MENU
パパ活コラム

レンタル彼女とパパ活の違い、サービス内容などを徹底比較

レンタル彼女とパパ活の違い、サービス内容などを徹底比較

レンタル彼女とパパ活は、どちらもお金を払えば一般女性と楽しくデートが出来るサービスとして知られているが、どういう違いがあるのかを分かっていない人は多い。使ってみたいと言う人は、先ずはレンタル彼女とパパ活のサービス内容などを徹底比較しているので、こちらを読んでからにしましょう。

レンタル彼女とパパ活の違い

レンタル彼女は各社サービスの平均、パパ活は平均相場となっています。

レンタル彼女 パパ活
値段 1時間5000円~1万円、指名料3000円、交通費3000円~。大人は求めた時点でサービス終了。 2~3時間交通費込み1万円~1万5000円、プラス大人2万円~4万円(トータル3万円~5万円程度)。
時給 2000円~5000円程度。店側に半分近く取られます。 お手当は丸々自分のお金になります。
デート代 男性持ち 男性持ち
メッセージのやり取り 個人間という前提だが店がやり取りしている場合もあり。

連絡はサービスに関してのみで、プライベートな連絡は禁止になっている事が多い。不必要な連絡が多いと即ブロック。

個人同士で交換し自由に何でも可能。
提供時間 最終電車に乗れる時間まで。

許可された子だけ朝までOKだが、タクシー代が更に必要。

お互いがOKならお泊りすら可能。
デートの場所 個室や密室でのデートは禁止。 お互いがOKならどこでも可能。
大人な関係 一切禁止。誘った時点、キスやハグなどをしようとした時点でサービス提供終了。

下ネタすら禁止の所も。

お互いがOKなら大人な関係も可能。
その他 個人的に繋がりお店に内緒で会っていた場合は損害賠償。 全てが個人間のやり取りになるので、責任もいお互いの責任に。

同じ様なサービスでしょって思っていた人もいると思いますが、こんなにも違いがあります。かなり高額な料金設定にも関わらず、キャバクラ以上に厳しいレンタル彼女。横に並んで歩いてお喋りするか、食事するか程度しかできませんし、それ以上を夢見た瞬間に「はい、終了です」となります。

私としては「レンタル彼女なんて使う必要ないでしょ」と言う感じです。だってレンタル彼女以下の値段で、それ以上の楽しみがあるので。パパ活でも、デートじゃなくて彼女役として振舞って欲しいと言う場合でも、何人かにオファーすれば1人くらいは直ぐに見つかるし。

レンタル彼女が登場した当時に、ネタとして1度東京でサービスを利用して見ましたが、その時の女性一覧を見て「うわ、この値段で、このレベルか」と思った事を凄く覚えています。

今ならパパ活やれば、A級、S級の可愛い子だって簡単に出会えて遊べちゃうので、レンタル彼女よりは絶対にパパ活をおすすめします。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら