• パパ活の実態や体験談
  • パパ活の実態や体験談についてまとめています。パパ活する男性側のパパ目線、援助を受ける女性目線、両方の目線からパパ活の実態に迫っています。実際はどういう付き合いがされているのか?援交との違いとは?体の関係や大人の関係はあるのか?気になる人は先ずはこちらをチェック
パトロンとパパ活の違いとは?パトロンへ見返りに肉体関係を持つ事はあるか?

パトロンとパパ活の違いとは?パトロンへ見返りに肉体関係を持つ事はあるか?

支援や援助を行ってくれる相手の事をパトロンと言いますが、パトロンとは実際にはどういう関係性の事を言うのか、見返りに肉体関係を持つ事はあるのか?パパ活のパパとの違いは何なのかなど、パトロンの詳細やパパ活との違いについて解説します。

パトロンとは?

パトロンと聞くと、女性芸能人がお金を援助してくれる人に対して使っているイメージからか、愛人や援助交際相手の様に思われる事が多いです。しかし、本来は画家や音楽家などの芸術家の創作活動や、若手の経営者のビジネスを支援する人の事を指します。

お金だけではなく、人脈やノウハウなどを提供し、活動をバックアップする事もあります。

「パトロン≒パパ活≒援助交際≒愛人」の様になっている現代の日本では、本来の意味としてイメージしやすいのは「パトロン≒クラウドファンディング」の方がイメージが近いと思います。純粋に支援や援助してくれる人を募り、それに応じた人がパトロンです。

 

パトロンからの援助や支援に対して見返りは必要?肉体関係はあるか?

パトロンからの援助や支援に対して見返りは必要?肉体関係はあるか?

本来のパトロンの意味で言えば、純粋な支援者であり、見返りを求めないからパトロンなので、見返りは必要ありませんし、肉体関係を求められる事もありません。

先々に金銭的な見返りを期待して支援や援助を行う場合は「投資」になるので、これもパトロンではありません。

多くの人は「見返りもなく支援してくれるなんて嘘だろ」と考えてしまいますが、お金に余裕がある人は、自分が感銘を受けた芸術家を支援してあげたいと思ったり、素晴らしいアイデアだと思ったビジネスに対して援助してあげたいと思う人もいるのです。

日本では大相撲で各力士の後援会会長などがパトロンとして、様々な援助をしますが、それは見返りを期待してではなく、純粋に応援したいと思ってやっている人が多いのと同じです。

 

パパ活のパパとパトロンの違いとは?

パパ活のパパとパトロンの違いとは?

パパ活の場合は「肉体関係なし、お金に困っている女性に援助してあげる代わりに、デートに付き合ってもらう」と言う基本的な形がありますが、複数回デートしていると、多くの場合で何らかの関係を持つので、「パパ活≒援助交際≒愛人」と言った感じです。

そしてパトロンと言う言葉も、それと同様の意味で使われる事が多いので、現代の日本では「パトロン≒パパ活≒援助交際≒愛人」と言って良いでしょう。「パパ募集」≒「パトロン募集」は同じ意味だと思って良いです。募集している女性側は同じ意味で使っているので問題ありません。

パパ活でも太パパに巡り合えば、もし自分が何か追い求めている夢があったり、ビジネスを始めたい場合は、金銭的には勿論、人脈作りにも力を貸してくれる人はいます。私も何人かの女性の創業をサポートしたので、珍しい事ではないと思います。今でもたまに会いますが、彼女も稼げる様になったので、デート代は勿論持ちますが、お手当は必要なしになりました。

単に若い子とデートしてエッチしてと言うのではなく、そうやって将来性がある子は伸ばしてあげるのも、パパ活の楽しみではあります。まあ、やる事はやっているんですが。

 

パトロンはどこで見つかる?

パトロンはどこで見つかる?

富裕層が集まるパーティー、富裕層が来るクラブなんかで見つけるのが一般的でしたが、現在は様々なサービスがあるので、一般女性はチャンスは広がっていると思います。一般女性でも出会える場としては先ずは「高級交際クラブ」です。交際クラブは登録や利用料で多額の料金が掛かるので、その段階である程度お金に余裕がある人しか使っていません。

男女ともに入会するにあたって面接が必要なので、おかしな人も登録できないので安心感が高いです。女性は必要が掛からないし、手間が掛かりますが太パパを見つけるなら「ユニバース倶楽部」など高級交際クラブがお勧めです。

ネットで気軽に見つけたいと思うならパパ活専用サイト「ペイターズ」です。ここはパパ活専門サイトの中では最大手なので、人も多く出会いも直ぐに見つかります。交際クラブと比べると玉石混淆な所はありますが、それでもSNSや出会い系などで見つけるよりは圧倒的に良いです。

私はこの2つで見つけた女性に対してビジネス面の支援をしてあげた事はあります。私以外にもいろいろと、同じような男性はいらっしゃると思うので、パトロンが欲しいと言う女性は、この2つを先ずは使ってみると良いでしょう。

関連記事一覧