パパ活の関連ニュース

新宿ホスト殺人未遂の高岡由佳被告「パパ活で海外旅行に行き200万円稼いだ」

高岡由佳被告01

ガールズバーの元店長・高岡由佳被告が新宿歌舞伎町のホスト琉月さんの腹を包丁で刺した殺人未遂事件。高岡由佳被告はホストに貢ぐ為の大金を風俗やパパ活で稼いでいた事が分かった。高岡由佳被告がどういう女性だったかインスタグラムなどからもまとめています。

新宿ホスト殺人未遂の高岡由佳被告

ソース:文春オンライン

東京・新宿区のマンションで好意を寄せていたホスト男性の腹部を刃物で刺し、殺人未遂の罪に問われているガールズバーの元店長・高岡由佳被告(21)の裁判が、12月3日、東京地裁818号法廷で開かれた。

高岡被告は逮捕後、「(ホスト男性が)好きで好きで仕方がなかった」と供述し、初公判では「間違いありません」と起訴内容を認めた。

「通うようになってすぐに(琉月さんの)すべてが好きになってしまった。週2、3回通うようになりました。(店で)1度に使った金額は5万円~60万円。(ホストの月の売り上げが決まる)お店の締め日や、売り上げの悪い日、彼がラストソングを歌いたいときは(お金を)多くつかいました(※その日の売り上げが最も高いホストが閉店間際にラストソングを歌う)。総額で250万円くらいだったと思います。(デートは)猫カフェ、映画、原宿に買い物、ホテル代はすべて私が払いました。(お店以外での支払いは)総額50万円くらいだったと思います」(高岡被告)

男女の関係となったのは今年4月。関係は週2、3回のペースで続いたという。ホストクラブで彼にお金をつかうため、高岡被告はガールズバーの仕事を辞め、渋谷のデリヘルやパパ活で資金を稼いだ。デリヘルは琉月さんに「汚いと思われて、嫌われたくない」という理由で話せなかったが、ゴールデンウイークにはパパ活で知り合った男性と海外旅行に行き、200万円を稼いだ。パパ活については、琉月さんにも打ち明けていた。

めちゃめちゃ可愛い子なんで、太パパも見つかるだろうけど、ゴールデンウィークに海外旅行と言うと、1週間程度の旅行で200万円と言うのは、1日30万円近くなので、稀な太パパを捕まえていた様ですね。

ここまで行かないでも、そこそこ頑張ってやれば月に100万円くらいは軽く稼げるのがパパ活の世界ではありますが…とニュースで私は先ずそこを感じてしまいました。

 

高岡由佳被告インスタグラム

高岡由佳被告インスタグラム

高岡由佳被告インスタグラム」はこちら

インスタを見ると、「めんへらばんぎゃ」と書かれ、タグで「メンヘラ女子、痩せた、痩せすぎた」なんて書いており、病んでいた感じが読み取れます。コスプレやアニメが大好きだったようで、病んでなければ私もお友達になりたいなんて思ってしまう程に可愛いです。

メイク無しだと流石に雰囲気は変わりますが、それでも可愛いですね。

500万円の示談が成立している事や、被害者が情状酌量、寛大な処分を願っていた事もあり、どれくらいの量刑になるのかが注目されていましたが、懲役5年求刑に対して、懲役3年6ヶ月の判決が下されました。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら