• パパ活の相場などお金事情
  • パパ活の相場などお金事情についてまとめています。パパになりたいが予算はどの程度?気になるお手当、都度払う、月極、月収、月額、値段、ギャラ飲みの価格、時給、税金、都道府県別、地方の相場など、パパ活に関するお金の実態についてはこちらをご覧下さい。
パパ活でパパからお金の返済要求!貰う分と借りる分の線引きとは?

パパ活で男性からお金の返済要求!貰う分と借りる分の線引きとは?

パパ活で知り合った男性との金銭トラブルで多いのが、男性からお金の返済要求です。パパ活なのでお手当は援助として贈与して貰った物だったが、それ以外に借金返済の為にお金を借りる事になっていた場合などは返済義務があるのか?貰う分と借りる分はどこで線引きされるのか、パパ活でのお金のトラブルについて紹介します。

パパ活で男性からお金の返済要求

交際クラブ、パパ活サイト、出会い系サイトなどで出会った男性とパパ活を始めた。

週に2~3回くらいのペースでデートをし、3ヶ月くらい付き合い、トータルで100万円以上はお手当を貰った。その中にはお手当以外に「借金があって返済が滞りそうだからと相談した時に、これ使ってと渡された分」もあった。

その後もカードの支払いに困った時などに貸して欲しいと言った時に、お金を渡してくれた。

その後、段々と大人の関係を要求する事が多くなってきたので、嫌になって会うのを避け続けていると、男性から「会う気が無いならお金を返せ」と言われて始めた。

男性はお金を渡してくれる時に「俺が何とかしてあげる」と言っていたし、きちんと貸し借りの話はしていない。しかし「お金を貸して欲しい」と言ったのも事実だから、この場合は返済義務があるのかどうか。

返済しないままえいると、親や友達に連絡してきたり、会社に督促すると言い出したり、警察や探偵を使うなどと言ってきたりしている。

この場合、どういう問題になるかを紹介します。

 

パパ活で男性から編成要求されたが返済義務はあるのか?

パパ活のお金はどちらで貰う?現金か振り込み、先払いか後払い

多くの弁護士サイトなどを見ましたが、見解はほぼ全ての人が「返済義務は無し」でした。パパ活はお手当をあげる事を前提にしており、また個人間で法的拘束力も無い状態でお金のやり取りをしているので、単なる贈与だから返済義務は無いと言う事です。

民事も刑事でも争えないそうなので、事件や裁判にはならない様です。

ただ借りる際に借用書を書いたり、明確な証拠がある場合は、その部分だけは返済義務がある可能性があるそうです。これが無ければ、男性がどうにかしてあげると言う事で頂いたと、貰った事にすれば良い様です。

パパ活では、エッチする事と引き換えにお金を貰う予定だったけど貰えなかったり、エッチさせてくれる事と引き換えにお金を払ったのにさせて貰えなかった場合も、同様に事件や裁判になりません。前もって計画し繰り返している場合は詐欺に問われる可能性はあるそうですが、それ以外は詐欺とは認められない様です。その辺りは以下の記事を参考にして下さい。

 

返済要求が行き過ぎるとパパ側が罪に問われる可能性も

パパ活で「お金を貰って逃げる」「ヤリ逃げ」は詐欺罪になるのか?

パパ側が裏切られた気持ちになり「それなら返済しろ!金を返せ」と言う気持ちは分かりますが、それが行き過ぎて、付きまとったり、自宅や職場まで押しかけたり、家族や友人などまで影響を受ける様な事をすれば、ストーカーとしてパパ側が罪に問われる可能性が出てきます。

もし、これに近い場合は、エスカレートする前に早急に警察か弁護士に相談しましょう。パパ活をやっていたと更に別の人にバレるが嫌なのは分かりますが、大きな事件になってからでは遅いです。

関連記事一覧