• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
【P活】パパ活詐欺まとめ 初心者必見!詐欺師の手口と特徴の全貌

【P活】パパ活詐欺まとめ 初心者必見!詐欺師の手口と特徴の全貌

【P活】パパ活では男性にも女性にも詐欺師がいるので注意が必要です。初心者は特にお金を払った後に逃げられた、食い逃げやヤリ逃げされた等の被害が多いので、今から始める人は必ず詐欺師の手口と特徴の全貌を頭に入れ、見分ける事が出来る様になりましょう。

【P活】パパ活詐欺まとめ 詐欺師の手口と特徴

男性パパが詐欺師の場合

パパ活で女性側が注意すべき危険事物や要注意人物の特徴と見分け方

ヤリ逃げパパ、食い逃げパパ

1番多い詐欺被害と言えば、お金を貰う約束でホテルに行ってエッチしたのに、終わってシャワーを浴びている最中にパパが居なくなったり、車に乗り込む時に女性を載せずに去って行ったりし、お金が貰えない事。

特徴と見分け方としては、会う前から明確にお手当の額を提示してくる事が多いです。更に相場より高めの金額を提示して来る事も多いです。お金で簡単に釣る方法ですが、本当のパパなら相場程度の金額を提示したり、取り合えず顔見せで交通費と言う事は提示しますが、会ってもいない女性に対して明確に提示はしません。会わないとデートするか、その後も続けるか、どのくらいのお手当にしてあげるかが決めれないからです。

またヤリ逃げパパは、ある程度の顔のヤレル子なら誰でも良いので不特定多数にバンバンオファーします。逆に本当のパパはお金を使うので、かなり吟味して選ぼうとします。相手が誰でも良い感じだし、好条件の場合は注意した方が良いでしょう。

これと同様にご飯デートと言いつつ、ご飯を食べたらお会計の前に店から消える食い逃げパパもいます。ヤリ逃げパパと特徴は同じなので気を付けましょう。対策としては必ず前払いにして貰う事。これだけでも、逃げられて食事代やホテル代を払わないといけなくなっても痛みは軽減されます。

後払いパパは詐欺師の可能性が高いです。実際にあった事件で「前払いにすると逃げられた事があって不安だから、このお金が入った封筒をコインロッカーに入れるね」と、目の前で封筒をコインロッカーに入れ、その鍵を女性に渡します。ホテルでエッチした後、女性がロッカーを開けると封筒はあるが中にお金が入っていないと言う事があり話題になりました。

「先払いするけど高額だから振り込む」と言うパパもいますが、これも危険です。定期ならともかく、都度で振り込みの人は詐欺師だと思った方が良いでしょう。ネット銀行から送金完了の画像を送ってきたので、ちゃんと払ってくれたと思ってホテルへ。週末だったから週明けに振り込みを確認してみると、1円も振り込まれていない。

この手口は、画像が加工されており送り先は違う場所になっていて振り込まれないパターンか、ネット銀行なので送金予約を取り消す事が可能なので、それらの方法で送金したように見せかけただけです。

 

レイプパパ

デートの条件は一緒にお酒を楽しむデートだけだったはずが、酔わされてホテルに連れ込まれレイプされたと言う被害はボチボチ聞きます。もちろんエッチのお手当は貰えません。対策としてはお酒デートの際は、信頼できない内は飲み過ぎない事です。

また、プチが条件だったのでパパの車に乗り込んでやろうとしたら、ホテルに連れて行かれて、そこで無理やり最後までやられたと言う体験談もあります。これもプチまでのお手当しか貰えない等、きちんとお金は貰えません。こういう被害を防ぐ為にも初回から体の関係を持たない事は大切です。

また車を始め、密室で2人きりになる瞬間を避けましょう。たまに「昼間にし個室は避けろ」と言う人がいますが、夜しか時間が取れない人や、パパ活で他人の目も気になるし、条件の話などもあるので個室が良いと言う人が殆どでしょう。その場合は、居酒屋やレストラン等、店員さんの目がある個室はOKです。しかしカラオケボックスは店員さんの目があっても音が聞こえない、部屋のすぐそばに店員さんがいないのでリスクは高いです。

ホテルは当たり前にリスクは高いし、車も密室なので危険です。そういう場所に行くのは相手のパパが大丈夫だと思ってからにしましょう。初回の顔合わせの時の待ち合わせはホテルのロビーやサロンやカフェ等で、そこから直ぐの飲食店で話しながらご飯、気に入れば2回目のデートでと言う感じが良いでしょう。

 

クレジットカードを騙し取るパパ

「愛人になってくれたら普段の生活費やお小遣いも面倒を見る」と言い、女性がOKすると、「それじゃあ都度渡すのは面倒だし、〇〇ちゃんのクレジットカードを1度貸してくれない?明日にでも手続きしてこのカードの引き落としは俺の口座になる様に手続きするから」なんて言い、クレジットカードを騙し取り、限度額まで使ってしまう詐欺師がいます。

似たような手口を使って女性からお金を騙し取ろうとしてくる人は多いので、絶対に他人にキャッシュカードやクレジットカードなどを渡さない様にしましょう。保険証や免許証やパスポートなどの公的な身分証明書も悪用されると、それでお金を借りたり、携帯電話を契約したりする詐欺師がいるので注意が必要です。

 

お金を貰うには手数料が必要と言うパパ

「お手当は会社の経費で落としたいから、うちの会社の架空の社員と言う事で良い?秘書と言う事で毎月給料と言う形でお手当を渡すから」と言われ、それにOKすると、「それじゃあ、税金や保険料などは発生するから、それだけは先に貰う形になるけど良い?」と言う感じで、お金を貰うなら先ずは先に必要経費を払ってと言う形になります。

パパ活に限らず世間一般的に多い詐欺の手口です。そもそも会社の経費などでパパ活のお手当を支払うような事は、かなりリスクが高いので、まともなパパは絶対にやりません。

 

形だけでもプレゼントして欲しいと言うパパ

実際に事件として発覚した事もあります。「今日は俺の誕生日だから形だけでもプレゼントしてくれる感じが良い。お手当や買い物代は後からきちんと払うけど、お店では払ってくれない?」等と、少しの時間だけ立て替えて、プレゼントした体を演出したが、その後に商品を持って男性が消えたと言う事件。犯人は捕まっていますが、これと同様の被害をと言う女性は他にもいるので、他にも同じ手口を使っている詐欺師がいると思われます。

 

高額な商品やサービスを購入させるパパ

パパ活女子=お金を稼ぎたい女性なので、そこに目を付けて、「いい稼ぎになるから一緒にやらない?」と投資やネットワークビジネスに誘ってくるパパがいます。結局は詐欺師が自分の養分となるターゲットを探しているだけなので、頑張っても儲かりません。

これと似た感じで、パパから「勉強も兼ねて」と言う誘いで、投資セミナーやビジネスセミナーに一緒に行くと、高額のセミナー料金が…。後から気付いたが、パパはセミナーの主催側で、お客を募る為にパパ活を利用していたと言う被害の体験談も聞いた事があります。

 

実は風俗のスカウトなだけのパパ

パパ活女子=お金を稼ぎたい女性なので、「お金をあげる」と言う体で呼び出し、デートのはずが風俗店やそれに近い事務所に連れて行きます。「お金が欲しいなら…」と風俗業を斡旋してくる手口です。パパ活では、お金に困っている女性が多いので、こういう手口で流されて風俗にと言うパターンは結構あります。

 

パパ活女子が詐欺師の場合

パパ活で男性側が注意すべき危険事物や要注意人物の特徴と見分け方

モグリの風俗店から派遣された女性

大人アリで探してみると意外とOKの女性は多いです。特にツイッターで探すと、本番幾ら、プチ幾らなど細かい条件を書いている女性が結構います。そういう女性の中にモグリの風俗店が紛れています。いわゆる援デリ業者と言うやつです。

普通に店舗に頼めば料金は1回1万円の店舗なのに、パパ活と言う体で女性はやってくるので料金は大人アリ3万円、交通費5千円、デート代1万円など、普通の料金よりもかなり多く支払うハメになります。

これを防ぐ為にも男性も初回から体の関係を持つのは止めましょう。そうすれば、例えば食事デートなら2~3時間程度で1万円と交通費になるので、これでは風俗店側の女性は拘束時間からすれば稼ぎが少なくなるので、店側は派遣しても損だと考えます。

なので高時給になる体アリを条件に入れて来る事が多いので、それを除外するだけでもプロに当たる確率は下がります。

 

キャバクラの客引きに使っている女性

指名客欲しさにパパ活を装って男性に近づきます。それで「夜はここで働いているから今度遊びに来て」と言う感じでお客にしてしまいます。そういう所で見つけるのではなく、一般女性と楽しいデートがしたい男性にとってはガッカリするパターンです。

この手の子は夜が仕事の事が多いので、夜デートをオファーしましょう。既婚者ならまだしも、独身で夜が空き時間があまり無いタイプはこの手の危険があると分かります。また夜デートを同伴の様にして、そのままお店にと言う女性もいるので「キャバクラ」等のお店は苦手だとし断る様にしましょう。

 

お金を貰って逃げる女性

お金を払わず逃げる男性がいれば、貰って直ぐに逃げる女性もいます。これを考えると男性側はリスク回避の為に後払いにしたくなりますが、マナーとして先払いはしましょう。こういう女性を見分ける為にも、初回から大人アリのデートをしない事をお勧めします。

最初は顔合わせだけで、待ち合わせで見てみて問題無ければ交通費5000円と食事デート1万円程度を渡しましょう。もしここで逃げられても1万5千円です。相手はたったそれだけの為にお金を騙し取ったと言うリスクを抱えないといけません。可愛い子がおらず全く楽しめなかったキャバクラに入っても、これくらいの金額は払うので、男性にとっては勉強代としてギリギリ済ませられる金額だと思います。

しかし最初から大人アリにしておくと更に3万円程度上乗せしているので、それで逃げられたらかなり痛いです。女性側も詐欺的なリスクを冒すので、なるべく1回で大金をと思い大人アリを提示して来る事が多いで。ですので、それを除外するだけでかなりのリスクが減らせます。

最初から大人アリでやっている一般女性は、風俗嬢以上に病気持ちの可能性が高かったり、メンヘラタイプが多かったりするので、そういう危険性も減らす事が出来ます。

 

パパ活の詐欺師が多い出会いの場所

SNS

パパ活相手を探す為に、出会いの場となっているのはSNS、出会い系、パパ活サイト、交際クラブが主です。それらを詐欺師が多い順にすると…

SNS>出会い系・パパ活サイト>交際クラブ

上記の様になります。登録にメールアドレスしか必要ないSNSは、個人情報を隠したままアカウントはいくらでも作りたい放題で詐欺師の巣窟です。出会い系やパパ活サイトは年齢確認は必須、電話番号認証、本人確認などがあるサイトもあるのでSNSよりアカウント作成はハードルが上がります。交際クラブは面談もあるので、詐欺師の様なタイプは中々入り込みにくくなります。

こういう事から、パパ活を始めるならSNSで相手を探すのは避け、パパ活サイトか交際クラブをお勧めします。詐欺師じゃなく一般人であっても、SNSでやっている男女はかなり質が悪いのでお勧めしません。

関連記事一覧