• パパ活の実態や体験談
  • パパ活の実態や体験談についてまとめています。パパ活する男性側のパパ目線、援助を受ける女性目線、両方の目線からパパ活の実態に迫っています。実際はどういう付き合いがされているのか?援交との違いとは?体の関係や大人の関係はあるのか?気になる人は先ずはこちらをチェック
高収入「1000万円を荒稼ぎしたパパ活女子」が大金を稼ぐ方法とは?

高収入「1000万円を荒稼ぎしたパパ活女子」が大金を稼ぐ方法とは?

援助交際よりカジュアルな印象で、18歳、19歳、20代を中心に流行っている「パパ活」。高収入を得られる人も少なくないと言われるが、「1000万円を荒稼ぎしたパパ活女子」が大金を稼ぐ方法とは?年上男性を手玉に取り荒稼ぎする実態と、ネットの反応を紹介。

「1000万円を荒稼ぎしたパパ活女子」が大金を稼ぐ方法

ソース:ライブドアニュース

市場が過熱していくと稼げる勝ち組女性と、稼げない負け組女性の明暗がハッキリしてくる。「若さをお金に換えないともったいない」と、10か月足らずで1000万円を荒稼ぎしたパパ活女子がいる。神奈川県在住の大学3年生、トモミさん(22歳)だ。どことなく内田有紀に似ているものの、絶世の美女というわけでもない彼女がこれほどの高収入を維持する理由は何か。

自分を気に入ってくれる人に会うまで顔合わせをしまくることでしょうか。春休みの時には週に10人前後のペースで顔合わせをしていました。よさそうなパパがいて、向こうから大人の関係の提案があっても、すぐには応じない。繰り返しデートをして、そのときはとにかく無邪気に楽しそうに振る舞い、『このコ、もしかして俺のこと好きかも?』と勘違いさせるように努めています。まあこれは、以前働いていたキャバクラで培ったテクニックなんですけど」

こうして鼻の下を伸ばしたオヤジどもにお預けを食らわせることで、大人の関係の金額を吊り上げることができるのだという。

トモミさんがいっている様に、上手にパパ活で稼ぐ人と、キャバクラで人気になる人のタイプは似ています。

 

パパ活で体の関係になるのは1回7万円以上を提示する

「一回7万円以上を提示してくれないと体は許しません。今は8人のパパがいて3日に一回は大人の関係で誰かと会ってます。土日は、昼と夜で別のパパに会うこともあります。一番の“太パパ”は宇都宮から会いに来てくれる60歳くらいの地主さん。食事だけで毎回10万円もらってます。『ハタチになったら処女を捧げる』っていうのが条件なんです。もちろん嘘ですけど。ちなみに私、パパ活上の設定年齢は19歳なので……。パパ活やってるオジサンはロリコンが多いので、10代ということにしておいたほうが絶対有利なんです」

 

相場を考えると倍以上なので、当たり前に誰もが出来る金額ではありません。かなり少数ですが、太パパと呼ばれる金払いの良い男性を捕まえる事で、こういう条件を達成できるようになります。

 

パパからヤリ逃げされた事もある

巧みに男性を操るトモミさんだが、騙されたこともあるという。「数回デートをした相手で私も油断してたんですが、ホテルで行為後、シャワーしている間に逃げられたことがあるんです」しかし、転んでもただでは起きなかった。

「このまま泣き寝入りだけはしたくなかったので、その足で警察に駆け込みました。やり逃げされたと主張しても警察は相手にしてくれないので、レイプされたと主張したんです。被害届が受理されて捜査が始まった途端、男はパパ活をしていることが奥さんや会社にバレてしまうのを恐れたのか、示談を持ちかけてきて。結局、その男とは60万円で示談が成立して復讐を果たしました(笑)。示談金交渉には法テラスの『民事法律扶助』を利用したので弁護士費用もかからずに済んだんですよ」

単なるヤリ逃げなので、警察は絶対に介入しませんが、レイプと訴えた事で受理された様です。しかし、もし男性が争う姿勢を見せた場合、レイプだと証明できないし、何ならそこまでに至るやり取りが残っているので、男性は不起訴どころか、男性から反対に訴えられる事になる可能性もあり、これはかなり危険な賭けです。更に自分もパパ活で体売ってますと周りにバレる可能性もあります。

 

月2回で20万円の太パパを捕まえたカナさんの場合

「お金が工面できないために、やりたいことを諦めなきゃいけないのは悔しかった。今、進学・留学費用合わせて400万円の奨学金を借りています。でもアルバイトをしたら大学院での研究時間が取れない。私にとってパパ活って、学ぶために援助してくれた“奨学金そのもの”なんです」

カナさんは月2回で20万円という条件で“太パパ”と会っている。

「10代の頃は遊びまくってメンヘラビッチだったから、体の関係になることはあまり抵抗がありませんでした。まあ、長くて30分我慢してるだけなんで。月に1時間我慢すれば20万円もらえると思えば楽勝です(笑)。ただ、私は突出してかわいいわけではなく、何が秀でているか考えると頭しかない。だから、会う前は必ず勉強していきます。経営者の方なら最近のニュースを見て勉強したり、囲碁が趣味の方だったら囲碁の話題も押さえています。相手にいかに合わせられるか、事前の情報収集こそが勝負だと思っています」

キャバクラなどに行くと、自分で生活費や学費を払っているからという女性も結構いるので、それがパパ活と言うのは理解は出来ます。キャバクラより大金を稼げる可能性はありますが、この子も体の関係ありでのお付き合いです。

パパ活は基本的には体の関係無しのお付き合いですが、こうやって大金を稼ぐ場合は、体の関係になっているパターンが多いのは事実です。それと共に、カナさんの様に相手に合わせて情報収集し勉強する事で、太パパを見つけられる様になります。

本来はキャバクラと同様で、上手に男性を転がし、体の関係なしで指名を貰えるくらいが良いと思いますが…、

 

「1000万円を荒稼ぎしたパパ活女子」に対するネットの反応

関連記事一覧