• パパ活の相場などお金事情
  • パパ活の相場などお金事情についてまとめています。パパになりたいが予算はどの程度?気になるお手当、都度払う、月極、月収、月額、値段、ギャラ飲みの価格、時給、税金、都道府県別、地方の相場など、パパ活に関するお金の実態についてはこちらをご覧下さい。
相場

パパ活の相場が下落中?現在の相場と一昔前の相場を比較

2019年~2020年にかけて、パパ活の相場が下落しているとされている。2018年以前のパパ活の相場と現在を比較してみます。現在のお手当や報酬の価格は安すぎるのか、妥当なのか、それともまだ高くて下落する可能性があるのかを検証します。

パパ活の現在の相場と一昔前の相場を比較

~2018年 2019年~
交通費
5千円~1万円
5千円
デートのみの相場 1万円~3万円 1万円~1万5千円
プチの相場 1万5千円~3万円 1万円~1万5千円
大人アリの相場 3万円~5万円 2万円~3万円

パパ活がブームになって一気に女性希望者が増えたので、価格は下落傾向ですが、2019年~の価格を見ても例えばデートだけでも交通費を含めると2万円以上、デート+プチなら3万円前後、デート+大人アリなら5万円程度と、価格としては高い状態です。(年齢は一番需要がある18歳~20代前半の価格で、それ以外はやや安くなる事があります。また美人なら相場はアップ、逆なら下落します)

以前がバブル状態なだけで現在は妥当な価格、もしくはやや高いくらいの状態を保っていると言えます。以前を知っている女性からすれば「下がり過ぎ」「安すぎ」と思うかも知れませんが、キャバクラや風俗の給料と比べれば、かなり高いです。

 

パパ活の相場は今後も下落が続く可能性があるか?

パパ活の相場は今後も下落が続く可能性があるか?

先に述べた様に、現在は妥当な価格~やや高めくらいなので、下がっても少々くらいの下がりしかしないと思います。パパ活が話題になって一気に女性希望者が増え、男性との需給ギャップから、男性を捕まえられない女性がドンドン価格を下げていましたが、現在くらいでかなり止まっており、新規参入者の男女共に相場観が分かった人が入って来る様になったので、ここから極端な下落は無いと思われます。

どうしても最初の顔合わせの時には、ある程度相場に合わせた価格を条件にしておかないといけませんが、それはあくまでお試しの初回価格と言う事にしておくべきです。

 

女性は安売りしない、男性は高値掴みしない為に交渉をすべき

お金、札束

お手当の交渉は男女共にすべきだと思います。最初のデートは顔合わせも兼ねてなので、あくまでお試しと言う事で、相場くらいが良いと思います。その上で最初のデート中に、男性側はまた会いたいと思った場合は相場よりやや高めにお手当を設定してあげれば、その子を捕まえておける可能性が高くなります。また、イマイチだけど相場より安ければ良いかなと思える程度なら、相場よりやや低めを提示してOKかどうかの反応を見て、OKすれば儲けものくらいに考えればOKです。

女性側へのアドバイスとしては、男性側は良い子には高めに、そうでは無い子には安めなお手当をと考える人が多いので、最初からきっちり決めると損をする場合があります。例えば顔合わせで予想より好みだったし、デートも楽しかったから「相場より高めに」と思ってくれる人がいたとしても、その前の段階できっちりお手当を決めてしまうと、それ以上には払って貰ません。2万円貰える人だったのに、相場の1万円になってしまったと言う事も有り得ます。

ですので、女性側も最初からきっちりと決め過ぎず、初回のデートは顔合わせとお試しと思って、そのデートで男性の気持ちをシッカリ掴みその後のお手当で高報酬をゲット出来る様になりましょう。

関連記事一覧