• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
メッセージ、メール

パパ活でのメールや連絡の頻度のベストとは?メッセージ頻度まとめ

パパ活で上手く相手を見つけたパパやパパ活女子が、実際にお付き合いを始めて悩む、メールや連絡の頻度。どういうタイミングで送ったりすれば良いのか?メッセージを返さない男にはどうしたら良いか?連絡に関してのマナーやルールなども含めてまとめて紹介しているので参考にして下さい。

パパ活でのメールや連絡のベストな頻度

デートする際の連絡

パパ活では月極や都度払いと、支払いの形は様々ですが、会う時は基本的に男性からのオファーがあってからです。

月極なら月の初めに「今月分」と言う形でお金を貰います。最初の取り決めで、月極〇円なら何回会うなどと決まっている事が殆どなので、男性から連絡が来たら、デートします。都度なら男性から連絡が来てデートする時に「今日の分」と言う形でお金を貰います。どちらにしても、デートする際は男性が連絡し、女性が受けると言う形になります。

POINTパパ活をやっている男性は仕事が忙しい人も多いので、予定は男性の予定ありきで決められます。基本的に女性にも拒否権はありますが、あまり断ると、パパは他の女性の所に行ってしまう事も多いので、男性に合わせた方が無難です。

逆に女性側がもっとお金が欲しいから「デートして」と連絡すると、予定が合う時にたまになら良いですが、それが多くなると自分が「金」にしか見えていないと思い冷めてしまうので、女性からデートの催促の連絡は控えておいた方が良いでしょう。キャバクラの営業メールと同様で、冷める男性は多いです。

 

普段の連絡

パパから連絡が来ないし、前に入れたメッセージの返信も無いままと言う事なら、どうしているのかお伺いの連絡は入れても良いと思います。営業メールの様になってしまわない様な文章にする為に、パパ活の事は一切触れずに、相手の体調や仕事などを気遣う内容が良いです。パパは貴方からメールが来ただけで、「パパ活したいんだろうな」「食事に連れて行ってあげないとな」と思うので、わざわざ言及する必要はありません。

POINTこういう連絡は週に1度でも多いので、多くても2週に1度くらいが良いでしょう。多くなると面倒に思われ切られるだけです。もし、パパが中々デートのオファーをくれないで稼げていないなら、そのパパは置いておき別のパパも探せば良いだけです。

連絡が来ないから切る必要もありません。貴方と言うお店に来てくれるお客さんなのだから、数は多い方が良いです。手に余るくらいになってきた時に初めて、その中できちんと回して高額収入になっていくパパ達だけでシフトを組み、他とはフェードアウトしましょう。稼ぎは少ないけど、良いパパの場合は切ってしまわず、もしもの代用に出来るので、連絡は出来る状態は継続しておくと尚良いです。

パパ側はデートのオファーの際にしか連絡をしないと言う人も少なくありません。しかし、女性側にとって連絡が無いのは不安を感じるので、大切にしたい子なら、1週間に1度くらいは連絡を入れてあげましょう。

 

パパ活でのメールや連絡のベストな時間・タイミングとは?

連絡を入れる時に、友達なら適当な時間にメッセージを残しておけば良いが、パパ活では色々と気を遣った方が良い。できれば、最初の顔合わせで条件を詰める時に、どういう時間帯なら連絡しても大丈夫かと言うのを、お互いに希望を出しておくべきです。

POINT決めていなかった場合は、パパ側は結婚している人も少なく無いので、家庭でトラブルにならない様に夕方以降~翌朝までは連絡をしない方が無難でしょう。昼前~夕方前までは家庭を離れている事が濃厚な時間なので、そのタイミングで連絡を入れるのがベストです。

パパが独身だと分かっている場合は、深夜~早朝を避ければ、後は何時でも良いと思います。仕事と思われる時間帯はメールだけで、それ以外で電話した時に取らなければメッセージを残しておけばOKです。しつこくしたり、深夜や早朝にバンバン連絡入れて来る非常識なタイプは、パパ活でなくても嫌われます。

パパの生活スタイルが分かれば、それに合わせて連絡を入れる時間を考えましょう。

パパ活女子側も、パートナーがいる場合は連絡を受けられない時間帯、連絡入れて欲しくない時間帯があると思うので、必ず最初の段階で伝えておきましょう。

関連記事一覧