• パパ活の相場などお金事情
  • パパ活の相場などお金事情についてまとめています。パパになりたいが予算はどの程度?気になるお手当、都度払う、月極、月収、月額、値段、ギャラ飲みの価格、時給、税金、都道府県別、地方の相場など、パパ活に関するお金の実態についてはこちらをご覧下さい。
秘密、内緒

単発でパパ活をする際のお手当の平均金額の相場とメリットやデメリット

定期的に会う関係では無く、単発で会って、都度の支払いでパパ活をやりたい人向けに、お手当の平均金額の相場とメリットやデメリットや注意点をまとめています。空いた時間を活用して、不定期でパパ活を単発でやりたいと言う人は、ぜひ参考にして下さい。

パパ活での定期、都度(単発)の違い

定期:週に何回会う、月に何回会うと決めている場合や、それに近い感じで定期的に会っている関係。

都度(単発):特に回数は決めず、空いている時に相手が空いていればと言う感じで会う。月に何回も会う時もあれば、1回程度の場合もある。

 

パパ活で都度(単発)でのお手当の平均金額の相場

お金に関しては上記の記事に詳細をまとめているので、今回は単発に関してのみ紹介します。

顔合わせのみ:交通費53千円~5千円、もしくは無しの場合も。

食事などデートのみ:交通費5千円+5千円~1万円。

プチあり:デートの相場に+1万円~1万5千円。

大人あり:デートの相場に+2万円~3万円。

このくらいが現在のパパ活の平均相場とされていますが、女性のレベルによって多少の上下はあります。レベルが低くパパが見つからないタイプは下げないと見つからないし、レベルが高い場合は少々上げても相手は見つかります。また地方でパパが少ない地域だとやや下がります。

 

パパ活を都度(単発)で行う事のメリット

 

■固定されないので束縛される感じが無く自由に出来る日が多い

■お小遣いが欲しい時に、ちょっとした空き時間を有効に使える

■パパとの距離を保てるし、後腐れない関係になり易いので面倒な事になりにくい

■割り切ってアッサリした付き合いが出来るので、個人情報なども全く知られず付き合える

 

パパ活を都度(単発)で行う事のデメリット

■固定されないので安定した稼ぎになりにくく、稼ぎたいなら多くのパパの相手をしないといけない

■定期のパパよりお手当が少ない場合が多い

■お手当の交渉がしにくい

■体を使わないと稼ぎにくい

■パパ活では希望者が女性が圧倒的に多いので、女性過多で女性はライバルが多い。その為、パパを捕まえておかないと、相手選びが大変になる。

 

それぞれに良い面、悪い面がありますが、最後に書いたようにパパ活の世界は女性過多なので、男性は女性を選びたい放題です。ですから、1度でもデートして仲良く出来そうなパパだったら絶対に捕まえておかないと、上手に稼いでいけません。どうしても単発しか無理だと言う人以外は、定期のパパを何人か作っていく事が大きく稼ぐためには必要になるので、定期をおすすめします。

ただ美人の場合は単発でもプロフィールに写真をちゃんと載せておけば、バンバンとオファーは来るので、その類ではありません。

関連記事一覧