• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
パパ活でお手当を貰えない!逃げられた!詐欺で訴えて勝てるパターンとは?

パパ活でお手当を貰えない!逃げられた!詐欺で訴えて勝てるパターンとは?

パパ活でデートしたのに、男性から約束したお手当を貰えなかった!お金を払わずに逃げられた!と言う女性はたまにいますが、そういう場合に、詐欺で訴えて勝てるパターンと、勝てないパターンがある様です。そこについてまとめたので、同じ様な目に遭った人は参考にして下さい。

パパ活でお手当を貰えない!逃げられた!


こんな感じでパパに逃げられたと言う女性は結構います。ただ、逆にパパ活女子にお金を払ったのに逃げられたと言うパターンもあるので、何とも言えない世界ではありますが、どういうパターンだったら詐欺として訴えて勝つ事が可能なのかを見てみましょう。

 

パパ活相手に逃げられて詐欺で訴えて勝てるパターン

パパ活相手に逃げられて詐欺で訴えて勝てるパターン

ソース:弁護士ドットコム

相談者の女性は「1回5万円、銀行振込します」という申し出を受けて、「パパ」と会ったそうですが、お金が振り込まれなかったそうです。「振り込んでいないし、振り込む義務はないと男性に言われてしまったが、これは詐欺ではないでしょうか」

パパ活の合意が『民事上有効』な場合、男性の行為は、詐欺利得罪(刑法246条2項)に当たる可能性があります

パパ活が肉体関係を伴うような場合には、パパ活の合意は、公序良俗に反するものとして、民事上無効となる可能性があります(民法90条)。民事上無効な場合には、支払請求権が認められません。

ここを読んで分かる様に、肉体関係を含んだ契約の場合は無効になる可能性が高い。しかし、それなら肉体関係を含まないデートのみの契約なら有効になる可能性があると言う事です。

と、言う事は、女性は最初から「ドカタあり」「大人あり」「体あり」「プチあり」なんかの提示はしない方が良いと言う事です。先ずはデートだけを前提に相手を探し、その上で大人の関係になるならデートと切り離して、別途と言う形にすれば、最低限デートの部分では有効と言う事になりますね

当サイトで私も、常に初回から体の関係を持つな、必ず先払いと言う事は言っているので、これを守っている人は、そもそもこんなトラブルは殆どないと思います。

男性にとっても、最初から体の関係を提示してくる様な女性は、個人か業者がやっているモグリの風俗嬢か、それに近しい素人なので、わざわざ高額を支払ってヤル必要は無いと思います。一般女性、素人女性だからこそ、デートしたり、大人の関係になるのが楽しいんだから、最初からそこを目掛けていては、変なのに当たるばかりになるので、止めておきましょう。

関連記事一覧