• パパ活の始め方や方法
  • パパ活の始め方や方法についてまとめています。パパを探す、パパを探している女性を見つけるのが初めての人は、先ずはこちらを参考にして下さい。パパ活の仕方ややり方を分かって始める方が、効率的に良い出会いを見つけられます。始めたけどまだ見つからない人もこちらから!
【P活】パパ活で使われる「#ハッシュタグ」一覧まとめ

【P活】パパ活で使われる「#ハッシュタグ」一覧まとめ

【P活】パパ活で使われる「#ハッシュタグ」を隠語なども含めて、一覧でまとめて紹介します。ツイッターやインスタグラムなどSNSでパパ活相手との出会いを探している人が使っている事が多いですが、SNSでパパ活をやるのは超危険なので、それも併せて解説します。

今回はSNS上でパパ活相手を募集する際に良く使われる「#ハッシュタグ」を紹介するので、隠語については以下の記事にまとめているので、そちらを確認して下さい。

パパ活の隠語

パパ活で使われる「#ハッシュタグ」一覧まとめ

パパ活をやっている人が良く使っている「#ハッシュタグ」です。パパ活をやっているけど、SNSではパパ活相手を募集しておらず、パパ活の毒を吐きたいと言うPJさんが使っている場合もあります。

#パパ活
#パパ活(地域名)
#パパ活初心者
#パパ活募集
#パパ活JD
#パパ探し
#p活
#p活
#P活
#P活(地域名)
#p活募集
#p活女子
#p活初心者
#pjさんと繋がりたい
#プチ
#ぷち
#サポ
#援交
#援
#円
#えん
#裏垢
#愚痴垢
#裏アカ
#裏垢女子
#裏アカ女子
#交際クラブ
#くそ客のいる生活
#夜のプロフ帳
#夜のプロフ帳交換

 

ツイッターやインスタなどSNSでパパ活をやるのは超危険な理由

ハッシュタグ

業者や犯罪者予備軍がめちゃくちゃ多い

パパ活相手をネットで見つけるとしたら、殆どの人がパパ活サイト、出会い系サイト、SNSのどれかになりますが、この中で圧倒的に業者が多いのがSNSです。無料で、年齢確認や電話番号も必要なくアカウントは作りたい放題だからです。

ハードルが低いから、一般人も勿論集まりますが、それ以上に業者がめちゃくちゃ多いです。パパ活サイトや出会い系サイトは、年齢確認や電話番号認証などを行わないと使えないので、アカウント量産が難しいからです。

同じ理由で犯罪者やその予備軍も多いです。アカウントは作りたい放題だから、捨て垢にして、ターゲットを吊り上げたらいつでも削除できる様にしています。よく、こんな所で出会いを探そうとするなと私は思います。

特に「#ハッシュタグ」を使っているアカウントは業者丸出しな垢が多いです。

 

一般人もめちゃくちゃ質が悪い

一般人であってもSNSでパパ活相手を募集している子はめちゃくちゃ質が悪いです。

男性の場合は、サイトで年齢認証や電話番号認証ができないかしたくない、サイト利用料を払うのが嫌だと言う理由の人が多いです。と言う事は、危険な人かお金が無い人が多いと言う事です。そんな人をパパ活相手に選んだら、どういう事になるのか、女性は少し考えてみたらリスクは分かると思います。

女性の場合は、サイトやアプリは利用は無料なので、SNSでやる人は、サイトで年齢認証や電話番号認証ができないかしたくない、登録作業が面倒、それらでは相手が見つからなかったと言う事です。と言う事は、女性の振りして男性客を募る援デリ業者、女性の振りして男性ターゲットを狙う犯罪者、とにかく面倒くさがりな女性、パパ活サイトで相手が見つからないレベルの女性と言う事です。例え一般人に当たったとしても、高いお金を払って会うくらいの質ではありません。

パパ活サイトに登録すれば幾らでも一般の素人女性がいますし、美人な子もひしめき合っています。男性にとってはSNSほど労力も必要ないし、月額使用料は定額で5000円~1万円程度です。キャバクラ1回分より安い価格で、何十人ものパパ活希望の一般女性と知り合えるので、経費としてはめちゃ安いと思います。

安全面から考えて「#ハッシュタグ」が使えるSNSなどじゃなく、パパ活専門サイトやアプリを使う事をお勧めします。

関連記事一覧