パパ活コラム

パパ活ついでに婚活はあり?結婚の為に狙うべき男性の5つの特徴

女性がパパ活ついでに婚活ってあり?結婚の為に狙うべき男性の特徴

パパ活でお金は稼ぎたいけど、せっかく高収入の男性と出会えるので、ついでに婚活としても考えて男性にアプローチするのはありなのか?

パパ活をやっている男性で結婚可能な男性の特徴を5つ紹介します。結婚相手もついでに見つかれば良いなと思っている女性はぜひ参考にして下さい。

パパ活女子とパパ側の男性が結婚する事ってある?

パパ活で婚活から結婚

パパ活は割り切ってお付き合いする関係なので、恋愛関係には発展しないと思っている人もいると思いますが、男女のお付き合いなので、どちらかが本気になる事は多々あります。

その中でパパ活と言う関係から、恋人へ発展する人も少なくありません。ですので、その延長線上で結婚と言う事があってもおかしくないと思います。

キャバクラなど夜の世界でも、初めはお客さんだったとして、恋愛に発展している人は山ほどいるし、お客さんと結婚したと言う女性もめちゃくちゃ多いです。

ただ、パパ活の場合は男性側は既婚者の場合が多いので、そこはキャバクラよりも婚活はやりにくいと思います。

しかし、ある程度お金に余裕がある人が集まっているので、パパ活ついでに婚活したいと考える女性もいると思います。そういう女性は、パパ活で結婚の為に狙うべき男性の特徴を覚えておきましょう。

パパ活で結婚の為に狙うべき男性の5つの特徴

1.独身

保護欲、庇護欲が強い男性の特徴

当たり前ですが既婚者パパや家庭があるので、独身に限ります。既婚者パパが別れるのを待つなんて事をやっていると、結婚できずに愛人として一生を過ごす羽目になります。

独身を装って遊んでいる男性もいるので、ここの見極めはちゃんとやっておいた方が良いです。

独身パパと既婚パパの見分け方としては以下。

  • 連絡の曜日や時間に制限が無い
  • 週末や休日もデート可能
  • お泊りデート可能
  • GW・お盆・クリスマス・年末年始もデート可能

「俺、独身だよ」と言っている上で、上記の様な事が当てはまるなら真実の可能性は高いです。

相手の男性を好きになっちゃって本気になったけど、本当に独身なのかどうか、フリーなのかどうかを確かめたいなら上記の様な状況を頻繁に作ればOKです。

2.30代~40代のパパ

パパ活を成功させる女性が使う男性の保護欲、庇護欲を掻き立てる方法

パパ活の男性の年齢層は30代後半~50代がメイン層です。なので30代後半~40代辺りの男性を狙うと、独身で結婚可能な男性に当たる確率が高くなります。

勿論、50代や60代でも独身でパパ活やっている人はいるので、そこを攻めるのも良いですが、直ぐに介護をと言う事にもなりかねないので、そういう部分は覚悟が必要です。

パパ活は若い世代を狙うと、お金も持っているのでリアルでもモテている可能性がある。しかしパパ活をやっていると言う事は、特定の彼女は面倒だと思っている人が多い。

女性と楽しい時間は持ちたいし、結婚し家庭を守る為の財力もあるけど、特定を作らないと言う人は、もっと深い部分を見れば攻略できる可能性が出てきます。

3.結婚願望0ではない

パパ活で出会って結婚

30代~40代になっても特定の相手を作らないで、独身生活を謳歌しているタイプには幾つかありますが、その中でもある程度お金に余裕がある男性がパパ活をやっているので、経済力が問題で結婚できない人ではありません。

なので、それ以外に何かの理由があって結婚していません。

理由として以下は結婚願望0、もしくは限りなく0に近いので、相手にしていても永遠に結婚は出来ないので、この手のタイプは避けましょう。

  • 結婚に何のメリットを感じない
  • 結婚に幸せを感じない

逆に結婚していないが願望は0じゃないから攻略可能な男性は以下です。

  • 彼女を作ると義務的な付き合いになり面倒
  • 自分の時間が無くなりそうで嫌
  • 仕事を第1にしたいから固定は面倒
  • これまで仕事ばかりの生活で婚期を逃した
  • 仕事ばかりで恋愛は我慢と考えている
  • 結婚は良いけど、そこまでの流れが面倒
  • 結婚したいと思うくらいの人と付き合いたい

これらのタイプなら、その人が結婚しない理由を解消すれば前向きになります。

義務的な感じが嫌、自分の時間が欲しい

義務的な感じや自分の時間が…と考えるタイプには、絶対に予定をごり押ししないし、会えない日の事や寂しい気持ちを前面に出さない事が大切。「私も1人の時間が大切だから」と共感し、お互いにそういう時間を持てるような印象を出すと良い。

仕事第1にしたい

仕事を第1にしたいタイプには、絶対に仕事に干渉しない事。例え大切な予定を入れたいと思っても、相手が前もって◯日は仕事で会えないと言うなら「お仕事頑張って!」と笑顔で言える様なタイプじゃないと無理でしょう。

婚期を逃した

婚期を逃したタイプは恋愛モードに入れない状態になってしまっているので、この手のタイプは積極的にアプローチOKです。恋愛に対しては優柔不安で決断力を失っているかもしれないので、それを許容して少しずつでも前に進めて行ければ、「婚期逃した自分何かに…」と思って凄く大切にしてくれるかも知れません。

恋愛は我慢

恋愛は我慢と考えている人は、かなり稼いでいたとしても仕事に対して不安がある人。責任感が強く、「もし恋愛・結婚となったら、自分の仕事が上手く行かなくなった時に…」なんて考える人も多いので、「いざと言う時は私が働きに出れば生活はやっていけるし大丈夫よ」なんて言えば、安心するし、更に頑張ろうとも思うタイプ。

結婚関連の事が面倒

結婚は良いけど、それまでが面倒なタイプは意外と多い。歳を取るとしがらみも増えるので、「披露宴や結婚式を挙げたくない」と言う人は多い。親族一同を集めてと言うのも敬遠する人も多いから、その辺りは相手の希望に合わせると結婚はOKと言う人は多い。

本気の人だけに

年を取ると色々な人を試すのが面倒になって来る人も多い。恋愛って楽しいけどかなりのパワーを使うから結婚したいと思えるくらい本気になれる人にしかアンテナが動かないという事もあります。この手のタイプは遊んでそうで、実際は恋愛に対して真面目過ぎるくらいの人なので、「私も貴方しか見えません!」くらいに一途にアピールしていくと良い。

4.定期で遊ぶタイプの男性

出会い、デート

パパ活では沢山の女性をピックアップできるので、都度でガンガン遊ぶ人は多い。そういう人よりは、少数と定期や長期でジックリお付き合いできる方が恋愛には向いている。

「特定の子はあまり作らないようしている」と言う男性より、「沢山より、仲の良い子と長くの方が気楽で良いかな」と言う男性の方が良い。

定期にすると言う事は自分の物にしておきたいと言う独占欲があるので、結婚に向いています。その上で不特定多数と遊んでいなければ、1人の特定の人を愛し続ける事が可能なタイプになる可能性があります。

5.家庭に対して真面目な考えを持っている

パパ活で「良パパ」の可能性がある男性の特徴と見分け方

家庭と言う物に対して真面目な考えを持っている、責任感が強いタイプだと、結婚と言う事を重く考えるので、例えば仕事が忙しいタイプだと、家庭に尽くす時間が無いとし、パパ活で遊んでいる人もいます。

更に、その手前で、恋愛すると結婚を考えてしまうので、恋愛すらお休みしていると言う男性もいます。私の経営者仲間の後輩にも何人かこの手のタイプはいます。

こういう男性達は真面目に考えすぎているからこそ、一歩目すら踏み出さない様にしているだけなので、そこの考えに合致した子がいれば、意外と簡単に落ちます。

出会いのキッカケとして「パパ活」となると、周りに言いにくいでしょうし、こういう出会いから本気の恋愛に発展するのは気持ちが引ける人も多いでしょう。

ただ、ネットの出会いや、水商売での出会いなどは、大人同士の出会いではトップ近くにランクインしているので、引け目を感じる必要はありません。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら