• パパ活の始め方や方法
  • パパ活の始め方や方法についてまとめています。パパを探す、パパを探している女性を見つけるのが初めての人は、先ずはこちらを参考にして下さい。パパ活の仕方ややり方を分かって始める方が、効率的に良い出会いを見つけられます。始めたけどまだ見つからない人もこちらから!
キャバクラやラウンジ等の飲み屋

キャバクラやラウンジ等の飲み屋でパパ活は可能?相手は見つかるか?

パパ活を始めたけどパパが見つからないし、探し方が分からない。パパ活女子とデートしたいけど、どこで見つけたら良いか分からない。そういう人におすすめ、ネット以外で始める方法。キャバクラやラウンジ等の飲み屋で相手は見つかるか?実体験を基に男性目線と女性目線で解説します。

キャバクラやラウンジ等の飲み屋でパパ活相手は見つかるか?

男性(パパ側)

夜の水商売をやっている女性の大半はお金目当てなので、パパ活をやろうと思ったら簡単に始められます。実際に多くの人がパパ活状態になっています。始めるには、先ずは店外デートであるアフター等に付き合ってくれる子が対象になるので、そういう子を見つけるか、アフターに付き合ってくれる様に持って行きます。

その子と仲良くなっていけば、お互いのプライベートな話もする様になるので、「なぜお金が必要なのか」「毎月幾ら必要なのか」「1回お休みすると、どのくらいの給料が減るのか」等を自然な流れで聞き出し、それと同等か、それにちょっとプラスしてあげると、大抵デートに付き合ってくれる様になります。

アフターに来てくれた子には、ちゃんとしている大人の男性なら、タクシー代として1万円程度渡しているので、そういう金額に更に1万円を交通費として渡してあげると、空いている時に連絡すればいつでも付き合ってくれる様になり易いです。

パパ活になると基本的には1対1なので、大人数で楽しみたい場合はキャバクラに行った方が良いですが、1対1で楽しみたいなら、お店に払う分を女の子に払ってあげる感じに考えれば安い物です。

 

女性(パパ活女子側)

夜の仕事をしている女性には沢山いますが、いわゆる愛人ポジションの様な感じです。愛人よりやや軽いのがパパ活女子と言う感じで良いでしょう。パパ側からすればお店に払うか、その分を女性に渡すかの違いなので、女性に直接渡してあげたいと思わせたらパパ活開始できます。

先ずは金払いの良さそうな人とアフターに行きましょう。アフターでは店とは違った話題になる事も多いし、個人的な話もし易いです。「お金、お金」にならない様に、世間話程度の軽いノリで「夜は嫌だけど、お金の為に頑張らないといけない」と言う感じの内容を、かなりソフトに伝えて反応を見ます。

その反応で悪い感触じゃ無かったら、徐々にプライベートの相談をする様にし、自分が面倒みてあげられたらと思わせる様に持っていけばOKです。相手としては、アフターに付き合ったら後に交通費として1万円くらいはくれるお金に余裕がある人で、結婚願望が無い独身、結婚願望はあるが夜の子と本気になる感じじゃ無い独身、もしくは既婚者です。

アフター2時間程度でタクシー代として1万円貰えるので、これだけでもパパ活に近いですが、休日やお店を休んで一緒に遊んだ時にもお手当を貰える様にならないといけません。そこが貰えない関係ならパパ活にならないので、その人はアフターまで行ってタクシー代稼ぐだけにしておいて、別の人を探した方が良いでしょう。

タクシー代までは単なるキャストに払ってくれる男性は多いですが、デートして更にお手当となるとハードルはやや高くなるので、自分から言い出すとパパ活どころか指名を切られる事もあるので、いかに上手く相手に言わせるかが大切です。

私としてはパパ活サイトやデートクラブを使う方が、手っ取り早いので、そちらをお勧めします。「仕事はキャバクラで働いています」と伝えれば、逆パターンでパパ活+お店のお客さんになってくれる可能性もあるので。

関連記事一覧