• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
プロフィール内容に惹かれない

【P活】パパ活での自己紹介プロフィールの書き方 大正解な例文テンプレ

【P活】パパ活を始める時、初心者が間違う事が多いのが、自己紹介プロフィールの書き方です。多くの人が失敗、絶対NGな言葉を多用しているので、特に女性はパパが見つからないと言う結果になってしまいます。そういう人に今回、大正解な例文テンプレを紹介します。

あくまで例文ですので、このまま利用すると当サイトを閲覧した多くの人と一緒の様になってしまいます。ここから自分なりのアレンジを加えたり、何かエッセンスを加えると、他の人とは違う、パパの目を惹きつける自己紹介プロフィールになるので、絶対に自分の言葉でアレンジしましょう。

先ずは自己紹介プロフィールの作り方を見る前に、絶対NGのプロフィールの書き方をご覧になっていない方は、以下の記事を読んで、その上でこの記事を読み進めて下さい。ついでに重なる部分が多いのでメッセージや掲示板に書き込む内容でNG内容も読んでおきましょう。

パパ活での自己紹介プロフィールの書き方

プロフィールを書く

絶対NGのプロフィールの書き方を読んで、プロフィールに書いてはいけない事を理解して頂いた体で話を進めるので、ここではNGについてはあまり触れません。その上で、プロフィールの書き方や書くべき内容を紹介します。

誤字脱字を無くし敬語や丁寧語を使う

綺麗な文章を書いている子は、それだけで「良い子そうだな」「擦れてない感じがする」「貞操観念がシッカリしていてヤリマンじゃなさそう」と感じます。お金を払ってデートをする男性は、より質の高い女性を求めるので、先ずは最低限クリアしていないといけない部分です。

 

内容を濃く、文章量も多く

プロフィールなんて面倒だし、ササッと短文で終わらせる人は多いですが、それでは相手は具体的に貴方を想像できません。いかに具体的に想像させるかは、相手からオファーを貰ったり、返信を貰う確率を高める上でとっても大切な事です。しっかり書き込むだけで冷やかしも減る傾向にあります。他にの人よりも多く、これでもかと言うくらいに書き込んだ方が、オファーや返信率、実際のデートに発展する率は上がります。

 

自分と出会うとどういう楽しい時間が待っているかを書く

NGを理解した人は「出会いが欲しい」「条件」「こんな人は嫌だ」的な事は書かないと言う事は分かって貰えたと思います。その上で、自分と出会うとどういう楽しい時間が待っているかを書きましょう。ここは希望的に書いても良いです。より具体的に想像させましょう。

例えば「美味しい物を食べる事が好きなので、一緒に色々なお店を巡れる人だと嬉しいです。B級グルメも好きだから、そういうお店も好きな人だと更に良いなと思っています。」なんて書いておけば、男性は「食事に気楽に誘い易いし、いつも高いお店ばかりじゃなくても良いんだ」と思ってくれます。お金持ちでも、B級グルメが好きな人は多く、一流のお店ばかりじゃ疲れると言う人は多いので、そういう人に刺さります。

他にも「ゴルフ好きなんで、ゴルフやっている男性なら尚嬉しいです。一緒にプレーした後は、楽しく食事やお酒で打ち上げでもしたいです」なんて書いておけば、ゴルフも楽しめるし、その後にも楽しい時間を持てるタイプだと想像出来ます。

「美術館や博物館巡りが好きだから、お金が溜まったら世界中の色々な所に行っています。同じ様な趣味の方はいませんか?」と書けば、同じ趣味の男性や海外旅行好きの人は「この子だったら、仲良くなれば一緒に海外旅行に行けるかも!?」と思ってくれます。

こうやって、より具体的に仲良くなればどういう時間が持てる可能性があると言うのを想像させましょう。

パパ活では何らかの理由で「お金が必要」「生活の為に」的な事を書いている人が多いですが、それは男性にとっては楽しくない事。マイナス部分を自分のお金で埋めなくてはいけない事なので、書く必要はありません。そもそもパパ活は、それありきなので、わざわざ書く必要は無いのです。明るく前向きに楽しい時間が持てると言う層増だけをシッカリさせる内容にしましょう。

 

自分がどういう見た目や性格の女性かを具体的に書く

パパ活ですから、相手女性に対しての評価としては先ずは「見た目」、次に「性格や一緒に楽しめる事」等です。男性の本音では「やれる、やれない」も入っていますが、そこはNG項目なんで置いておきましょう。

写真を掲載しているから、容姿についてはそれを見てくれるから良いだろうと思っていると間違いです。もっとより詳しく知りたいと思う人ばかりなので、写真で分からない事も教えてあげると良いでしょう。

「身長167センチでやや高め、スレンダータイプなので、友達からはモデル体型なんて言われます。美容関係の仕事をしているので肌のお手入れはシッカリやっているタイプです。写真を見たイメージと違うかもしれませんが、周りの人からは芸能人では〇〇ちゃんに似ているとよく言われます。普段のファッションはモデルの〇〇さんを参考にしています。性格は明るく前向き、お喋り好きなタイプです。」こういう感じでより具体的にどういう人物か分かる様にしておきましょう。

ファッション等は特に年配の男性は分からない事が多いので、芸能人やモデル、雑誌などの名前を出してあげると、それで検索して「こういう感じなら好きだな!」と言う感じで分かって貰い易いのでおすすめです。

関連記事一覧