パパ活で定期に会う頻度やLINE・メール回数

パパ活お茶デート
ジン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ユニバース倶楽部
男女共に今がチャンス!
ユニバース倶楽部

新規ご入会で半額ポイントバック

「キャンペーンコードをお持ちの方」の欄に「m015c6e65b4b5545」を入力するだけ。

男性会員増キャンペーンで女性も太パパと出会うチャンスがアップ!

パパ活女子がパパ活をやる頻度は週に何回なのか?定期パパに会うのは月に何回なのか?

SNSや掲示板、アンケート調査など、実際にパパ活をやっている女性(副業200人、本業100人)の体験談を基にデータをまとめて平均値を出してみました。

これから始める人はぜひ参考にして下さい。

パパ活をやる頻度は週何回?

学生やアルバイト、副業としてやっている女性

パパ活をやる頻度は週に何回?(副業)

学生でアルバイトとしてやっていたり、本業があり副業としてやっている女性の多くは週2回で、次に週1回でした。

「生活に支障が出るし、精神的にも週2くらいまでにしておいた方が良い」と言う様な意見が多かったです。

週1回、月に4~5回でも、例えば飲食店で週に3~4回アルバイトするよりも稼げるので、女子大生が多いのは頷けます。

他の意見としては「もっとやって稼ぎたいけど、パパが見つからない」と言う意見が多かったです。

希望する男性自体はそこそこいますが、パパ活市場は女性過多の上に皆さん太パパやイケメンパパをゲットしたいみたいです。

本業じゃないだけに女性側も1人固定が要れば良いと言う感じで、相手を選んでいる人は多い様です。

主な収入源がパパ活の女性

パパ活をやる頻度は週に何回?(本業)

本業でやっている女性は週4回以上が1番多く、次に週3回です。

本業としてやっていけている人の多くは「定期パパを何人か持っている女性」か「太パパを1人は捕まえている女性」でした。

そうしないと安定した稼ぎにならないので本業としてはやっていけないので当然だと思います。

「最初は副業でやっていたけど、安定して稼げる様になったし、複数の定期が居て1人切られても不安はないので」という女性もチラホラいました。

定期で捕まえている人数は1~2人が多く、定期とのデートが無い時に都度で新規を挟む感じが多かったです。

ただ、週2回や1回以下の人は、太パパに囲われた愛人状態の人で、かなり高収入ですが切られたらと言う不安もかなりある様でした。

週4回も働くなら普通の仕事をと考える女性もいるでしょうけど、1日8時間近く働く一般職と違って実働時間はかなり短い日も多いし、気楽な相手と楽しい時間を過ごしながら稼げる状態にも出来るので、上手くやれればかなり楽です。

金銭面も週5回フルタイムで働いているOLさんが稼げる金額の数倍~10倍程度稼げる可能性があるので、こちらを選択する人も多くなってきています。

自分で自由に出来るのがパパ活のメリットでもあるので、月に余裕を持って幾ら稼ぎたいと言う逆算から月に何回パパ活すると決めたら良いでしょう。

無理すると精神的にキツクなる事も多いので、自分のペースで楽しみつつ稼がせて貰える相手を見つけましょう。

パパ活で定期パパに会う頻度は月何回?

1人の定期パパに会うのは月に何回?

定期パパがいるパパ活女子127人を対象にしました。

多くは月に4~5回(週に1回)で、その次が月に6回(週に1回+どこかで2回)の2パターンが殆どを占めています。

他は月に8~10回なので週に2回のパターンです。大凡の会う回数を決めているパターンが多く、その回数に合わせて月極前払いでお金を貰っている人が全員でした。

決めた日数以上に会っても基本のお手当は増えませんが、デートした際の交通費などは別途貰えるパターンが多い。

逆に、パパの都合で決めた日数以下しか会えなくても基本のお手当が減る事は無いと言う人が殆どでした。

都度より定期が単価が落ちる場合があるので、都度の方が稼げると言っている人もいますが、安定感は全く無いのでやはり定期が良いでしょう。

定期でシッカリ関係を築けたらお手当交渉もし易くなりますし。

後は、パパ活のリスクや危険性を考えてみても、都度パパや新規パパより、安心して付き合える定期パパの方が良いでしょう。

外出自粛期間では都度ばかりの女性は、お手当が全く貰えず困窮していましたが、定期がいる子は会えなくてもパパからいつも通りお手当を満額貰えたと言う子が多かったです。

様々なリスクを考えた上で、自分にとっては都度がメインが良いか、定期がメインが良いかを考えてみましょう。

パパ活でのLINEやメールの連絡頻度

パパ活でLINEやメールの連絡頻度

連絡しないと関係が切れそうだけど、連絡するとウザがられる可能性もあるから、連絡頻度って難しく考えてしまう人は多い様です。

男性はお構いなしに連絡する人もいる様ですが、女性は頻度が多くなるとどうしても営業感が出てしまうので、男性から敬遠される原因にもなります。

ただ、200人分のパパ活女子のSNSなどを調査してみると、関係が続いているパパに対し週に1回程度は連絡を入れていると言うのが最多数で、次が自分からは入れないでした。

私の場合は基本的にはオファーは俺からするからと言う感じにしているので、女性側から連絡はない事が多いです。

ただ、困った時はいつでも連絡してくれて良いよとも言っているので、たまに都度の子は「来週あたりお時間あれば…」みたいなのはあります。

定期の子は現在2人いますが、この子達は毎日1回は最低でも自分からLINEでメッセージ入れて来ます。そこからイレギュラーに食事にって言う事もあります。

パパ活は、お互いに秘密でやっている場合が多いので、どういうタイミングで連絡入れて欲しい、入れて欲しくないと言うのはある。

私は、今後も遊ぼうと言う感じの女性に対しては、初回の顔合せデートの時に、お互いの連絡OKなタイミングを教え合っておく様にしています。

パパ活女子として上手に稼いで行きたい方は、以下の記事もぜひ参考にして下さい。

運営者情報はこちら
ジン
ジン
パパ活歴7年目の40代の現役パパ
本業はIT系コンサルタント。ネットの出会いに関しての歴は24年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力。 20代は出会い系運営会社にも関わり、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
記事URLをコピーしました