• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
犯罪・違法・逮捕

パパ活でお金を渡してお付き合いするのは違法?貰うのも違法?

パパ活では男性は女性にデートして貰う代わりにお手当としてお金を払います。女性はそのお金を貰いますが、そういうお金のやり取りは違法なのか心配だと言う相談が多いです。違法で警察に逮捕されるのではと心配で始められない人は、ぜひ参考にして下さい。

パパ活でお金を渡してお付き合いするのは違法?貰うのも違法?

パパ活の基本的な前提は「余裕のある男性が、夢を追う女性に援助してあげる」と言う体ですが、実態としては「デートをしてくれた報酬」「エッチさせてくれた報酬」としてお手当が支払われています。ですので、限りなく、パパ活≒援助交際≒愛人と言う感じです。

どの関係でもお金を貰う事には変わりはありませんが、やってみたい人が気にするのは、お金を払ってデートをしたりエッチするのは違法かどうかと言う点ですが…

 

POINT答えから言えば違法ではなく、犯罪に問われません。

 

多くの弁護士サイト等でも書かれていますが、例え体の対価と引き換えに関係を持ったとしても、売春で逮捕されたりしません。売春防止法では買った男性、売った女性ともに取り締まりません。取り締まるのは管理売春などを行った人です。この法律は自分の意思と反して売春をさせられる女性を保護する目的で作られているので、個人間で売買したのについては取り締まる事は出来ません。

 

パパ活で逮捕されるリスクがある事とは?

売春で逮捕されないなら、安心して楽しめると思ったと思いますが、一歩間違えると逮捕される事もあります。

それは「18歳未満の児童」との出会いを求めたり、その子をお金を使って呼び出しデートさせたり、体の関係を持つと違法になると言われています。援助交際が流行していた頃も、バンバン捕まっていたのは18歳未満に手を出した男性で、大人同士の援助交際ではありませんでした。

ですので、絶対に18歳未満との出会いを求めない事です。私は18歳かも知れない危険性もあるので、リスク回避の為に明らかに20歳以上だろうと思える子としかデートやエッチはしない様にしています。それくらいやって自分を守ってこそ、こういう出会いをタップリ楽しめる様になります。

出会い系サイト、パパ活サイト、交際クラブなどは18歳未満は利用できないので、そういう所を使って相手を見つけましょう。無料だからとSNSのツイッターなどを使って見つけると一生後悔する事になります。今年に入って、これ系で逮捕されている人の多くがツイッター経由で出会っています。

ツイッターは警察(サイバーポリス)がしっかり監視しているので、必ず捕まると思っておいた方が良いでしょう。完全な警察の釣り場になっています。SNSでパパ活やっている女性は立ちんぼの様な質の悪いのしかいないので、そういう面からも交際クラブやパパ活サイトをお勧めします。

関連記事一覧