてやっている女性の多くは週2回でした。「生活に支障が出るし、精神的にも週2くらいにしておいた方が良い」と言う様な意見が多かったです。週1回、月に4~5回でも、例えば飲食店で週に3~4回アルバイトするよりも稼げるので、女子大生が多いのは頷けます。

他の意見としては「もっとやって稼ぎたいけど、パパが見つからない」と言う意見が多かったです。希望する男性自体はそこそこいますが、皆さん太パパやイケメンパパをゲットしたいみたいです。本業じゃないだけに女性側も相手を選んでいる人は多い様です。

 

 

主な収入源がパパ活の女性

パパ活をやる頻度は週に何回?(本業)

本業でやっている女性は週4回以上が1番多かったです。本業としてやっていけている人の多くは「定期パパを何人か持っている女性」か「太パパを1人は捕まえている女性」でした。そうしないと安定した稼ぎにならないので本業としてはやっていけないので当然だと思います。

「最初は副業でやっていたけど、安定して稼げる様になったし、複数の定期が居て1人切られても不安はないので」という女性もチラホラいました。定期で捕まえている人数は2~4人が多く、その間に都度を挟む感じが多かったです。

ただ、週2回や1回以下の人は、太パパに囲われた愛人状態の人で、かなり高収入ですが切られたらと言う不安もかなりある様でした。

週4回も働くなら普通の仕事をと考える女性もいるでしょうけど、週5回フルタイムで働いているOLさんが稼げる金額の数倍~10倍程度稼げる可能性があるので、こちらを選択する人も多くなってきています。

 

1人の定期パパに会うのは月に何回?

1人の定期パパに会うのは月に何回?

定期パパがいるパパ活女子127人を対象にしました。

多くは月に4~5回(週に1回)で、その次が月に6回(週に1回+どこかで2回)の2パターンが殆どを占めています。他は月に8~10回なので週に2回のパターンです。大凡の会う回数を決めているパターンが多く、その回数に合わせて月極前払いでお金を貰っている人が全員でした。

決めた日数以上に会っても基本のお手当は増えませんが、デートした際の交通費などは別途貰えるパターンが多い。逆に、パパの都合で決めた日数以下しか会えなくても基本のお手当が減る事は無いと言う人が殆どでした。

都度より定期の方が単価が落ちる場合があるので、都度の方が稼げると言っている人もいますが、安定感は全く無いのでやはり定期が良いでしょう。定期でシッカリ関係を築けたらお手当交渉もし易くなりますし。

後は、パパ活のリスクや危険性を考えてみても、都度パパや新規パパより、安心して付き合える定期パパの方が良いでしょう。

関連記事一覧