パパ活募集おすすめサイトやアプリ

ペイターズのホワイトチェッカーなら地雷で危険人物が分かるから安心

パパ活で男性側が注意すべき危険事物や要注意人物の特徴と見分け方

パパ活アプリ最大手のペイターズのホワイトチェッカーは、地雷の可能性が高い危険人物がプロフィールを見ると分かる様になっています。

パパ活目的ではなく、他サイトやネットワークビジネス勧誘、詐欺、援デリ業者、ドタキャンが多い、ストーカー行為をしたなどを会う前に調べられるので、ぜひこの機能は使いましょう。

ペイターズのホワイトチェッカー機能で地雷を避けよう

ペイターズ、イエローカード

男女共にプロフィールを見ていると、こんな感じでイエローカードを受けている人がたまにいると思います。ここに書いてある通り「違反等」と言う事で、異性側のユーザーから多くの違反通報を受けた場合に、警告として異性側に知らせる様になっています。

ここまでなると、ほぼ100%避けられるので、オファーは来ないし、いいねやメッセージを入れても帰って来ないと言う状態になるでしょう。

では、この人はどういう違反をしたのかというと、プロフィールの更に下にホワイトチェッカーというボタンを押す事で確認可能です。これには15ポイントが必要になります。1度確認すると継続して1週間は追加ポイントは不要のまま確認可能です。

では実際に見てみましょう。

ペイターズホワイトチェッカー

こんな感じで、この女性の違反として他のユーザーから通報を受けた件数は「他サイトやビジネスへの勧誘5回」「詐欺行為2回」「商売利用目的1回」「その他」となっており、パパ活目的ではなく、単に悪質営業ツールとして使っているゴリゴリの悪質ユーザーだと分かります。

これ以外にも項目は「プロフィール項目の詐称」「偽アカウント」「不適切な内容」「無断のドタキャン」「メッセージが攻撃的」「ストーカー行為」「卑猥な言動」「個人情報交換後に連濁が途絶えた」「窃盗行為」となっています。

例えば、きちんと連絡を入れてドタキャンしたならアプリ的には悪質とは言わないが、無断のドタキャンはダメだと言う事も分かります。

ペイターズ違反報告

ペイターズの違反報告は、報告したい相手のプロフィールを開き、右上の三点リーダーをタップ、違反報告をするから行えます。それをタップすると上記の様な項目が出て来るので、合致する違反項目を選び報告しましょう。

自動的に反映されるのではなく、報告内容を運営側が確認した上で反映されるかどうかとなっている様なので、例えば、相手が気に入らないからと言うだけで適当に違反報告しまくったら、その行為自体が迷惑行為になり運営側から制裁をくらう可能性があるので、そういう報告は止めておきましょう。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋で、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しています。コンサルの仕事を通じで昔はネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
パパ活は絶対ココ!おすすめパパ活アプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役パパの私が実際に使い倒した上で選んでいます。

パパ活を始める人は、絶対に参考にして欲しい、おすすめパパ活アプリランキング。使うサイトやアプリを間違うだけで、相手を見つけるのは大変だし、質の悪い相手を掴むリスクも高くなるので、注意が必要です。

ランキングはこちら