Twitterパパ活で使われる#ハッシュタグ一覧

【P活】パパ活で使われる「#ハッシュタグ」一覧まとめ
ジン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ユニバース倶楽部
男女共に今がチャンス!
ユニバース倶楽部

新規ご入会で半額ポイントバック

「キャンペーンコードをお持ちの方」の欄に「m015c6e65b4b5545」を入力するだけ。

男性会員増キャンペーンで女性も太パパと出会うチャンスがアップ!

今回はSNS上、特にTwitterでパパ活相手を募集する際に良く使われる「#ハッシュタグ」を一覧でまとめて紹介します。

参考

パパ活アプリ等のプロフィールやメッセージ等で使われる専門用語や隠語は以下の記事を参考にして下さい。

パパ活で使われる隠語や専門用語の意味を徹底解説

Twitterパパ活で使われる「#ハッシュタグ」一覧

パパ活をやっている人が良く使っている「#ハッシュタグ」です。パパ活をやっているけど、SNSではパパ活相手を募集しておらず、パパ活の毒を吐きたいと言うPJさんが使っている場合もあります。

#パパ活
#パパ活(地域名)
#パパ活初心者
#パパ活募集
#パパ活JD
#パパ探し
#p活
#p活
#P活
#P活(地域名)
#p活募集
#p活女子
#p活初心者
#pjさんと繋がりたい
#プチ
#ぷち
#サポ
#援交
#援
#円
#えん
#裏垢
#愚痴垢
#裏アカ
#裏垢女子
#裏アカ女子
#交際クラブ
#くそ客のいる生活
#夜のプロフ帳
#夜のプロフ帳交換

ツイッターやインスタなどSNSでパパ活をやるのは超危険な理由

ハッシュタグ

業者や犯罪者予備軍がめちゃくちゃ多い

パパ活相手をネットで見つけるとしたら、殆どの人がパパ活アプリ、出会い系サイト、SNSのどれかになりますが、この中で圧倒的に業者が多いのがSNSです。

無料で、年齢確認や電話番号も必要なくアカウントは作りたい放題だからです。ハードルが低いから、一般人も勿論集まりますが、それ以上に業者がめちゃくちゃ多いです。

パパ活アプリや出会い系サイトは、年齢確認や電話番号認証などを行わないと使えないので、アカウント量産が難しいからです。

同じ理由で犯罪者やその予備軍も多いです。

アカウントは作りたい放題だから、捨て垢にして、ターゲットを釣り上げたらいつでも削除できる様にしています。よく、こんな所で出会いを探そうとするなと私は思います。

特に「#ハッシュタグ」を使っているアカウントは業者丸出しな垢が多いです。

一般人もめちゃくちゃ質が悪い

一般人であってもSNSでパパ活相手を募集している子はめちゃくちゃ質が悪いです。

SNSでパパ活相手を探す男性の正体

男性の場合は、アプリで年齢認証や電話番号認証ができないかしたくない、アプリ利用料を払うのが嫌だと言う理由の人が多いです。

と言う事は、危険な人かお金が無い人が多いと言う事です。そんな人をパパ活相手に選んだら、どういう事になるのか、女性は少し考えてみたらリスクは分かると思います。

SNSでパパ活相手を探す女性の正体

女性の場合は、サイトやアプリは利用は無料なので、SNSでやる人は、アプリで年齢認証や電話番号認証ができないかしたくない、登録作業が面倒、それらでは相手が見つからなかったと言う事です。

と言う事は、女性の振りして男性客を募る援デリ業者、女性の振りして男性ターゲットを狙う犯罪者、迷惑行為が多くアプリ利用停止になった女性、とにかく面倒くさがりな女性、パパ活アプリで相手が見つからないレベルの女性と言う事です。

一般人に当たったとしても、高いお金を払って会うくらいの質ではありません。パパ活アプリに登録すれば幾らでも一般の素人女性がいるし、美人な子もひしめき合っています。

男性にとってはSNSほど労力も必要ないし、月額使用料は定額で5000円~1万円程度です。キャバクラ1回分より安い価格で、何十人ものパパ活希望の一般女性と知り合えるので、経費としてはめちゃ安いと思います。

安全面から考えて「#ハッシュタグ」が使えるSNSなどじゃなく、パパ活専門サイトやアプリを使う事をお勧めします。

サイポリにシッカリ監視されている

TwitterなどSNSは出会い関連で児童が巻き込まれる犯罪の主な場所となっており、警察のサイポリもシッカリ監視しています。

援助系やパパ活系には警告も行っているので、そういう場所で相手を探すより、普通にアプリなどで相手を探した方が良いです。

間違って犯罪者になってしまわない様にする事も、ネットの出会いでは大切な事です。実際に私が使って評価しているので、以下の記事を参考に出会いの場所を考えてみて下さい。

運営者情報はこちら
ジン
ジン
パパ活歴7年目の40代の現役パパ
本業はIT系コンサルタント。ネットの出会いに関しての歴は24年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力。 20代は出会い系運営会社にも関わり、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
記事URLをコピーしました