• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
スマホを触る

パパ活サイトでオファーが多い女性と少ない女性のプロフィールの特徴

パパ活サイトやパパ活アプリに登録して、プロフィールも作って、色々な男性にいいねしたり、メッセージを送っているのに男性からの反応が悪い。オファーがなかなか来ないので出会いに発展しないし、パパが見つからない人は、オファーが多い女性のプロフィールを参考にしましょう。

顔写真があるか無いか、美人かどうか等の理由以外の部分で、プロフィール文章に対して実際に男性パパ目線で感じる大切なポイントを紹介します。

パパ活サイトでオファーが多い女性と少ない女性のプロフィール

お金に関して

当サイトでも何度もお伝えしてきましたが、お金に関する部分は凄く人柄が出てしまいます。

オファーが少ない女性は「2時間程度食事デート◯万円」なんて書いちゃっています。これくらいは欲しいと言う目安なんでしょうけど、ある程度の相場を見ながら個々のやり取りでお手当は決まるので、これはプロフィールには書かない方が良いです。なんだか一般人の素人女性感も無いので、男は冷めちゃいます。

オファーが多い女性は、そういう面を出さずに先ずは連絡が貰える事、顔合わせのオファーが貰える様にしています。

 

大人アリ、無し

これも当サイトで何度もお伝えしていますが、大人の関係アリか無しかをハッキリ書く必要はありません。

オファーが少ない女性は「大人無し食事のみ、体の関係は望んでいません」と、男性のあわよくば感を掻き立てず「ご飯付き合ってあげるから、大金払え」と言う様な文章を書いてしまいます。逆に「大人◯万円、プチ◯万円」と書いてあるのは単なる風俗嬢にしか思えないので、こちらもNG。

サクサク稼ぎたいからデートよりホテル直行と言うタイプにも多いですが、これは援デリ業者と同じ手口なので、男性からはかなり敬遠されます。

オファーが多い女性は大人の関係アリ、無しを書いていません。キャバクラだって男性の「あわよくば、いけるかも」と言う気持ちを利用して稼いでいる訳です。ここを上手くやるかどうかで稼ぎは段違いになります。

 

自分の要望、NG項目

お金や大人の関係についてだけではなく、なるべく他の要望も書かない方が良いです。

オファーが少ない女性は「常識が無い人NG、約束守らない人NG、高圧的な人NG」なんて書いていますが、これって書く必要全くないでしょう。だって、こんなの誰しもがNGなんだし、こういうタイプの人はこんな事があっても連絡してくるんだから。なので、それすら分かってなく書くアホな女性と見えるし、自分の要望ばかりで高圧的な女性に見えます。

色々と素敵な文章書いているのに、最後にこれがあると「うわっ」と思ってそっと閉じます。

後は「ショッピング好きなので、お買い物デート行きたいです」とか要望書いている女性。確かに、お買い物に行けばデートのお手当に加えてプレゼントまで買って貰える可能性があるから、稼ぎが増えるし良いでしょうけど、男性から見れば「何で会ってもなく、何も楽しい思いもしていないのに、いきなり買い物に連れていって大金払わないといけないの?」と思います。

女性がプロフィールに要望書いていると非常に金にガメツイ感じが出るので、パパ活でも男性から引かれるトップクラスの女性を自分で出してしまっています。そもそもデートすればお手当は貰えるので、先ずはここを大切にすべき。

キャバクラでも可愛いし良い子そうだったから指名入れ始めたら、段々と「ねえ、シャンパン頼んで良い?」「ワインも飲もうよ」とか言い始める商売下手な女性が結構いますが、こういうタイプは徐々に使命を切られます。上手な子は無理に持っていかず男性に「シャンパンでも頼もうか?」「ワイン飲もうか?」と言わせます。

パパ活でのプロフィールはキャバクラと違い、実際に会う前の段階なので、ここで閉じられる女性はかなり商売下手だと思います。上手にやっている子は、自分の要望を書いたり、NG項目を書くのではなく「私とデートしたら、どういう楽しい時間を過ごせるか」を書いています。

パパ側のメリット、どういう楽しい時間を過ごせるのかを具体的に想像させる文章を書いています。単に「お食事しながら楽しい会話で癒します」なんてのは一般的過ぎ。例えば「歴史好きなので」とか「スポーツ大好きだから」とか何か色を付けた方が、男性も具体的な想像をしやすいです。

それからNG項目ではなく「好きなタイプの項目」を書いています。嫌いなタイプを言うのではなく、好きなタイプを言う事でポジティブに見えるし、暗に嫌いなタイプも分かります。

また、好きなタイプの幅を狭め過ぎていない。極端な話をすれば「30代の若いパパでイケメン」なんて書けば、多くのパパが「俺はダメだな」と思ってしまい、沢山のお客さんを逃がします。パパ活メイン層を想像して「俺でもOKそうだな」と思わせる内容にしましょう。

関連記事一覧