パパ活の危険性やリスク

パパ活での性病対策、男性パパ達はどういう事をやっているかまとめ

ウイルスや病気

パパ活はデートだけの関係が前提ですが、男女の関係だけあって、体の関係、いわゆる大人の関係に発展する事も少なくありません。しかし不特定多数と関係を持つと怖いのは性病などの感染症リスク。現役の男性パパ達はどういう事を性病対策でやっているのかまとめました。

パパ活での性病対策

ソース:2ch

お前ら病気対策している?俺は検査したらすべて陰性だった
ノーキス、ゴムフェラ、ゴムマンするしかないだろうな。それでもかかる病気はたいした病気じゃない
病気か貰ってから生とかムリ、pjの方が検査とかしてないので危険
HIV検査なんかタダなのにpjやらないよな
HIVと梅毒は即日検査してもらったよ。20分もかからなかったな。3日以上待たされると気が狂いそうななるよ
先生が言うのには梅毒はマジで激増で要注意とのこと。新宿の性病専門クリニックだったから若い女の子もいたわwこれからは、ノーキス、ノークンニ、ゴム付フェラがトレンドだな。生挿入とか基地外の沙汰だよ
もう少し早く言ってよ、今さっき清楚系24歳スレンダー美人とディープキスと69と生挿入して来ちゃったよ
その子がキャリアでないことを祈ってやるぜ
囲って性病検査とピル飲ませてからでなければ中出しは怖くてできないな。月2~3回投資用マンションに住まわせてる女子大生とヤるだけ。妻はまだ30前半で抱かないと疑われるし
ちゃんとした大学生とかならピルを飲んでもらわないと生中出しはまずいと思う。けどシンママとか、まして未婚のシンママとかだと、適当な相手と適当に寝て、適当に子供を作ってしまうような女性なんだから、避妊なくても生中出しでいいんじゃね?

とにかく、体の関係を持つ、持たないは各々の自由ですが、持つならゴムは付けましょう。正直、男性側も女性側もネットで出会うなら自分の為にゴムを使うべきだと思います。

一時の気持ち良さの為に、病気になったり、妊娠させてしまったりすると、後が大変なので、私は絶対にゴムは付けます。

たまに生でやったのを自慢している爺さんがいますが、そういう爺さん見ていると哀れに思います。どうしても生でヤリたいなら、定期どころか、愛人として囲ってからじゃないと怖いよね。そこまでの甲斐性も無いのでしょうし、そういう爺さんはソープにでも行けば良いのに。

妊娠させてしまい、相手は堕胎する気がなければ出産は止められないので。それを無理に止めようと中絶を迫れば強要罪になると弁護士サイトにありました。

生まれたら認知や養育費問題で裁判沙汰になるだろうし、一時の気持ち良さを引き換えにしていいリスクではない事は、まともな頭の男性なら分かるでしょう。

パパ活女子側も、手当たり次第に抱きまくっているアホなオッサンがいると思うので、体の関係を持つ時は、絶対にゴムを付けて貰いましょう。付けないならやらない、それでも無理やりやられたら、それはそれで犯罪として訴えれば良いだけです。

パパ活女子も目の前のお金より、そういうリスクの大きさを知って、自分を守りましょう。

男女共に共通して言える事として、夫や妻、彼氏や彼女などパートナーがいる上でパパ活をやっている場合、性病を移してしまう可能性が出てきます。そうなると、離婚問題や、別れる事になるのは目に見えています。

パパ活は絶対ココ!おすすめパパ活アプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役パパの私が実際に使い倒した上で選んでいます。

パパ活を始める人は、絶対に参考にして欲しい、おすすめパパ活アプリランキング。使うサイトやアプリを間違うだけで、相手を見つけるのは大変だし、質の悪い相手を掴むリスクも高くなるので、注意が必要です。

ランキングはこちら