パパ活の相場、お金事情

パパ活のお金「現金か振り込み、先払いか後払い」どちらにすべき?

パパ活のお金はどちらで貰う?現金か振り込み、先払いか後払い

パパ活では交通費やデートのお手当として、男性からお金を貰う事になるが、その際のお金は現金で貰うか、振り込みで貰うか、先払いなのか、後払いなのか、どちらを選ぶかでリスクや危険性が高くなる事もあるので、始める前にきちんと把握しておきましょう。

また、男性側も先払いして逃げられた事があるから、どうにか後払いにしたいと思う人もいると思います。そういう人に向けた良い方法も紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

パパ活のお手当は現金で先払い一択

札束のお金

パパ活をやっていると男性側から「お手当は帰る時に渡す感じで良いですか?」「会社の経費で落とすから月末にまとめて振り込むけど、それで良い?」等と、後払いや振り込みをお願いされる事があります。

しかし、それが実際に貰えるという確証は無いので、お手当は現金かつ先払いで必ず貰う様にしましょう。

後払いを提案する男性は詐欺師が多い

実際に後払いを提示された男性とデートしていたら、食事が終わってトイレに行ったら、その間に男性がいなくなり食事代まで持たされたと言う食い逃げ被害に遭った女性は少なくありません。

もっと多い被害としては体の関係込みのお付き合いで、終わった後にシャワーを浴びて出てきたら男性がいなかったり、ホテルの下で車に乗り込む時に自分だけ乗って走り去ったりと、ヤリ逃げ被害に遭う女性はかなり多い。

「女性に散々騙されたから、後払いで良い?ちゃんとお金はあるから」と封筒に入ったお札を見せ、それをロッカーに入れる。「このロッカーのキーを渡しておくから、終わったらここに取りに来たら良いでしょ?」と言われ、終わった後にロッカーを開けると空の封筒が入っていたなんて事件はニュースにもなりました。

稀に女性に逃げられた事があるから先払いは嫌だという男性がいますが、基本的に後払いの男性は危険だと思っていましょう。

お手当は現金で先払いが基本

マナーやルールとして、男性はお手当を待ち合わせ場所やそこから移動したお店で直ぐに先払いで渡してあげて下さい。

私の意見としては、パパ活をやっている男性は基本的には余裕がある男性なので、先払いして安心させてあげるべきです。パパ活市場は圧倒的に男性優位で、いくらでも女性は見つかるので、逃げられたら勉強代とし次に行きましょう。

女性側も逃げたい、でも稼ぎたいと言う気持ちがある事は分かりますが、逃げるとネットに晒されるリスクが高いし、初回の顔合わせだけで稼ぐのは限界があります。

大きく稼ぐ、安定して稼ぐ人は頑張って複数のパパを掛け持っていたり、定期にして貰っているので、初回荒らしの様な事はしていない事を学びましょう。

現金を裸銭で渡すと周りの目が気になる事も多いし、貰う女性側も「うわっ!」と思う事も多いので、きちんと封筒やポチ袋に入れて渡してあげて下さい。

女性もお店についても貰えない状態なら「すみませんが、お手当だけ先に頂いても良いでしょうか?」と言いましょう。

これで機嫌が悪くなる様な男性は他の部分でも地雷濃厚なので、今後のお付き合いは考えない方が良いでしょう。

振り込みにすると支店名などから、ある程度の住まいの地域を特定される事もあるので、そういう部分も気を付けましょう。

最近はウェブマネーで送受金もあり

現金を渡すのが気分的に乗らない、周りの目が気になるという場合は、スマホがあればリアルタイムで送受金できるウェブマネーで払うのもありです。

例えばLINE Payなら、殆どの人がLINEをインストールしていると思うので、Payの利用設定と男性はデポジットしておけば、待ち合わせ場所やお店などで直ぐに送金可能です。女性側もリアルタイムで入金を確認できるので便利です。

他にもPayPayや楽天Payでも同様にリアルタイムで送受金が可能となっています。

これなら周りからは2人がスマホ弄っているだけにしか見えないので、変な感じに見えません。ただ、銀行振り込みと同様に記録が残るので、税金面では気を付けないといけません。

使い方が分からない人は以下の記事を参考にして下さい。

パパ活で現金手渡しが嫌なら「LINE Pay」で支払うのもあり

女性に騙されたから後払いが良い時の対応

支払い

後払いは詐欺師が多いのは事実ですが、まともに払おうと思っている男性が提案して来る場合も少なからずあります。男性も、お金を渡した瞬間に逃げられたと言う被害に遭った人がいるからです。

先払いが不安な男性、後払いが不安な女性は以下の解決案を使いましょう。

解決案1 patoを使う

ネットの出会いでは個人対個人になるので、どういう人がいるか分かりません。男女共に疑心暗鬼になっては楽しい時間も楽しめない。

だから、送金と集金は間に入っているサービスに任せれば何ら問題ありません。

ギャラ飲みサービスで日本トップクラスの「pato」なら、男性がクレジットカードを登録し、実際にデートを開始する時と終わった時にサービスでボタンを押せば、その間で料金を精算しクレジットカードから引き落とす事になっています。

これなら男性側は後払い出来るし、女性側も取り損なう事もありません。

解決案2 ユニバース倶楽部を使う

ユニバース倶楽部は日本でもトップクラスの高級交際クラブです。パパ活と言う言葉を生み出したクラブでもあります。

ここに登録しデートするには男性は最低でも数万円の入会費、数万円の月会費、数万円のデートセッティング料が必要となっており、お金に余裕が無いと入会は厳しいサービスです。

ハイクラスの男性が選ばれた美女を目当てにお金は二の次で登録しており、たった数万円の為に逃げ出す様な男性はまずいません。

それから女性側も逃げたりすれば男性からクラブ側に報告され、クラブを強制退会させられたりするので逃げたりしません。

男女共に入会の際には運営スタッフの面談もあるので、変な人は登録できませんし、ここなら逃げられる心配は双方に無いでしょう。

男性のユニバース倶楽部登録はこちら
女性のユニバース倶楽部登録はこちら

解決案3 手付金を払う

男女共に悪質な人はいるので折衷案ですが、どうしてもと言う場合でどちらも話も進めたい場合は、1万円程度を提示したなら「では先に5千円、帰りに5千円でどうですか?」と提案するのも良いと思います。

そうすれば女性は逃げられても、確実に5千円は貰えるのでそこまで痛くは無いし、男性も5千円程度ならあまり痛くはないでしょう。

これくらいの金額の為に何度も逃げたりするリスクの方が明らかに大きいので、これなら逃げる様な人に捕まる可能性は低くなると思います。

解決案4 最初は軽いお喋り程度にしておく

初回はお試しで体の関係を持ったり、長時間のデートはしない様にしたら良いです。

パパ活の相場は大人の関係なら2~3万円、食事デートなら1万円前後です。この額で逃げられると流石に痛いと思うなら、初回は30分お茶でお試しデートをしたら良いでしょう。

それならお手当も交通費に毛が生えた程度の3000円~5000円程度で良いので、何かあっても大して痛くない

定期の月極の時だけは先払いの振り込みでも可

月極の時だけは先払い、振り込みでも可

定期の場合は、1ヶ月10万単位の支払いになるので、現金で渡すより、振り込みが良いと言う男性は多くなります。たしかに多額の現金を持ち歩いたり、受け取ってバッグに入れておくのは危険です。

定期にするくらいなので、ある程度お互いに打ち解け合って安心しているはずなので、そこは振り込みでもOKにしてあげましょう。

しかし、ここでも月末にまとめて払うなど後払いはNGです。後払いでは何かのトラブルに発展する事は多いので、必ず月初に振り込んで貰うか、月末に翌月分を先払いして貰う様にしましょう。

パパ活は男女のお付き合いは感情のトラブルより、お金のトラブルの方が多いので、必ず先払いを基本にしておくべきです。

この際もウェブマネーで一括で払うなどでも良いと思います。どちらにしても大金を送受金すれば記録は残るし、税務署に目を付けられたら贈与税の問題になるので、そこは脱税にならない様に注意しておきましょう。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら