パパ活の実態や体験談

【体験談】パパ活を始めたキッカケと本音、男性と女性の動機

【体験談】パパ活を始めたキッカケと本音、男性と女性の動機

【体験談】パパ活を始めた男性と女性の生の声、どうして始めたのか、キッカケと本音や動機を紹介。どういう男性や女性がパパ活をやっているのか、実態としてどういう付き合い方をしているか、お手当は幾らくらい払ったり貰えたりするのかなどをまとめました。

パパ活を始めた女性のキッカケと本音

ソース:毎日新聞

東京都内の大学2年生、ちなさん(19)は、3人きょうだいの末っ子。兄と姉も大学に進学していたため、学費は卒業後に両親に返すように言われている。週末は郵便の仕分けやイベントの物販のアルバイトをこなし、時給は1000円から1200円ほど。月のバイト代は4万円に届くかどうかだった。「携帯の支払いもあるし、学費も返さないといけない。短期留学もしたいが、これではその資金もためられない」。そんな時、大学の友人から「パパ活」のことを聞いた。

初めて会ったのは、61歳の男性。「どこにでもいそうな男性だった。『学校はどう?』と聞かれて、普通の話をした」と振り返る。事前にメッセージで「30分の顔合わせで、3でいいかな」と言われたため、「謝礼は3000円だ」と思っていた。しかし、「楽しかったから」と渡されたのは5万円。「3」が3万円を意味していたことが分かって困惑したが、続けるうちに抵抗感は減っていった。

これまでに、20代後半から60代の男性20人と会った。月に稼ぐのは、4万~6万円ほど。何度か会った50代の男性は、「留学に行きたい」と話すと「これで足しになるなら」と、50万円を差し出した。「受け取れない」と言ったが、「応援したい」と男性に言われ受け取った。2カ月の留学を終えて帰国すると「いい経験ができてよかった」と男性は満足そうだったという。

こういう女性はパパ活に限らず、お水の世界にも多いです。私が学生時代は大学生や専門学生のアルバイトで夜やってる子が多かったですが、そういう子達にパパ活と言う選択肢も出来た時代と言う事でしょう。

実際に私も女子大生とも何十人も会っているし、定期にした子は何人かいるし、現在も定期で会っている子がいます。その子は真面目に大学に通って勉強したいと言う子ですが、親からの補助は無いので学費はもちろん、家賃と生活費は自分で捻出しなければならなずパパ活を始めたと言う事でした。

今は貯まったお金を基に半年間、フランスへ留学しているので、帰ってきたらまた遊ぼうと言う話になっており、週に1度くらいフランスの様子を写メ付きでメッセージが着ます。

女子大生が多いのは事実ですが、稼ぎの少ないOL、フリーターなんかも多いです。

因みにお手当は相手によりますが、1回の食事やお酒デート2~3時間程度で交通費込み1.5万円前後渡しています。体の関係を持った場合は倍~3倍程度渡します。私が行くキャバクラなんて、2人で3セット居たら10万円近くになるので、パパ活の方が凄く安い。

パパ活を始めた男性のキッカケと本音

一方、男性は、なぜ謝礼を渡してまで女性と食事したいと思うのか。

大手企業の47歳男性は、「地方出張で、地元の方においしいものを教えてもらおうと思ったのがきっかけ」と話す。現地の女性にガイドも兼ねて店を教えてもらった。

女性にごちそうし、さらに謝礼を支払うことに抵抗がないわけではない。ただ、「既婚者である手前、謝礼なしでの交際というのは考えられない。謝礼を払えば、知らない人でも安心して会いに行けるのでは」。

飲み会を盛り上げるために利用しているのは、29歳のベンチャー企業経営者。「キャバクラに行くより安く手軽で、感じの良い女の子に直接謝礼を渡せるのが好都合。経営者仲間と飲みに行く時などに女の子が来てくれると場も華やぐ」と話す。

女性を飲み会に呼ぶことで、「いい意味で見えを張れる。女の子をエスコートするからには、やっぱりかっこいいと思ってほしい。そういう見えは、男にとって大事」と語る。謝礼を払うことで「線引きになっている。謝礼なしの交際は、人間としてお互い好意がある場合に限られるのでは」と語るが、「お店の女の子と違って恋愛に発展するかもしれないという夢がある感じもいい」と本音をのぞかせた。

私はパパ活時代の前から、出会い系のヘビーユーザーでネットの出会いで遊んでいたし、キャバクラ通いもしていたので、その流れでパパ活を始めました。

出会い系より可愛い子に会える確率はめちゃ高いし、キャバクラよりは費用が安いので、現在はパパ活で相手を見つける事が多いです。お互いに重たくならず割り切って遊べるし、記事の男性と同じで私も出張時に美味しい物を食べに行く時の気楽な相手として呼んだりしています。

本気で女の子の事を好きになっちゃう人もいますが、記事の男性達や私の様に割り切って遊べるからこそ、でもキャバ嬢や風俗嬢じゃなく素人の子と気楽に遊べるという部分でパパ活を楽しんでいる人が過半数だと思います。

出会い系もキャバクラも現在でも使っていますが、今はパパ活が1番楽しいかな。

「お店の女の子と違って恋愛に発展するかも」と言う部分は、この男性は更に割り切って遊んでいるんだろうなと思いましたが、私はお店の子でも落としたい子がいればガンガン行きます。ちゃんと口説いて、仕事抜きのデートして、エッチしてと言う感じで、キャバ嬢が仕事抜きで会いたいと言う感じになった時は、それはそれで良いんだよね。

パパ活は絶対ココ!おすすめパパ活アプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役パパの私が実際に使い倒した上で選んでいます。

パパ活を始める人は、絶対に参考にして欲しい、おすすめパパ活アプリランキング。使うサイトやアプリを間違うだけで、相手を見つけるのは大変だし、質の悪い相手を掴むリスクも高くなるので、注意が必要です。

ランキングはこちら