• パパ活の危険性やリスク
  • パパ活の危険性やリスクについてまとめています。パパ活での男性側の被害や女性側の被害、危険人物の特徴、犯罪や違法性がある不法行為、食い逃げ、詐欺、ヤリ逃げ、逮捕事例、ストーカー、トラブル、関連する法律など、パパが本気になった後では遅い知っておかなければいけないリスクを紹介。
パパ活でプロフィールに使う顔写真はどういう物が良いか?

パパ活でプロフィール写真の流出リスクは?男女両面から解説

パパ活を始める時、男女共にSNS、出会い系サイト、パパ活サイト、デートクラブで相手を見つける事が殆どです。その際、相手に見せるプロフィール写真、顔写真の流出リスクはそれぞれどの程度か?誰にもバレない様に秘密で楽しみたい人は、必ず把握しておきましょう。

パパ活でプロフィール写真の流出リスク

「SNS>出会い系サイト>パパ活サイト≧デートクラブ」の順で、プロフィール写真が流出したり、ネットで晒されるリスクが高いです。

SNS

主にツイッターですが、男女共にツイッター上でパパ活をやっている人は質の悪い人が多く、気に入らない事があれば簡単に相手の情報を写真付きで晒します。アカウントがあり、常に使っているので、画像をアップし晒す行為までのハードルも低いのが特徴です。特に10代~20代が晒す事が多いので、無料系の怖さではあります。

簡単に会員登録し幾つもアカウントを作れるので、晒す為だけに新規でアカウントを作る人もいるくらいです。安全面を考えると、まず利用はおすすめ出来ません。

出会い系サイト、パパ活サイト

会員制で、アカウントを有効にし全ての機能を使う為には年齢確認を済ませないといけません。そういう事から、SNSよりはアカウント作成のハードルは高く、写真の流出リスクはやや減ります。

ただ、これらのサイトのユーザーは若い人が多いので、SNSのユーザーが被っており、出会い系サイトやパパ活サイトで嫌な事があれば、地雷に当たったとして、写真付きで晒される事はあります。

デートクラブ

ネットだけでは登録は完結せず、対面の面接を終了して初めて会員登録可能になります。会員にならないと他の会員のプロフィール写真は閲覧できないので、ハードルは非常に高いです。もちろん、悪意ある会員が流出させる事もあるでしょうが、SNSや出会い系などに比べると、圧倒的に安全だと言えます。

会員費、女性とのセッティング料など、サイトでの出会いと比べると高額になるので、それを払えるハイクラスな男性が多いのが特徴です。ですので、リスク管理が出来るタイプの人が多い。女性も面接されており、常識やマナーのチェックはされているので、他よりはかなり安心できると思います。

POINT100%安心できる、流出しないサービスはありません。しかし流出させたり、晒す行為をすれば、自分も晒される可能性があるので、リスク管理が出来る人はやりません。そう言った観点から安全面を第1に考えるならデートクラブが良いでしょう。

パパ活では、特に男性は秘密にしておかないと様々なトラブルになってしまうと言う人が多いので、安心できるデートクラブがおすすめです。

 

会員情報の流出やリスク、経歴や利用履歴が残ったりする事はあるか?

SNS

アカウントを削除すれば全ての履歴は消えるが、インターネットアーカイブなどに残っている場合はあります。削除して日が経たない内は、検索エンジンのキャッシュに情報が残る事もあります。

出会い系サイト、パパ活サイト

優良サイトの場合、退会と共にデータは削除されます。一定期間保存される場合でも半年、1年程度で無くなる様です。

デートクラブ

退会する時に、クラブ側にきちんと退会の意思を伝えると共に、個人情報の削除をお願いしましょう。まともにやっている所は、きちんと対応してくれます。

関連記事一覧