パパ活の実態や体験談

「パパ活でやり逃げされた」女性の体験談、手口、防ぐ対策方法を紹介

やり逃げ男性

パパ活では未だに約束したお金を払わずやり逃げする男性が後を絶たない様です。やり逃げする男性は、どういうパターンや手口で仕掛けてくるのか女性の体験談をまとめてみました。

また、そういう被害を防ぐ為の対策方法を紹介するので、初心者は参考にして下さい。

「パパ活でやり逃げされた」女性の体験談と男性の手口

こんな感じで今でもやり逃げする男性は存在しているので、パパ活女子は注意が必要です。具体的にどういう手口だったのか女性の体験談を見てみると…

プチで5万円払うって事だったので駐車場で応じましたが、終わった後に時半でお茶を買ってきてと言われて、買ってきてる間に逃げられました
後払いでまとめて口座に振り込むと言われたので、2度デートしましたが、その後に音信不通になってアカウントも削除し連絡が取れなくない
ご飯デート→ホテル→ショッピングと言う流れで、予算20万円で買って欲しい物を買ってあげるし、残った分が現金でお手当と言われ、最後のショッピング中に途中でトイレに行ったまま帰って来ず、途中でやり逃げされたと気付きました…
男性側もお金渡して逃げられた被害があると言う事だったので、目の前でお金を入れた封筒をコインロッカーに入れて、そのカギを私に渡してくれてホテルに。事後、男性と別れてロッカーを開けると中身が無い封筒があるだけ。ロッカー閉める前に封筒をすり替えたようです
大人10も出してくれるって話だったから初めて話に乗りました。会った時にじゃあここに入れてるからと、10万円ほど入っているお札をチラっと見せられて、封筒は封をされて貰いました。終わった後に見てみると、本物は1番上の1万円だけで、下は全部カラーコピーした偽物でした

こんな感じで男性も色々な手口を考えて女性を騙し、やり逃げしている様です。ただ、傾向は出ており、防ぐための対策方法はある程度取れます。

パパ活でやり逃げを防ぐ為の対策方法

拒否、断る

1.先払いで現金で貰う事を徹底する

お手当を先に貰っておけば、少なくとも0円でやり逃げされると言う事は無くなります。パパ活デートでは、デートに対するお手当は顔合わせの時、デートの最初の段階、食事デートならお店に着いて直ぐに貰うべきです。

男性が払わずにいたら言い出しにくい子もいるかも知れませんが、これは徹底しましょう。「申し訳ないですが、先にお手当は貰っておいて良いですか?」と言えば良いです。これで怒ったり、機嫌悪くする相手はそもそも地雷率が高いので、その時点で止めておけば良いだけです。

定期でない限り、口座振り込みで後払いなんて逃げる為の口実でしかありません。

2.貰ったら中身を確認する

パパ活に限らず、手渡しでお金を渡すとなると、金額が合っているかどうかは直ぐにその場で確認すべきです。後から「少なかったんだけど…」なんて言っても後の祭りです。

「いや、俺はちゃんと入れたし、お前はそんな嘘までつくのか?」と思われる事もあります。友達同士でのお金のやり取りだって同じ様なトラブルになるし、お店や金融機関などに対しては、後から言っても、その少ない分がお店や金融機関の責任だと言う明確な証拠がない限り、払って貰えません。

相手が見ている、その場で直ぐに確認しておけば、少なければ指摘して足りない分を貰えます。

特にパパ活相手との関係が浅い内は「失礼ですがトラブル無い様に確認だけしても良いですか?」と言って確認しましょう。それでイラつく相手なら地雷なんで関係を切りましょう。

3.初回から体の関係になるのは避ける

どうしてもお金を稼ぎたいし、手っ取り早く高収入が得られるからと、大人アリでやる子も少なくありませんが、初回からそういう関係になるからこそ、相手がどういう人物か見抜く前に関係を持って逃げられます。

やり逃げされた女性を見ると、9割以上が初めての相手とパパ活して逃げられていました。

もし、相手の男性と関係を持つにしても、初回デートは勿論、数回は普通のデートをした上で関係を発展させた方がリスクは少ないです。相手の男性もそういうスピードでOKと言う事だし、女性に無理強いしたり、オラオラしたり、逃げたりしない安全なタイプは多くなります。

かと言って大人の関係を全力でNGにするとパパは見つからなくなるので、OKもNGも書かず、言わずで良いと思います。

その上で、この人は安心できるタイプだし、そういう関係になって良いと思えば、女性側からアプローチすれば良いだけです。

4.相場以上の男性は要注意する

やり逃げに引っかかった女性を見ると、相場以上のお手当を提示されている事も多く見かけます。会う前から相場以上を提示するって事は、よほど気に行ったか、実は全く払う気が無いかのどちらか。

そして9割以上は後者で、払う気が無いからそういう提示をし、手っ取り早く釣ってやり逃げしようとします。

殆どの男性は相場を提示するし、会ってからでないと、それ以上の値段設定には応じません。会う前から相場以上の提示は「美味しい」ではなく「危険」と認識しておきましょう。

パパ活でやり逃げしても犯罪にならない!?

パパ活中の人は必見!援助交際は犯罪では無い!?どこから違法に?

約束していたお金が貰えなかったと言う場合、相手の男性を訴えたいと思うかも知れませんが、売春は罰則はありませんが違法で、公序良欲に反する事なので、その契約は無効で請求はできません。

逆にお金は貰ったけど体の関係に応じなくても、その後に応じる義務も無いし、お金を返金する必要もありません。

なので、警察も弁護士も取り合ってくれないから、泣き寝入りになってしまいます。残念ながら、これが現状です。しかし、相手が計画的にそれを行っているなら、詐欺として犯罪になる可能性はあります。

因みに体の関係を持つ約束はせず、単にデートだけの約束で男性が逃げた場合は、公序良欲に反する事ではないので、請求は可能と言う弁護士さんは多いです。ただ、そのお金より弁護士費用などの方が掛かるのが問題点ではありますが、社会的制裁をと考えるなら可能です。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋で、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しています。コンサルの仕事を通じで昔はネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
パパ活は絶対ココ!おすすめパパ活アプリランキング
パパ活ランキングトップバナー

現役パパの私が実際に使い倒した上で選んでいます。

パパ活を始める人は、絶対に参考にして欲しい、おすすめパパ活アプリランキング。使うサイトやアプリを間違うだけで、相手を見つけるのは大変だし、質の悪い相手を掴むリスクも高くなるので、注意が必要です。

ランキングはこちら