• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
食事、フォークとスプーン

【P活】パパ活「何か食べたいものはない?」と質問された時の正解

【P活】パパ活でパパから「今日は何か食べたいものはない?」と質問された時や、「食事のお店を選んでおいて」と言われた時に、どういう返事をしたり、お店選びをすれば良いか、正解を紹介します。パパ活での食事デートでは度々ある可能性があるので頭に入れておきましょう。

パパ活「何か食べたいものはない?」と質問された時の正解

パパから、今日は何か食べたいものはない?と言われたけど、その際に「お店選びはパパに任せるべき」「食事する場所はパパが食べたい物にすべき」「高いお店に行きたいけどリクエストしても良いのか?」等と考えて答えが出なかったと言う女性もいると思います。

先ず、こうやって聞く時のパパの心理は「自分は特に何を食べたいと無いから、女性の食べたい物を食べよう」「ジャンルを決めてくれたら、お店選びはするから、ジャンルだけ決めて欲しい」「女性に喜んで欲しいから、女性の食べたい物を一緒に」と言う感じの人が殆どです。

POINTですので「何か食べたいものはない?」と聞かれたら、ちゃんと「〇〇が食べたいです」と言った方が良い。これとは逆に「私は何でも良いです」とか「パパの好きな物で良いよ」とかは求めている答えでは無いので止めた方が良いでしょう。

それと共に値段関係は気にせずで良いです。パパ活をやっているくらいだし、ある程度の余裕がある男性なので、お寿司でも焼肉でも良いんです。なのでズバリ「お寿司が食べたい」と言えばOKです。ただ、少し幅を持たせた方が良い場合もあるので「お寿司とか、お刺身とか、何か魚系だったら嬉しいです」と言う感じにしておけば、連れていきたいお寿司屋が予約が一杯で入れなかった場合、お刺身が美味しい和食屋に行こうと言う感じに出来るので、少々の選択肢はある返しにしておいた方が良いでしょう。

 

パパ活でパパに「食事のお店を選んでおいて」と言われた時の正解

パパ活でパパに「食事のお店を選んでおいて」と言われた時の正解

お店を選んでおいてと言う時のパパの心理は「お店選ぶの面倒だし、俺は何でも良いから、選んで欲しい」「今回は特に食べたい物もないし、彼女の好きな物にしよう」「どこか連れて行ってあげたいけど、忙しくてチョイスしている時間がない」と言う感じなので、これも「分かりました!」とちゃんと受けましょう。

POINTこの場面になって「苦手な物はありませんか?」「どういう場所なら大丈夫ですか?」なんて聞かれると面倒なので、初回のデートの時に必ずパパの好みや、どういう場所が良いかは把握しておきましょう。

「いや、それが把握できていないから、この記事を読んでるんじゃん」と言う女性がいたら、その時は「個室が使えるお店」を先ずは選ぶ事。それから、これまでのデートで使ったお店の地域はOKだと言う事だから「その地域のお店」にする事。これまで食べた内容を思い出して「大丈夫そうなジャンルのお店」を選ぶ事。間違っても若者で賑わっているお店、年の差カップルが浮くお店、自分の友達がいるお店などは選ばないようにしましょう。

「いや、初デートからいきなり店を選べと言われたんですが…」と言う女性の場合は「個室が使えるお店」が無難。場所は歳の差カップルが目立たない「夜の繁華街」が良いでしょう。ここなら同伴の人たちも多いので、個室じゃなくても良いくらいです。初回デートから任されたなら「肉か魚」かくらいは聞いても良いと思います。その答えも「何でも良いよ」だったら、貴方の好きなジャンルにしましょう。それでも心配なら和食店や居酒屋だったら、好き嫌いがあっても対応できるので良いでしょう。

関連記事一覧