MENU
パパ活の相場、お金事情

パパ活のお手当を値切る際の注意点と上手な交渉方法とは?

パパ活のお手当を値切る際の注意点と交渉方法とは?

パパ活をやっている男性(パパ側)の悩みとしては、女性へのお手当が高い事。デートするだけでも交通費とお手当、デート代で5万円以上は飛んでいきます。そういう経費を何とか安くしたいと思うのは当たり前の事、そこでパパ活でお手当を値切る際の注意点と上手な交渉方法を紹介します。

パパ活のお手当を値切る際の注意点

パパ活で1度決めたお手当や条件を変更する際には、再度交渉が必要になります。良い子だから値上げしてあげると言う場合は、女性は喜ぶしもっと長くお付き合いしたいと思ってくれる人が多いですが、逆に値下げしたいと値切る事になれば女性側はガッカリしてしまいます。

そういう事から値切る際の最大の注意点は値切る=女性に切られる覚悟を持って交渉する事です。

一般的な商品やサービスでも同じで、売り手側が納得しなければ売ってはくれず売買は成立しません。パパ活では女性の時間を男性が買っている状態なので、女性が値切られた価格に納得しなければ、デートは成立しないのでお別れとなります。

男性はそういうリスクがある事を踏まえて、絶対に捕まえておきたい女性の場合は値切り交渉はやらない事をお勧めします。複数いたり、別の子を探そうと思った場合に「別れても良いけど、値切り交渉に応じるならキープしておくか」と言う対象にだけ交渉を行いましょう。

パパ活でお手当を値切る際の上手な交渉方法

経費

女性がどういう点が最大に嫌かと言うと「自分の値段を下げられる事」です。ですので、この部分の交渉は最終手段にして、それ以外の経費を下げる事が先ずは得策です。

例えば食事の場所はいつも高級店に行っているなら、もっと値段の安いお店にしましょう。パパ活女子のアンケート調査の結果では高級店じゃなく居酒屋など庶民的なお店でも良いと答えた人は5割以上だったので、お金が掛かるお店じゃなくても大丈夫と言ってくれる女性は多いです。

これだけでも、1回のデートの経費を1~2万円抑える事が出来ます。女性へのお手当からこの額を値切ろうとすればお別れになってしまいますが、食事の質を落とすだけなら問題無いと言う女性はかなりいます。

後は都度から定期にする事です。例えば女性へのお手当が1回当たり2万円だったとします。それで月に8回会えば16万円です。そこで「定期にし月極にし前払いするから月に8回会うって事で12万円でどう?」なんて交渉をすれば、OKしてくれる子は意外と多いです。

都度は、その都度切られるリスクがありますが、先払いの月極は一か月分をまとめて貰える安心感があり生活は安定するし、沢山の男性にオファーしたり、デートしたりしなくて良いので、単価が少々安くなっても定期で月極が良いと言う子は多いです。

こんな感じで女性側も受け入れられる値切り交渉を行えば、現在よりも安い経費でパパ活を楽しめる様になります。ただ、値切り交渉する際は切られる覚悟だけは忘れない様にしておきましょう。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら