• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
ショッピング

パパ活「買い物デート」ついついプレゼントしてしまうPJの特徴まとめ

【P活】現役でパパ活をやっているパパ側の意見として参考にして欲しい「買い物デート」でついついプレゼントを買ってあげたくなるパパ活女子の特徴を紹介します。上手なおねだり方法、買ってもらうもの、ブランド物を買ってあげたくなる子の特徴、買い物デートにおすすめの場所などをまとめています。

パパ活「買い物デート」お手当の相場

先ずは買い物デート自体に掛かるお金を把握しておきましょう。パパ活では交通費3000円~5000円くらい、食事やお酒デートなら1万円前後です。(地域によって上下するし、女性の質によっても上下します)

買い物デートも2~3時間くらいなので、交通費と合わせて1万5000円前後貰えたら相場くらいだと考えて良いでしょう。私の場合は買い物だけに付き合って貰うデートはしません。夕方や夜から食事デートする前に「時間があるなら、ご飯の前に買い物にでも行く?」てな感じで誘っています。

私の場合「あれが欲しい」「これ買って~」と直接的におねだりされるのが嫌なので、自然な流れで買い物デートになり、その中で買ってあげる流れになります。同じ様な男性は多いと思うので、どうやってそういう流れを作るかを紹介していきます。

 

パパ活「買い物デート」上手なおねだりの方法とは?

買い物

買い物デートに出掛けたなら上手におねだりすると良い。おねだりできない気が弱いタイプでも、頑張って何か言うべきなんて事を書いているサイトが多いですが、これでOKな男性は少ないと思います。これって女性目線であって、実際にお金を出す男性目線じゃないなと感じます。

POINT上手におねだりする方法として大切な事は「おねだりしない事」です。逆の事を言っている様に思う人は、接客技術が足りなさすぎます。「あれが欲しい」「これ買って~」では、単なる財布としてしか見られていない感じになるので、パパは去っていきます。

なので、そういう直接的な表現は絶対にしない事です。

おねだりせずプレゼントを買ってもらう方法とは?

その上で、普通に食事デートの時の会話の中などで「あんまりブランド物は付けないんだけど、バッグだけは良いの使いたくて。○○ってブランドの今度の秋冬の新作が素敵だから欲しくて仕事頑張ってるけど、間に合いそうにないから、買える頃には次の新作が出てるかも(笑)」なんて話をすれば、男性は「それじゃあ、俺がプレゼントを…」と思う人はいます。

他にも「お気に入りの靴が壊れちゃって、結構高かったから修理に出そうと思ったけど、修理もかなりするんだ…」「この財布気に入ってたけど、チャックの部分が壊れちゃった」「この前、強風の日があったでしょ?その時に今年の新作で買ったばかりの〇〇のスカーフが飛んで行っちゃって…」なんて感じで、壊れた、無くした系も直接的な表現じゃないので良いと思います。

パパとペアになる物が欲しい感じを見せるのも良いと思います。「〇〇さんの時計、とっても素敵ですね!素敵だから、これのレディースがあれば頑張って貯金して買おうかな」とか。そんな事言われたらパパは「プレゼントするやん!本当に俺と一緒ので良いの?」と言う感じになります。

更に必要だけど持っていない系も良いです。具体的には「今度のデートのお店って高級店ですよね…。そういう場所に合うヒールの靴が無くて」なんてパターンになれば、私は「それじゃあ、2時間前に集合しよう」と提案し、食事前にフォーマルな場所にも合う服と靴を揃えてあげた事があります。これの大切な部分は持っていないと言う事よりは、パパが求める時間を一緒に過ごすためのアイテムを持っていないと言う部分です。

これらを踏まえた上で、どういう特徴を持ったパパ活女子には、ついついプレゼントを買ってしまうのかを紹介します。

 

パパ活「買い物デート」ついついプレゼントしてしまうパパ活女子の特徴

リアクションが良く、心底喜んでいる様に見える

リアクションが良い女性

好きな子に喜んで欲しい、笑顔になって欲しい、自分がやってあげた事を嬉しがって欲しいと言うのが男性の単純な思考です。なので、普段のデートでも、待ち合わせが決まった段階、待ち合わせで会えた時、美味しい物を食べている時などに、「男性がこの子にして良かったな」と思えるくらいのリアクションをする様にしましょう。

ちょっと大げさなくらいでも良いですが、嘘が透けて見えるのは良くないので、本気で嬉しいと思い込みましょう。これをやっていると「この子がもっと喜んでくれる事は…」なんて考える様になるので、徐々に買い物デートに行き何か買って貰えたり、プレゼントしてくれる様になります。

リアクションの良さはパパ活の付き合いの全てに関わってくるので大切にした方が良いです。ちょっとした物を貰っても「えぇ~!超嬉しい!」なんて言いながら、ちょいとハグするだけでも、パパの心はグッと掴める事は多いです。

 

プレゼントされる事を断る

拒否、お断り

プレゼントすると言う流れになっても、先ずは1度「でも、そんな高い物を買ってもらうなんて悪いんで…」と断りましょう。これで「そう、それじゃあ止めておこう」なんて言う男性は殆どいません。こういう控え目な感じが、また好印象となります。

更に実際に買って貰った時には、もう1度「やっぱり、こんな高い物頂くなんて、悪い気がします…」と言っておけば良いでしょう。「いやいや、もう買ったし、貰ってよ」となるでしょうから、そうなったら目一杯喜んで下さい。

 

そつなく綺麗にしているのにアクセサリーを付けていない

ネックレス

「いつも綺麗にしているけど、リングやネックレスなんかは付けていないな~」と思う子には「アクセサリーはあんまり付けたりしないの?」と聞くと、大抵は「こういう大切なデートに付けていける様な物を持っていなくて」とか「金属アレルギーになったから付けられる物が限られちゃって」と言う感じになります。

こうなるとお金に余裕があるパパ的には「それじゃあ俺とのデートの時に付けれる様に何かプレゼントしようか」とか「金属アレルギーでも大丈夫な24金かプラチナの物をプレゼントしようか」となります。

これって、そういう流れを狙って「あえて付けない」女性もいると思います。それで良いんです。ブランド物ばかりで身を包んでいたり、アクセサリージャラジャラ付けている女性には、イマイチ買ってあげたい感が出ませんから。

 

「〇〇なんて、〇〇さんが初めて」を強調する

笑顔で喜ぶ女性

例えばアクセサリーを買って貰ったとしたら「こんな素敵な物を買って貰ったの、〇〇さんが初めてです」と、初めてを強調しましょう。その手前で「じゃあネックレスを買ってあげる」とかって話になった段階でも「アクセサリー買って貰えるなんて〇〇さんが初めてだし、めちゃくちゃ嬉しいです」なんて言っておきましょう。

「男は女の初めての男になりたがる」と言う言葉がありますが、これはエッチに関してだけではなく、女性の経験でも同じです。なので、初めての経験を自分がさせてあげた上で、更に喜んでくれたなら「もっと、この子の初めてを俺がやってあげたい」と思います。

「パパ活やっている子は他にもパパがいるんだろうし、プレゼントも貰っているんだろう」と思いつつ男性は付き合っているので、「俺が初めてなら!」と張り切ってくれる人も多いと思います。

 

その場で付けてデートするし、次のデートでも付けて来る

ブランド店

買ったら、その場で付けたり、着て食事デートなどに出掛けると良いでしょう。自分が買ってあげた物を喜んで付けている女性がいるだけで、男性は幸せな気分になります。まあ一種のマーキング的な感情でもあり、割り切っての遊びですが自分の女感が出るので、何か良いんです。

大切なのは、例えばアクセサリーだったら、貰った男性とのデートの時は必ず付けて行く様にしましょう。そうすると、男性は「自分がプレゼントした物を大切にしてくれている」「自分があげたと覚えていてくれている」と思うので、更に色々と買ってあげたくなります。

こういうのを忘れない為にも、誰に何を買って貰ったか、この日のデートではどういう格好で行ったかなどは、全て日記などを付けるか、写メで取って記録しておきましょう。

 

プレゼントのお返しをする

プレゼント

何かを頂いたら、何かを返すと言うのは日本人の基本的なマナーです。プレゼントして貰ったら、何かお返しをしましょう。値段は全く気にしなくて良いので、何か1つ形にしましょう。

例えば「お菓子作りが好きだから、〇〇さんの好きなウイスキーに合う様な感じで、クッキーとチョコを作ってきました」なんて言うのも良いでしょう。独身パパなら物をあげても大丈夫なので「〇〇さんの顔立ちや肌の色に似合いそうだったので」と言う感じでネクタイやハンカチをあげたりするのも良いでしょう。

ポイントとしては単に「お返しです」じゃなく、「〇〇さんに対してのお返しです」と言う部分です。ちゃんと、その人を想像して、その人の為に考えお返しを選んだと言うのを忘れない様にしましょう。

 

プレゼントして貰えない場合でもムスッとしない

プロフィールの写真を掲載していない

買って欲しい物があったから、おねだりしたら断られた。プレゼントして欲しいから、今回紹介したノウハウを使ったけど買って貰えなかった。こういう時は、大抵は男性側も「買って欲しいんだろうな」と感づいています。

ただ、その日はプレゼントする気がなかったり、持ち合わせ的に無理だったり、まだそういう対象としては見れていなかったりするので、無理強いするのは絶対にNGです。そういう話をして雰囲気やリアクションを見て、ダメそうなら直ぐに引き下がりましょう。プレゼントはあくまで付属品です。

本当に収益になる部分である、お手当すらなくなってしまう可能性があるので、先ずはそこを大切にしましょう。

買って貰えずムスッとしたり、不機嫌になりリアクションが悪くなったりすると、買い物デートでプレゼントどころか、デートのオファーすら来なくなります。お金持ちでも、プレゼントする様な気分にはならない時はあるので無理はしない事。先に行った様に男性は感づくので、それをスルーしてもその後のデートを楽しくできる子には、今度は買ってあげようかなと心を許す事も多いです。

今回紹介した感じを忘れず、応用して使える様になれば、パパから買い物デートに連れて行って貰えるし、プレゼントもガンガン買って貰える女性になると思います。

関連記事一覧