• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
【P活】パパ活で「稼げている子連れシングルマザー」がやっている事

【P活】パパ活で「稼げている子連れシングルマザー」がやっている事

【P活】パパ活は既婚者の主婦でも、離婚して子連れのシングルマザーでも上手にやる人はめちゃめちゃ稼いでいます。結婚しているから、子供がいるからパパが見つからないし稼げないのではと言う事は全くありませんが、そういう女性たちは、それなりのテクニックは使っています。

先ずは子連れシングルマザーがパパ活に向いている理由を見てみましょう。

子連れシングルマザーがパパ活に向いている理由

稼ぎが良い

一流企業、専門職などの人は稼ぎの面では問題ないでしょうけど、子連れシングルマザーの場合、多くの人が生活費を稼ぐのですらやっとと言う人も少なくないです。子育ての為に正社員にはなれないけど、パートだけでは子供の洋服やおもちゃも買ってあげられない。そうなると稼ぎの良い夜の水商売に流れる事が多くなります。実際に飲みに行くと20代、30代の子連れシングルマザーはめちゃ多いです。

パパ活は上手にパパを集めてキープできればの話ですが、そうなれば自給換算すると夜の水商売よりも圧倒的に良くなる場合もあります。月に100万以上を稼ぐ子も何人も私は知っているので、頑張る子はお金の面の苦労は少なくなります。

 

昼間に仕事が出来る

水商売は夜になるので、夜間保育に子供を預ける事になります。「夜中に一緒にいてあげられないと可哀そうだから」「夜中は一緒にいないと愚図る」等、夜はなるべく避けて、昼に働きたいと言う人は多いと思います。

パパ活なら昼間でも可能なので、お昼に保育園や幼稚園、小学校に行かせている間の時間にパパと会って食事したりし、数万稼ぐなんて事も可能です。

 

拘束時間が少ない

子連れシングルマザーの悩みとして、お金の次が時間です。企業に勤めると拘束時間が長く、子供に何かあって仕事を早退したり休むと多大に迷惑を掛け、精神的にもキツクなります。では水商売と言うと、こちらもお店に属するのである程度の拘束時間は仕方がないし、同伴やアフターの回数が少ないと店や同僚から嫌な目で見られる事もあります。

パパ活なら個人間のやり取りなので、ある程度信頼関係を築いてしまえば、子供の事に理解を示してくれる男性は多いです。私もシンママの子が1人いますが、子供が病気の時なんかに無理して出てこられても、こっちが気になってしょうがないと言う感じなので「また次回に」と言う感じになります。

デートも私の場合は食事とお酒デートなら1回3~4時間くらいです。ホテル行く時はもうちょっと掛かりますが、まあ他の仕事に比べると、このくらいの拘束時間で何万も稼げます。

 

稼ぎながら結婚相手も探せる

パパ活は割り切って遊ぶ男性が多いし、既婚者男性が多いですが、独身男性もいない事は無いです。そういう男性も結婚願望が無かったり、割り切って遊びたいからパパ活をやっているパターンが殆どですが、男女の仲なので本気になってしまう人もいます。

女性側もお金の為に男性を接客しているだけなんですが、徐々に好きになってしまう事もあります。キャバクラだってこういう感じは同じです。なので独身男性パパが見つかれば、稼ぎながら恋愛したり結婚相手になったりする事も可能です。

再婚は全く考えていないけど沢山の男性とデートするのも嫌だと言う場合は、1人2人の太パパを見つけて、愛人契約しちゃうのもアリだと思います。

 

現金を即金で稼げる

お金に余裕が無い内は特に嬉しい、日払い形式で現金を即金で稼げます。今直ぐ現金が欲しいから夜は働きたくないけどお水をと考える女性は多いですが、パパ活サイトでパパを見つけてちょいとデートするだけで、即金が稼げます。

あと、パパ活で貰ったお金は、所得税は発生しませんが、年間110万円以上の贈与があった場合は贈与税が発生します。住民税は所得税に連動した物なので、贈与税を払ってもこちらが増える事はありませんので、ここもメリットと言えます。パパ活のお金に関しては以下の記事にまとめているので参考にして下さい。

 

パパ活で「稼げている子連れシングルマザー」がやっている事

パパ活で「稼げている子連れシングルマザー」がやっている事

子連れシングルマザーと伝える

パパ活は個人間のやり取りになるので、なるべく伝えておいた方が、何かアクシデントが起きた時に理解して貰い易いので、先に伝えておいた方が良いと思います。割り切って遊びたい男性たちなので、相手を気に入りちょいちょい自分と遊べる時間を確保できるなら、結婚していても、子供がいても関係ありません。シンママなら結婚している子よりもトラブルが少ないので、逆にありがたいですし。

伝えるタイミングとしては、パパ活サイトなどのプロフィールやメッセージでは伝えず、顔合わせで会って「これからも会いたい」と言う感じに男性がなった時に伝えれば良いと思います。その段階なら既に女性の事を気に入っているので「じゃあ、子供に支障が無い様に、どういう曜日や時間が良いの?」なんて話になりますし、ならなければ自分から伝えれば良いと思います。

 

夜も遊べる日が稀にある様にしておく

「子連れシングルマザーで昼の間に稼ぎたいのに夜なの?」と思われるかも知れませんが、昼だけの関係だと早々とマンネリを起こし飽きてしまいます。これは体の関係があったとしてもです。なので「子供が友達の家に泊まりに行った」とか「実家に預けられるタイミング」等の時に、稀にで良いので夜デートに付き合うと、マンネリを起こしにくいし、そういう貴重な時に自分に時間を使ってくれたと言う事で、もっと応援したくなります。

 

子供や家庭の話はし過ぎない

子連れシングルマザーだと言う事は理解しているが、その話をしたい訳ではなく、パパは男女の楽しい時間を過ごしたいと思っています。なので、極力、その理解を得たら男女の楽しい時間を作る事に注力しましょう。子供や家庭の話になると一気に冷めてしまう可能性もあるので注意が必要です。男性の中には気遣って色々と聞いてくれる人もいますが、そうやって男性に聞かれた場合だけにしておきましょう。

 

お手当は生活費や子供にと言う感を出さない

子供や家庭の話と同様で、お金はあくまで女性自身を応援する為に払っているので、それが別の事に使われると言うイメージを持たせない方が良いです。子連れシングルマザーなんで、生活費や子供の為に使う事は当たり前に分かっていますが、そういう事を強調しない方が良いです。

なので、もしパパ活やっている理由を聞かれたら「生活費が苦しくて…」「子供に洋服を買ってあげたくて…」なんて事は言わず、「子供の事を考えて、なるべく夜じゃなく、時間もある程度自由に使える事が良いと思って」とかで良いです。

関連記事一覧