パパ活の危険性やリスク

パパ活浮気・不倫は「妻公認」でもパパ活女子に慰謝料請求される危険性がある

パパ活浮気・不倫は「妻公認」でもパパ活女子に慰謝料請求される危険性がある

パパ活相手の男性は既婚者だが、男性からは妻との関係は既に終わっているし、妻もパパ活浮気・不倫はOKしてくれている「妻公認」だと言っているので安心していたら大間違い。実は男性にこう言われていたとしてもパパ活女子に慰謝料請求される危険性があります。

パパ活相手の男性が既婚者だとリスクは高い

パパ活であったとしても、なかったとしても、既婚男性と不貞行為に及べば、相手の妻から慰謝料を請求される可能性が高い事は、殆どの人が知っていると思います。

ただ、相手の家庭が既に崩壊しており、別居して長期間になるなど、そういう事実がある場合は慰謝料請求されても支払わなくて良いと言うのも多くの人は知っていると思います。

では、パパ活で男性パパから「俺の家庭は既に崩壊していて、妻とも離婚を話し合っている状態。だから浮気しようが、不倫しようが妻もどうでも良いと言う感じで、妻公認なんだよ」と言われていた場合はどうなのか?

相手の家庭は既に崩壊していると言う事なので、既婚者だけど問題ないと思ってパパ活をやると、慰謝料を請求される危険性があるので注意が必要です。

パパ活浮気・不倫は「妻公認」でも慰謝料を請求されるパターン

お金、札束

男性が「家庭崩壊、妻公認」と言っていたので、自分はそれを信じて体の関係を持ったと言う場合「自分は騙されていたんだから、慰謝料なんて払えない!」と言う意見が殆どでしょう。

ただ色々な弁護士サイトを見てみると、こういう時には自分の立場を正当化する為にも「崩壊していると信じたい」「妻公認だから問題ないと信じたい」と自分本位で考え、本当にそうなのかと言う見極めをする事を怠る事が多く、きちんと確認したり、注意して見れば、婚姻関係は継続していると分かる場合は、男性の嘘だった場合でも慰謝料を請求されたら支払う必要がある可能性が高いとしています。

POINT既婚者と気付ける要素が無かった場合や、婚姻関係は既に継続していると言えない状態とハッキリ分かる場合を除いては危険だと言う事です。

ただ、パパ活においても「不貞行為に及んだかどうか」が明確なラインになるとされているので、セックスしていなければセーフになる可能性もあります。しかし、それまでは非常に円満だったのに、パパ活を始めた事により家庭が崩壊したと言う場合は、それに限らない場合もある様です。

こんな感じで警鐘を鳴らすツイートも結構ありますが、まあ体の関係まで発展したら不倫や浮気と同じなので、そういうリスクマネジメントはお互いでやらないとね。一般人の浮気や不倫カップルはめちゃ多いし、お水の世界の子との関係もめちゃ多いし、別にパパ活に限った話じゃないから。

パパ活は絶対ココ!おすすめパパ活アプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役パパの私が実際に使い倒した上で選んでいます。

パパ活を始める人は、絶対に参考にして欲しい、おすすめパパ活アプリランキング。使うサイトやアプリを間違うだけで、相手を見つけるのは大変だし、質の悪い相手を掴むリスクも高くなるので、注意が必要です。

ランキングはこちら