パパ活コラム

女優の高木美保(57)パパ活批判「本当はダメ、お金目的、おごり目的」

女優の高木美保(57)パパ活批判「本当はダメ、お金目的、おごり目的」

卓球の水谷隼(30)から大学生らがお金を脅し取ろうとした事件に関し、女優の高木美保(57)が「本当はダメ、お金目的、おごり目的」とパパ活批判を行った。全く性質が違う事件を、パパ活と絡め、更に男女の交際に絡める不思議なコメントを行った。

女優の高木美保(57)パパ活批判

動画23分辺りから

「昔は美人局、今の結構若い女子ばっかりなのかな、男子もそうなのかも知れないけど、ちょっと美味しい物をお金持ちの異性に食べさせて貰おうとか、何となく粉を撒くんですよ。デートできるかなとか、ひょっとすると、もうちょっと深い関係になれそうだと期待を持たせるだとかを割と普通に流行りの様にやっていて、トラブルになったと言う話も実は私聞いているので、本当はダメなんですよね。そういうお金目的、奢り目的でね、相手に粉を撒く様な事って。」と最近の流行りとしてパパ活を匂わせ批判した。

「でも男女関係って割り切れないから、何が好きで嫌いなのかって、本当に線が引きにくいんだけど、明らかにこれは恐喝だし、犯罪だし」とここでご自身でも仰っている様に、水谷選手の件は美人局、恐喝で犯罪ですが、その前段階でコメントした部分は男女の個人的な関係の事なので、全く性質が違う事件を、パパ活と絡め批判した不思議なコメントに感じました。

これがダメなら、パパ活は勿論ですが、水商売の女性も多くはダメになるし、どっちかと言うとパイが大きいので、水商売の方が圧倒的にトラブルは多いけど、そこには突っ込まないのかなと。高木さんがいる芸能界なんて、昔からご馳走してくれる人は多いし、パトロンは多いし、更に言えば、単純に落としたい女性がいるなら「美味しいご飯食べに行こうよ!俺が奢るから」なんて言う男性なんて山ほどいるので、まともな恋愛でも行われている事を絡めるのはね…って感じです。

一般人や歳を重ねた人からは批判されがちなパパ活ですが、そのお金が無い人、それをやる一歩が踏み出せない人、ご馳走して貰えなくなった人のやっかみにしか思えないですね。個人間の男女関係に、いちいち自分の境遇の悪さや性癖を押し付けてくるなと、現役パパとしてはなんか感じてしまいます。

これを当てはめるなら、婚活でも「年収〇〇〇〇万円です!」っていう男性もダメだし、「年収〇〇〇〇万円以上を希望」って言う女性もダメだって話でしょ。

パパ活は絶対ココ!おすすめパパ活アプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役パパの私が実際に使い倒した上で選んでいます。

パパ活を始める人は、絶対に参考にして欲しい、おすすめパパ活アプリランキング。使うサイトやアプリを間違うだけで、相手を見つけるのは大変だし、質の悪い相手を掴むリスクも高くなるので、注意が必要です。

ランキングはこちら