• パパ活募集おすすめサイトやアプリ
  • パパ活募集、パパを見つける、パパ活募集中の女性を見つける際に、おすすめのサイトやアプリ、掲示板、仲介業者を紹介しています。サイト比較や特におすすめなランキング、口コミ、評価、感想なども掲載しているので、パパ活の際には参考にして下さい。
paters(ペイターズ)

ペイターズ:プロフィールのメインの顔写真を削除する方法

パパ活アプリ「ペイターズ」でプロフィールに掲載したメインの顔写真を消したいけど削除できないと言う人に、メインの顔写真を削除する方法を紹介します。また出会いの確率を上げる為に写真をアップロードしたけど審査で否認されてしまう原因も併せて紹介します。

「paters(ペイターズ)」口コミ評判・危険性・詳細まとめ 登録はこちら

ペイターズでプロフィールのメインの顔写真を削除する方法

ペイターズのプロフィール用にアップロードした写真で、メインの顔写真は基本的に削除は出来ません。ただ、他の写真をアップロードすればメインの写真を差し替える事は可能です。差し替えると、以前までのメインの写真はサブになり、サブにすると削除したり非表示にする事は可能です

ですので、1枚しかアップロードしていない人は、2枚目や3枚目をアップロードして差し替えましょう。

全ての写真を削除したいと言う場合は方法としては退会しかありません。退会するとペイターズでは全てのデータが削除されるので、写真類のデータも無くなります。ただ7日間はアカウントを作り直す事は出来なくなるので注意が必要です。

また、私は試していませんが、運営事務局のお問い合わせで写真を全て非公開にしたいと申し出たら、対応してくれるのではと思います。理由としては、顔写真をアップロードせず初期のアイコンのままでも利用は可能なので。必ず写真をアップロードしないと使えませんと言うスタンスでは無いので、初期のアイコンにして写真にしたいと言えば断る理由が無い様に思えます。

 

ペイターズで写真が審査で否認されてしまう原因

写真の審査は遅くても24時間以内に終わるとされていますが、私の経験上は全て1時間以内くらいで終わります。変な写真だと否認されても仕方ありませんが、まともな顔写真なのに否認されたので、どうしたら良いのと思う人もいると思います。そういう人は以下の点に当てはまっていないかチェックしましょう。

個人情報が写り込んでいる

URL、メールアドレス、電話番号、住所、車などのナンバープレート、勤務先が分かる情報など、個人を特定しうる情報が掲載されていると否認されます。出会い系などでも同様ですが、個人を特定できる情報が掲載されると、サイトを通じなくても出会える事になってしまいます。そうなると法律的にもアウトなので、これらは否認されます。

著作権や肖像権を侵害している

有名人の顔写真などが良く使われますが、一般人の他人の顔写真でも同様です。運営側が審査の際に気付かずに承認する事もありますが、後から気付き削除されたりペナルティーを貰う事もあります。たまに「この顔写真は私ではないです」なんて当たり前に書いている女性がいますが、いやいや規約違反ですし、法律違反ですから…。

写真が不鮮明、加工し過ぎ

どういう顔なのか全く分からない程に不鮮明な写真、加工し過ぎの写真は否認されます。顔出しをしたくないのは分かりますが、本人が分かる写真を出していないと、顔合わせで「うわ!ヤバ!」と思われるか「あれ?なんか思ったのと違う」と思われ、男性からドタキャンやすっぽかしくらうのが落ちです。

公序良俗に反する

ヌード写真などアダルトな内容の物、それに類似する様な物は否認されます。パパ活や出会い系でなくても、大抵これらはNGとなります。エログロ系はNGなので、エロじゃなく、グロいのもNGです。

宗教活動、政治活動に関する

布教、選挙運動などに関わる写真も否認されます。パパ活や出会い系でなくても、大抵これらはNGとなります。

これらのどれかに当てはまっていない写真を選んでアップロードすれば審査は通ります。

関連記事一覧