MENU
パパ活の上手なやり方やテクニック

【P活】パパ活「敬語とタメ語」を使うタイミングで稼げる額が大きく変わる

【P活】パパ活「敬語とタメ語」を使うタイミングで稼げる額が大きく変わる

【P活】パパ活をやっているパパ活女子は、パパに対して「敬語」を使うべきか、「タメ語」を使うべきかを考える子もいると思います。では、どういうタイミングで「敬語とタメ語」を使えば良いか、男性パパ側の意見として紹介します。これを知れば稼げる額は大きく変わります。

【P活】パパ活、メッセージやり取りから初回デートは絶対に敬語

殆どの女性は「敬語」だと遠い関係の様で心を掴めないので、なるべく早めに「タメ語」を使える関係になった方が良いと言うのは分かっていると思います。中には歳の離れた下の人間から「タメ語」を使われるのは嫌だと言う男性もいるので、そういう男性は例外にして、男性であるパパ側も距離感は近い方が楽しいので、「敬語」よりは「タメ語」になってくれた方が良いと感じる人は多いです。

ただ、最初から「タメ語」だと、単なる礼儀知らずになるので、パパ活サイトやデートクラブ等で知り合って、初回デートが終わるくらいまでは最低でも「敬語」を使いましょう。礼儀知らずはマナーや常識が無い人が多いので、何らかのトラブルになったり、楽しいお付き合いが出来ない場合が多いです。

女性側がいきなり最初から「タメ語」の場合は、オッサン見下し「とにかく金」と言う感じの地雷が多いです。男性側はオラオラ高圧的な「タメ語」の場合は、「俺様」で俺が金を払っているんだから言う事を聞けと言う地雷が多いです。

距離が縮まる前は女性は絶対に「敬語」、男性は「敬語」か「ソフトな印象のタメ語」を使いましょう。

【P活】パパ活で敬語からタメ語に切り替えるタイミング

【P活】パパ活で敬語からタメ語に切り替えるタイミング

「タメ語」を使って距離感をグッと近づけ、相手の気持ちを掴むと言うテクニックは、指名の多いキャバ嬢なんかは上手ですよね。現役パパ側である私の意見や、キャバ好きの男友達が「あれ良いよね」となる瞬間を教えます。

感情表現の時に「タメ語」を使う

喜怒哀楽の感情表現の時、特に楽しい雰囲気の時が良いので喜と楽の時の表現で使いましょう。通常の会話は敬語で話しつつ、会話の中で喜と楽の部分が出てきたらチャンスです。

「凄いですね!」じゃなく「え~!凄い!」、「嬉しいです」じゃなく「やったー!嬉しい!」と言う感じです。食事デートの時に、美味しい物を食べたら「凄く美味しいです」じゃなく、「凄く美味し~!」で良いんです。

これって距離感を縮めるだけではなく、パパ側からすれば敬語を忘れてタメ語になっている様に見えるので「本気でそう思っている」様に聞こえるので、2倍で心を掴めます。ついでに目を見ながら言えば効果は更に上がります。

ただ、「うわっ!これ旨!」とか「え~、これすげ~!」みたいな男言葉の様なタメ語は引かれる事も多いので使わない様にしましょう。

疑問形の言葉を使う時に「タメ語」を使う

感情表現でタメ語を使っても問題なさそう、もしくは嬉しそうにしてくれた場合は、もう一歩進んで、疑問形の言葉の時に「タメ語」を使ってみましょう。

例えばパパが話をしていて何か疑問に思う事があれば「そうなんですか?」じゃなく、「え~、そうなの?」と言う感じです。感情表現と同じで、話を本気でしているからこそ、ついタメ語が出ちゃったと言う感じになり、パパ側もすんなり受け取れます。使うタイミングとしては、面白い話系が1番良いです。

疑問形で使う場合は、表情とイントネーションが大切です。面白い話系の流れで笑顔で目を見ながら使うと良いでしょう。イントネーションは語尾を上げて可愛い感じで聞くと良いです。逆は冷めた感じに取られるので逆効果です。

この辺りが慣れてきたら、例えば食事デートの時に高いお酒を勧められた場合などに「え~、良いんですか?」じゃなく、「え~、こんなに高いの良いの?」と可愛い感じで言われると、もうね、何でもやってあげたくなります。

方言が喋れるなら早めに「タメ語」を使うべき

出張パパで自分が住んでいる地域じゃなく、遠くから定期的に来るパパには方言で早めに「タメ語」を使いましょう。順序としては感情表現、疑問形の時と言う感じで同じですが、スピードは早めで良いです。

福岡に行く時にパパ活で博多美人と遊ぶ男性は、福岡の女性の博多弁にメロメロにされます。「え~、超嬉しいっちゃけど!」「こんな高いの飲んで良いと~?」なんて方言で言われると、可愛くてたまりません。こういう感覚は多くの男性は持っています。

早めに使う場合はタメ語嫌いのパパかどうかはシッカリ見極めた上でも「あっ、すみません、つい方言が出ちゃって…」なんて言えば、「良いよ良いよ!もっとそんな感じで喋って」と言われ、タメ語解禁となるのが早いです。

地方の子と遊ぶなら、その土地の方言を喋る子が良いので、博多に限らず、大阪や京都でも東北でも北海道でも、方言を使える子は使いましょう。きっとパパも早く聞きたいはずです。出張パパだけじゃなく、逆に地方から東京に出た女性なども同じように使って良いと思います。

パパから「タメ語」で良いと言われたら使う

パパから「そんなに畏まらないで」とか「敬語は止めてよ」と「タメ語」で良いと言う感じで言われたら、直ぐにそうしましょう。これはパパ側が敬語を使われると距離感感じるし、もっと早く距離を縮めたいと言う気持ちを持っているからです。

だからと言って、友達と話す様にタメ語オラオラ全開ではいけません。ある程度の丁寧さは残しつつ、徐々にタメ語を増やしていくと言った感じが良いと思います。

距離感が縮まらない事に我慢がならない状態の場合で言っている事も多いので、「タメ語」で良いと言われても「敬語」を使い続けると、「すげー壁作るし、ああ、この子は俺との距離は縮めたいと思っていないんだろう」と思われ、パパの気持ちも遠くなります。

距離感を近づけ過ぎるのは体を狙ってくるのが早まるので女性にとっては良くないでしょうから、最低限の距離感は保つのは良いですが、距離感を取り過ぎると、それ以上に男性は離れていきます。特にパパ活では。

お礼のメッセージの一部分だけ「タメ語」を使う

顔を合わせて、面と向かって喋っている時に「タメ語」を使うのは難しいと言う人は、デートが終わった後のお礼のメッセージ等の一部分で「タメ語」を使いましょう。

「お寿司とっても美味しかったし、〇〇さんのお話もとっても面白くて楽しい時間を過ごせました。今日はデートに誘って戴き、有難う御座います」なんて感じじゃなく「お寿司とっても美味しかったし、〇〇さんのお話もとっても面白くて楽しい時間を過ごせました。今日はデートに誘って貰って嬉しかったです、ありがとう」なんて感じで、基本は「敬語」を使いつつ、ちょっとした部分だけ「タメ語」にします。

カチカチの文章より、ちょっと崩すだけで、距離感はちょっと近くなります。男性はデート中はずっと敬語を使われている事に気付いているし、こういうちょっとした部分の変化にも気づくので「ちょっとは距離が縮まったかな」と感じます。

これすら難しいなら、「ありがとう」とか「うれしい!」とか書かれたスタンプを使いましょう。

仕上げは名前の呼び方を変える

ある程度の丁寧さは残しつつ、タメ語を使える距離になったら、最後は名前の呼び方を変えましょう。「敬語」と「タメ語」と言う感じではないですが、それに近い部分です。

具体的には「〇〇さん」から「〇〇くん」に変えるだけです。これだけで、めちゃ距離感が更に縮まった感じがします。「さん付け」だと、お客さんって感じだけど、「くん付け」だと男性は「単なるお客さんと言う壁は超えた気がする」と感じます。

苗字で呼んでいる場合は使いにくいテクニックですので、相手の呼び方はなるべく下の名前を聞いていた方が良いでしょう。30代、40代あたりには顕著に使えます。「さん付け」は外せない、50代、60代に対してや苗字呼びの人に対しては崩してあだ名風にすると良いでしょう。

こういう感じで「敬語」と「タメ語」の使い分け、使うタイミングによって距離感の縮まり方は変わります。距離感が縮まれば、パパからのオファーは増える傾向が強いし、定期になれる可能性も高くなります。そうなると稼ぎも多くなるので、このテクニックは絶対に覚えておきましょう。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら