パパ活の上手なやり方やテクニック

パパ活女子と2回目に会って貰えない、リピートできない原因

パパ活女子と2回目に会って貰えない、リピートできない原因

パパ活女子と顔合わせしてみたら、凄く良い子だったし美人だったので、ぜひ今後もお付き合いを継続したいと思っていたが、2回目のデートは拒否されたり、連絡を無視され会って貰えない。

お気に入りの子とデートをリピートできない原因は、実は貴方の初回のデート中の言動にあるかも知れません。

パパ活女子と2回目に会って貰えない、リピートできない原因を知って、素敵な子と長く楽しいお付き合いが出来る様になりましょう。

パパ活女子がパパから2回目のデートのオファーが無い事が多い場合は「パパ活で2回目のデートに誘われないなら実践すべき27個の方法」を参考にして下さい。

最初から大人の関係を迫る

大人の関係、キス、ハグ

パパ活のお付き合いは結局は大人の関係になっていきますが、定期で長くお付き合いしたい子とは、初回からガツガツいかない方が良いでしょう。

プロの女性が嫌だから、一般人が良いからパパ活を選んだと思います。ですので相手は素人なので、プロに接する様にしては体は許しても心は許して貰えません。

お金の為に体を許しても、その後に後悔したり、自己嫌悪に陥る女性もいて、そう感じさせると、女性は「次回のデートも体込みで嫌な思いをする」と思って、2回目のデートを拒否します。

彼女や愛人の様にしたいなら、きちんと1人の女性と見て、それなりに口説く必要はあります。「お金を払っているんだから」なんて思っていては、絶対に無理です。

「お金は払っているが大切な時間を僕の為に使ってくれている」と言うくらいに考えて、女性と大切に扱ってあげましょう。そうすれば、女性側も「他のパパとは違う」「できれば、このパパと長くお付き合いしたい」「このパパだったら体の関係になっても良い」と思ってくれます。

体を売ったと思わせてはNG、好きな人、良いなと思った、手放したくないと思ったパパと体の関係になったと思わせないといけません

そんなの若いイケメンパパじゃないと無理だろうと思うかも知れませんが、そんな事はありません。

パパ活では多くの男性が金払うからやらせろモードなので、そうしないで丁寧に優しく接するだけでも他のパパとは違うと思わせる事が可能です。

ただ、そのままズルズルだと金づるでしかないので、どうしても体の関係になりたいなら、ある程度デート回数を重ねたらきちんと口説いてみましょう。

それまでに「このパパは手放したくない」と思わせる事が出来ていたら、女性もOKしてくれるし、例えば「大人なし」で募集していた子でもイケる子は多くなります。

女性を見下す

支払いをするスーツの男性

パパ活と言う関係上、どうしてもお金を出す男性の方が優位になりますが、それでも相手の女性は1人の女性としてきちんと丁寧に扱いましょう。

「お金を払っているのは俺なんだから」「どうせ商売女みたいなもんだろ」と言う感じの意識になれば、高慢な態度や高圧的になったり、自分の条件に合わないとキレたり、体の関係を拒否られると機嫌が悪くなったりします。

こうなるとパパ活では1番敬遠される存在の地雷でしかないし、デート中は気を使ってばかりで楽しくないし、怖いと思われる事も多いので、多くの女性は次回のデートに応じなくなります。

商売の女と思わず、1人の女性として見て、好きな女性をデートに誘って応じてくれたと思えば扱いも変わってくると思います。

逆に見下さず丁寧に接すれば、大人なしの女性だって応じてくれる様になる事も多々あります。キャバ嬢でも同じで、最初から横柄な態度の客にはなびきませんが、1人の女性として扱ってくれる客には意外と簡単に落ちたりするのと同じです。

気が使えない

既婚者の男性

パパ活は秘密でやっていると言う女性は多いです。そういう事も理解せず、人目の多い場所を待ち合わせで指定したり、歳の差カップルがいると完全に浮く様な飲食店に行ったりすると女性が嫌がります。

パパ活カップルの会話は聞いていれば周りから「あの人達ってパパ活かな?」とバレる事も多いので、飲食店で周りに聞こえるくらいの大きな声で喋るのもNGです。

馴染みの店に連れて行って「この子はパパ活で出会った子(笑)」なんて紹介するなど以ての外です。

女性に求めるのと同じ様に、男性側も女性の立場に対して気を使ってあげましょう。どういう場所で、どういうデートをしたいと考えるだけではなく、相手も大丈夫だろうかと考える事が大切です。

飲食店でのマナーで、相手の女性が汚い食べ方していると嫌だと言うパパは多いです。それと同様で女性側もきちんとしている子は男性側が汚いと嫌で、こんな人と一緒に食事に行きたくないと思われるので、そういう面も気を付けておきましょう。

服装も、初回のデートはスーツや綺麗目な恰好が良いでしょう。初回のイメージが大切なので、初回から汚い恰好していると「この人お金持っていなさそう」と思われ、2回目のデートに応じてくれなくなる事もあります。

条件が合っていない

「パパ活を始めたけど全くオファーが来ない」6つの原因と改善方法

パパ活は女性側の主な目的は「お金」です。単純な食事デートなら1万円程度、体の関係アリなら3万円~など平均相場はありますが、あくまで相場であって、各々の値段ではありません。

無難に相場でと思っている男性は多いですが、女性もピンからキリまでいるので、美人は「もう少し欲しい」と思う人も多いです。

相場は目安であり、目の前の女性を見てどの程度渡してあげたい、実際に女性に来てどの程度欲しいか等を決めた方が良いでしょう。

お金の条件が合わないと、次に会うのは面倒だなって思われて、2回目のデートは無くなります。

例えば1回3万円までと考えるなら、月に5回会うと言う条件にし、月極の定期にすれば良いです。不定期でトータル15万になるより、月初めに15万まとめてくれる方が安心できるので、そちらを希望するパパ活女子は多いです。

1回いくらと決めるより、1ヶ月の予算が10万円だとしたら、週1遊びたいならかなりレベルの低い子にしないといけません。レベルの高い子にしたいなら月に1回や2回で我慢すべきです。

自分の財力に無理やり合わせさせるのではなく、自分の財力に見合った遊び方をしましょう。

女性の質が悪い

セクシー、エッチな女性

そもそも仲良くなろうと思っていない、付き合ってあげているのは金の為だと言う感じのパパ活女子は、面倒な事を感じたら直ぐに逃げるので、関係は続きません。

また、体の関係は嫌だから、お金だけ貰って逃げる様な事をしたり、初回は体無しでお試しデートだけを提案し色々な人と、それだけを繰り返す女性もいます。

この様な質の悪いパパ活女子はSNSに多いので、パパ活女子を見つける場所を変えるべきです。

最低でも「ペイターズ」の様なパパ活専門アプリ、お金に余裕があるなら絶対に高級交際クラブの「ユニバース倶楽部」が良いでしょう。

高級クラブにいる女性、キャバクラにいる女性、場末のスナックの女性、公園でたむろしている女性、道端で立ちんぼして客引きしている売りの女性、場所によって女性の質は全く違うのはリアルな世界でも同じです。

SNSは道端で立ちんぼして客引きしている売りの女性に近いので、絶対に止めましょう。犯罪系の人に捕まる事も多いので、最低限電話番号認証などがあるサービスが良いです。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら