パパ活募集おすすめサイトやアプリ

「貧乏じゃない?」パパ活でお手当を値切る男性への女性の本音まとめ

お手当交渉で値切る

パパ活はお店を通さず個人間でのやり取りになるので、先ずはお手当交渉から始まる事になりますが、お手当の相場はある程度決まっています。しかし、少しでもケチりたい男性は、相場よりもかなり安くお手当を値切る人もいる様です。

そういう男性に対して、女性側のパパ活女子が思っている本音をまとめてみました。男性はお手当交渉の際の参考にしましょう。

最期の人が言っていますが、身の丈に合った場所で遊ぶと言うのは大切ですよね。お金持ちがパパ活を楽しめるのではなく、パパ活に使えるお金が多い人が楽しめるので、月に2万円しか使えないなら、相席居酒屋でも行って遊んでいた方が良い。

相場はある程度決まっているので、男性側が下げようとしたり、女性側が上げようとすると、それだけで交渉はまとまりません。

「デート代に2万円払うのは良いけど、更にお手当で2万円は無理」なんて言っている男性は、そもそもパパ活をするべきじゃないです。「初回から2万円でやらせろ」なんて言っている人は、素直に風俗に行ってれば良い。

私も飲み屋に行く時は、高級クラブで一晩に何十万も毎回使っていられないので、数時間居て10万円内で済むようなお店に行きます。高級クラブに行って「10万円にしろ」なんてダサい事はしません。

めちゃくちゃ回数通っているなら、「たまには安く」は良いでしょうけど、単発でそれやるくらいなら、身の丈にあったお店の方が気楽で楽しいでしょうし、お店やお姉ちゃんから「なんやコイツ」と思われながら、哀れに飲まなくて済むし。

パパ活でも同じで、都度で値切る男ってそんな程度にしか見られません。定期にしたり、都度でも頻繁に会っている様な相手に対して「今後も続けたいけど、ちょっとキツイから少し下げても良い?」と言う交渉くらいはありだと思います。

ただ、男性側が持ち掛ける値下げ交渉、女性側が持ち掛ける値上げ交渉は、お別れの大きな理由になる事だけは覚悟しておきましょう。

余程、相手に対して「良い相手」だと思わせていれば、値下げも値上げも交渉が上手くいく事はあるので、そこまでのお付き合いの内容は大切です。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら