• パパ活の相場などお金事情
  • パパ活の相場などお金事情についてまとめています。パパになりたいが予算はどの程度?気になるお手当、都度払う、月極、月収、月額、値段、ギャラ飲みの価格、時給、税金、都道府県別、地方の相場など、パパ活に関するお金の実態についてはこちらをご覧下さい。
パパ活の相場はいくら?お手当は都度か月極(月収)等お金まとめ

パパ活お手当の相場とは?都度or月極・税金等お金関連まとめ

パパ活はお金を貰って、男性と食事やお酒を楽しんだり、買い物やドライブ、旅行などのお出掛けなどデートする事です。一昔前まで援助交際(援交)が主流でしたが、パパ活は体の関係なしで楽しむ事が基本的な前提になっています。実態としては多くの関係では、援交と同様に実際には体の関係込みになっています。

では実際にパパ活を始め様と思った時、パパ側も女性側も、お手当として報酬を幾らに設定するべきか、平均的な相場は幾らか、都道府県など地域によっての差はあるのか、支払い形式をどの様にするかと言うのが気になる部分です。

今回はパパ活のお金についてまとめていきます。

目次

パパ活のお手当・お金、その意味とは?

パパ活のお手当とは?

パパ活のお手当とは、男性とデートした対価・報酬として貰えるお金です。1時間デートしてくれたら幾ら、1回デートに付き合ってくれたら幾らと言う感じでパパと交渉して決めます。お手当は純粋な報酬であり、これ以外にデートに掛かるお金、例えば食事代や買い物代などは別でパパが持ちます。

体の関係込みか、プチかなどでも相場はやや変わって来るので、始める前に相場を知っておきましょう。

 

パパ活でお手当としてお金を渡したり、貰うのは違法?

お金、お札と硬貨

例え、体の関係アリだったとしても、違法ではありません。売春は管理売春を取り締まる法律であり、自分の意思と反して売春させられる女性を保護する為の法律です。ですので、買った側も裁かれる事はありません。

18歳未満に対して金品を引き換えに、デートをして貰うのは条例違反になる可能性が高いので、違法になる可能性が高いです。また親御さんから誘拐だと被害届を出される可能性もあります。18歳未満がパパ活をやっても違法にはなりませんが、警察の補導の対象になっており、SNSではサイポリの監視が強化されています。パパ活サイトなどに嘘の身分証を提出して年齢認証した場合は違法になります。

また、パパに貰ったお金が年間110万円を超えると贈与税が発生するので、確定申告し納税しなければ、脱税で違法になります。この部分については、この記事の最下部に詳細を書いています。

 

パパ活のお手当相場、お金は価格破壊、下落傾向にある?

下落

パパ活の相場は下落傾向にありますが、ここ最近はやや下げ止まった感じです。理由は、通常の出会い市場は男性過多なので、女性が入れ食い状態ですが、パパ活市場は女性過多で、男性が入れ食い状態です。

ですので、パパは相手を見つけやすいし、選びたい放題ですが、女性からすれば相手を見つけにくい状態です。それによって、パパは交渉をし易く、パパ活女子は値下げしてでもパパを見つけないといけなかったからです。

しかし限度はあるので、最近は下げ止まっている感じで、価格崩壊は起こっていません。一昔前までがバブル状態だっただけです。定期を4人くらい作れば月収100万超も可能ですし、都度で週2くらいやっても月収20万~30万近く稼げます。

POINT今でも現金手渡しなので即金になるし、1日数万、月に100万以上稼ぐ事も可能なので、お手当が下落したと言っても、高収入にはなります。

 

パパ活の交通費やタクシー代とお手当は別?

タクシー

何回目のデートかによります。1回目だと、顔合わせだけの場合があり、その場合はお手当無し交通費だけとなります。2回目以降は、太パパだと、お手当とは別に交通費もくれる場合がありますが、多くの男性は交通費込みのお手当となるので、それを見越して交渉しておいた方が良いでしょう。ここに関しては1回1万と交通費5千円欲しいという感じで伝えれば、それでOKという意男性は多いです。

相場は3千円~5千円程度ですが、太パパなら1万円、ケチな男性なら千円程度の場合もあります。デートする場所までが遠い場合は、それを伝えておけば、それに応じた交通費は出して貰える事は多いです。

 

パパ活の平均的な相場って幾らぐらいか?

パパ活の平均的な相場って幾らぐらいか?

パパ活の報酬である、お手当の相場は付き合いの内容によって変わってきます。また、パパと女性との交渉次第で上がったりも下がったりもしますが、目安として最初の段階で男女共に提示する事が多い平均値を掲載します。女性の質によって値段の揺らぎがあります。

初回顔合わせのみ、交通費の相場

3千円~5千円程度。顔合わせしてタイプじゃ無い場合、即NGを出した場合は、パパ側が「交通費も無しで」、パパ活女子側が「交通費は要らない」と、会う前に決めておく場合も多いです。

ランチやディナーなど食事だけ、ショッピングだけのデートの相場

5千円~1万円、太パパなら2~3万円程度。

2回目以降のデートの相場

多くは1回目と変わりはありません。1回目はあくまでお試しで、実際に顔合わせしデートまでしてみて、良い感じなら、増額もあり得ます。

プチアリの場合の相場

1万円~1万5千円、太パパなら2万円程度、デート代に加算されます。

大人の関係、体の関係、ドカタアリの相場

2万円~3万円、太パパなら3~5万円程度、デート代に加算されます。

お泊りで旅行などの相場

パパから誘った場合は1泊2日:10万円前後、2泊3日:13万円前後、3泊4日:15万円前後。パパ活女子から連れて行って欲しいとお願いした場合は何泊でも:5~10万円前後。もちろん体の関係も込みです。体なしなら半値くらいを相場と思っておきましょう。

平均収入、時間(時給)、月極・長期(月収)の相場

時給:2000円~5000円、太パパなら1万円程度(女性のレベルによって上下します)。

月収:20万~30万円程度(週に2回の場合、会う回数や女性のレベルによる)、太パパなら30万以上と言う感じです。時間が長くなれば1時間当たりはやや安めに、月極になれば更に安くなる場合もありますが安定します。パパの数を増やしたり会う回数を増やせば、月収は増えます。それにより月収100万超の女性もかなりいます。

パパ側はこれらのお手当の他に、デート代(デート中の移動費、飲食代、ホテル代、旅行代、買い物代)なども払います。太パパだとデートに来る時と帰る時の足代(タクシー代)として、お手当とは別に5千円~1万円払う人もいます。

女性をランク分けして顔もスタイルも抜群の上位ランクの高い美女だと、これらに加えてプラス5千円~1万円くらいは貰えます。このクラスの女性が複数のパパを見つけるだけで月に数百万稼げます。複数のパパがいると、スケジュールの管理が難しくなるのと、スケジュールの組み具合で空きが多くなると稼ぎがかなり減るのが理由で月極にしてくれるパパを探す女性が多いです。

POINT殆どの男性は何らかの関係を求めるので、そこを上手くどう転がすかが稼げるポイントになってきます。しかしながら、9割9分の女性は何らかの関係を持っています。そういう事もあり、定期で決まった男性にしたいと言う女性が多いです。

お金持ちや太パパを見つける方法は以下の記事を参考にして下さい。

 

パパ活の相場ってえぐい?

パパ活で貰ったお金はいつ確認すべき?

可愛い子が揃っているクラブ、キャバクラ、スナック等に行ったら、ボトルキープはあったとしても、チャージ代、女の子の飲み代等で、1万~2万くらいはいきます。その2~3時間での金額と、パパ活のお手当を比べてみると、大してえぐいとは思いません。

一般女性とデートしても男性はデート代を奢る人が殆どです。それに加えて、プレゼントでも買ってあげたと思えば、大した額でもありません。考え方1つだと思いますが、1回数万で、自分好みのめちゃ可愛い子とデートして、Hまでと考えると安いと思います。

 

 

パパ活の都道府県別、地域別の平均相場とは?

パパ活の都道府県別、地域別の相場とは?

パパ活の都道府県別、地域別の相場があるのかと言えば、明確には存在しません。最低賃金の様に明確ではありませんが、多少の差はあります。ただ、あくまで上限の目安の割合であって、下限はどの地域でも殆ど変わりません。

東京都、大阪府のお手当の相場

大都市は先ほどの平均値くらいの相場。大都市とかなり近い都市、神奈川、千葉、埼玉などの東京寄りエリア、神戸の大阪寄りエリアは同等くらいです。

札幌市、名古屋市、京都市、仙台市、福岡市などの地方都市の相場

地方都市でも地域の中心都市は大都市と同等、もしくは1割程度安いくらい。大都市に近い県も同じくらいです。

新潟市、浜松市、北九州市、熊本市などの他の地方都市の相場

その他の政令指定都市は大都市から1割~2割安いくらいです。

その他の田舎の地域

パパが見つかりにくいので、大都市から2割安いくらいです。

POINT大都市では大阪より東京の方が高く、太パパも見つかり易い。地方都市では愛知と福岡は安め、北海道は更に安めの印象です。これらの周辺地域は、その都市部に近い設定、やや落とした設定になっている事が多いです。

 

パパ活の年齢、年代別の平均相場とは?

パパ活の年齢、年代別の平均相場とは?

パパ活の相場は女性側の年齢でも変わってきます。勿論、その女性の顔やスタイルのレベルでも大きく変わるので、あくまで目安として平均的な相場を覚えておきましょう。こちらも上限の目安の割合であって、下限はどの世代でも殆ど変わりません。

10代(18~19歳):20代前半より1割程度安い

18歳~20代前半:先に述べた通りの平均相場

20代後半~30代前半:20代前半より1割程度安い

30代後半:20代前半より1割5分程度安い

40代前半:20代前半より2割程度安い

10代だと交渉段階で大きな金額を求めない女性も多いので安くなり易い。18歳~20代中盤までの女性が1番需要が高く、40代後半からは需要が無くなるので段々と相場は下がっていく。

POINT年齢はあまり気にする必要はありません。重要視されるのは年齢より外見です。外見が良い人は年齢関係なく、20代前半と同等に貰える事が多いです。

 

高校生のパパ活相場、お手当の平均は?

高校生

パパ活したい高校生、高校生とパパ活したい大人、双方いるみたいですが、平均的な相場は18歳くらいの女性と変わりません。

しかし、明確に言っておきますが、大人は犯罪者になる前に絶対に自分でストップを掛けましょう。体の関係は一切持たず、食事デートだけなら問題無いと思う人もいる様ですが、金品を引き換えにデートとなると条例に引っ掛かるので、逮捕されます。下手したら、高校生の親に誘拐として警察に被害届を出されるかも知れません。家族、友人、仕事など、色々な物を無くします。

また高校生も、パパ活は補導の対象となっているので、止めましょう。目の前のたった数万円の為に、将来幸せになるはずだった人生のレールを踏み外すなど勿体ないです。パパ活サイトや出会い系は18歳未満は使えないので、何らかの誤魔化しをし使った場合は違法になるし、SNSではサイポリの監視はかなり強化されているので、どうしてもしたいなら18歳以上になり高校を卒業してからにしましょう。

POINT大人も高校生も、たった1度の過ちで人生が終わってしまいます。大人は大人と楽しみ、高校生は大人になってから楽しみましょう。

 

パパ活では値段交渉はするべき?

パパ活では値段交渉はするべき?

パパ活を始める時は、必ずパパ側も、女性側も値段交渉はすべきです。1回限りのお試しと思っていても、良い相手だった場合は、その後も続く可能性があります。続く場合は最初の金額と同額になるパターンが多いので、どちら側も納得できる金額に最初の段階から交渉し決めておくべきです。

付き合いを繰り返している途中に、女性側が増額を要求したり、何らかの理由で更に支援を求めたりすると、別れるパターンになり易いです。お金の切れ目が縁の切れ目と言いますが、女性側からすればパパのお金が無くなれば付き合う必要無し、パパ側からすればあまりにお金を要求してくるなら別の子にすれば良いとなります。

パパのお財布の状況や、貴方の楽しませ方に対するパパの満足感などを見て、交渉できると思う場合と、増額されないなら切っても良いパパに対しては途中でも交渉はOKだと思います。

POINT平均相場はありますが、パパによって、女性によってまちまちなので、会う前はザックリとした値段の提示にして、実際に顔合わせしてから詳細を詰めましょう。平均相場をあまりに逸脱すると、男性は別の女性を探すので気を付けましょう。

 

パパ活のお手当の渡し方、お金を渡すタイミング、貰うタイミング

お金、硬貨

お手当となるお金と交通費は、先払いが基本です。また振り込みではなく、現金払いが基本ですが、月極の場合だけは月初に先払いで振り込みなどもでも良いです。現金で渡す場合は、できれば裸銭ではなく、封筒に入れて渡してあげましょう。

女性側は貰ったらきちんとお礼を言って、更に初回はちゃんと入れてくれているか心配になると思うので、先に「すみませんが、確認して良いですか?」と断って確認しましょう。男性も信頼して貰う為にも、そういう確認に嫌な顔をしない様にしましょう。

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

 

パパからのお手当が少ない、貰えない、くれない場合

パパ活のお金はどちらで貰う?現金か振り込み、先払いか後払い

決めていた金額より少なかった、お手当が貰えないまま逃げられた等、お金に関するトラブルは多いです。これを弁護士や、警察に相談しても、法律で裁けないので、動いてくれません。ただ、何度も計画的に行っている男性の場合にのみ、詐欺罪になる可能性はあります。これと逆に、お金を払ったけど逃げられたと言う場合も同じです。

POINTこういうトラブルにならない様に、お手当は先払い、信頼できる様になるまでは先に中身を確認しましょう。

 

パパ活女子がよくなかったので、お手当を払わない、減額、お金を返せはあり?

お手当や条件などお金の話を自分から振るべき?

先ず、見た目が写真と印象が違ったので、お断りしたい場合は、交通費を渡すか、何も渡さないかです。しかし、それでもデートをしたなら、デート代は減額せずに払いましょう。デートした上で、お手当を払わないのはルール違反です。SNSなどに晒されるリスクも出てきます。

また、外見は気に入ったのでデートしたら、デート中の態度がよくなかったので、減額したり、お金を返せと言うのも無しです。キャバクラで、入って酒飲んで、接客受けたけど、タイプの子が見つからなかったから、お金返せは無理なのと一緒です。

POINTデート中、無視したり、あまりに酷い態度の場合は、それは接客としてあり得ないので、文句言ったり、減額したりしても良いですが、その子とは2度目は無いし、下手したらSNSに晒される事もあるので、それを覚悟で言いましょう。

 

女性がプロフィールにお金やお手当の条件を書くのはあり?

プロフィール内容に惹かれない

プロフィールや掲示板などに、条件を書き込むのはパパ活を禁止している出会い系サイトは勿論、パパ活サイトでも規約でNGとなっているので、止めておきましょう。しかし、それに縛られないSNSでは堂々と条件を書き込んでいる女性がいますが、これもパパ目線から言えば、絶対にすべきではありません。

パパは一般女性が良いから、プロじゃなく素人とお付き合いを楽しもうとしています。ですので、条件設定や事細かく値段設定がある様な、風俗嬢に魅力は感じません。そういうのに興味があるのは、とにかくヤリたいだけの人なので、定期のパパになる可能性は低いです。またヤリ逃げタイプの男性を捕まえる事も多いです。

POINTパパ活サイトやデートクラブなら、パパ活前提なので、わざわざ条件を最初から提示していなくても、男性もそのつもりなので、マッチングしてメッセージの交換が始まった後に、その話を出せば良いだけです。

 

パパ活女子は個人事業主?確定申告し税金(所得税、贈与税)を納める必要がある?

パパ活で稼いだお金は確定申告し税金を納める必要がある?贈与税を納める必要は?

一定額以上お金を稼いだり貰ったりすれば、税金を納めなければいけません。それはパパ活でも同じです。

所得税

パパ活を事業として継続して行っている場合は所得税の支払いが必要です。(が、事業としてみられる事はほぼ無いと思います。)

課税される所得金額、税率、控除額
195万円以下:5% 0円
195万円を超え:330万円以下 10%:97,500円
330万円を超え:695万円以下 20%:427,500円
695万円を超え:900万円以下 23%:636,000円
900万円を超え:1,800万円以下 33%:1,536,000円
1,800万円を超え:4,000万円以下 40%:2,796,000円
4,000万円超:45%:4,796,000円

総所得から、その事業に掛かった経費、各種控除を差し引いた額が課税される所得金額です。これで幾ら払う必要があるかが決まります。またそれに対して、市県民税も掛かってきますし、国民健康保険料なども変わってきます。

 

贈与税

贈与税は基礎控除額が110万円あるので、110万円までは無税です。これを超えた額に対して課税されます。事業として継続的に行っていなくても、他人からお金を貰ったら納めないといけない税金です。

基礎控除後の課税価格:税率:控除額
200万円以下:10%
300万円以下:15%:10万円
400万円以下:20%:25万円
600万円以下:30%:65万円
1000万円以下:40%:125万円
1500万円以下:45%:175万円
3000万円以下:50%:250万円
3000万円超:55%:400万円

お金だけではなく、高額のプレゼントなども貰った金額に入ります。例えば月に60万円、年720万円貰ったなら、720万円から控除125万円を引いた、595万円の40%、238万円が税額となります。めちゃめちゃ高く感じると思いますが、普通の仕事をやっている人達も同じ額を仕事で稼いだなら、所得税+住民税は基礎控除だけの控除をすると、216万円くらいになるので、あまり変わりません。

1人から110万円以上貰った場合、110人から1万円ずつトータル110万円以上貰った場合、どちらも贈与税は払わないといけません。また、振り込み、LINEPayを使ったから、税金が発生しないなどと言う事もありません。

POINTバレないと思っていても、バレた時が怖い脱税。国民の義務ですから所得があるなら納税は必要です。脱税が発覚した場合は、本来収めるべき税金に加えて加算税、延滞税なども収める必要がある場合があり、そうなった場合は破産する人もいるので注意が必要です。

パパ活に関するお金まとめでした。男女どちらも楽しいと思える範囲にしておきましょう。

関連記事一覧