パパ活コラム

パパ活は副業禁止になっている会社員や公務員だって稼ぐ事が可能

副業で稼ぐ女性

定職はあるけど、お小遣いがもっと欲しいとか、将来の為にもっと収入を増やしたいと思って副業を考えている人は多い時代です。

しかし未だに副業禁止になっている会社は多いし、公務員は公益性が無いと副業禁止になっています。そういう人たちでもパパ活なら安心して稼ぐ事が可能です。

パパ活は副業禁止の仕事の人でも安心して稼げる

パパ活でお金の切り出し方、お手当を貰うタイミングや貰い方

勤め先が副業を禁止している場合、バレると減給処分になったり、会社にいずらくなったり、最悪免職処分になる事もあります。そういう事から、副業をしたいけどできないと言う人は多いです。

また、会社が副業をOKにしていたとしても、他で稼いでいる事がバレたくないと言う人にとっても、中々行動に移せない原因になっています。

では、副業をしている事がバレるのは何故なのか?

副業がバレる原因

住民税が上がる事でバレる

会社側は自社での所得分で住民税を計算しますが、副業分を確定申告すると、その所得分の住民税まで加算されて会社に通知されるので、「こいつは当社以外からの収入を得ているな」とバレます。

確定申告を行う際に住民税の徴収方法として、給与から差し引きと自分で払うの2つから選択可能なので、自分で払うを選択すれば、このバレは回避可能です。

給与所得の副業でバレる

一般的なアルバイトの場合、そこで働けば給与所得になり、その会社は給与から住民税を天引きします。その為、この天引きされた額が勤めている会社にも通知される事でバレます。

アルバイト先が天引きをせず、自分で確定申告を行い納めると言う形でOKの会社でないと危険です。

確定申告をせずバレる

税金面からバレるなら、確定申告をせず無申告にしておけば、会社にバレないし税金面からしても良いしと考える人はいます。

しかし無申告だとバレたら、重加算税など多大なお金が必要になります。払えない場合は給与差し押さえなどになるので、会社にバレます。更に悪質なら逮捕される事もある脱税なので、そうなれば会社へ言い訳はできません。

友達や同僚からバレる

副業をしている事を友達や同僚に言ってしまうと、そこから情報が洩れ、会社の上司まで伝わってしまう事もあります。信頼しているから言ったのに…と思っても後の祭りです。

秘密にしたい事は、どんなに信頼していても自分の中にしっかりと閉まっておきましょう。

会社の人がお客さんで来てバレた

接客業などをすれば、お客さんとして会社の人や知人などが来る可能性もあります。そうなれば一発で副業をやっている事がバレるので、なるべく多くの人に関わらない仕事や、在宅で行える仕事などが良いでしょう。

パパ活を副業でやっても会社にバレない理由

お金を貸す、借りる

そこで女性におすすめの副業としてパパ活を推します。

パパ活の収入は贈与

先ずパパ活で得た収入は事業所得や給与所得ではなく贈与になるので、所得税、住民税、社会保険料などには何ら影響はありません。友達、知人などからお金を援助して貰ったと言うのと同じです。

もし、贈与された財産があったとバレたとしても、それで処分する会社なんてありません。それがダメなら、親兄弟などの財産だって受け継いでも処分される事になるので。

一般贈与財産にかかる贈与税
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% 0円
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1000万円以下 40% 125万円
1500万円以下 45% 175万円
3000万円以下 50% 250万円
3000万円以上 55% 400万円

贈与税はこの様になっており、例えば年間199万円以下なら税金を納める必要もないので、確定申告すら必要ありません。

パパ活を本業ではなく、副業で週に1回程度やっている女性の平均収入は15万円くらいなので、平均位だと15万円×12ヶ月で180万円ですから会社にバレずに丸儲けです。

もっと稼ぎたいと思って回数を増やし、年間トータルで200万円以上になれば、確定申告を行う必要はあります。ただ、贈与税を納めるだけでOKなので、贈与された分を会社は知り様がありませんしバレません。

1対1の世界だからバレるリスクが少ない

在宅で何万、何十万と稼げる人は、一部の人なので、どこかに働きに出る事が確実に稼げる方法となってきます。

ただ、外に出ると人目があるし、夜キャバクラで副業していたらお客で上司が来たりと言う事だってあります。

パパ活は1対1の世界なので、デートする相手が自分の周りと繋がりがなければバレるリスクはかなり低いです。

仕事関係を含めて個人情報は極力出さない様にすれば、仕事と繋がる要素もなくなるし、デート中に会社の人や知人に見られても、パパ活と言わず、デートと言えば良いし、デートするにはおかしな年齢差と言うなら、前にバーで飲んでいた時に知り合った人で食事に誘われただけと言っておけば良い。

パパ活の現状として、私はこれまでにも市役所職員、学校の先生など公務員の女性ともパパ活で遊んできたので、やっている子は結構多い印象です。

一般的なアルバイトや夜の接客業よりバレる確率は低いので、副業をやるならこちらがおすすめです。

稼ぎが多くなると派手な生活になる人がいますが、そういう姿は会社の人間の前では見せない様にした方が良いです。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
私がこの記事を書きました。 パパ活歴3年目のアラフォー現役パパです。本業はIT系フリーコンサルタントでネットの何でも屋、ネットの出会いに関しての歴は20年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力しました。 20代は出会い系運営会社にも在籍、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
おすすめアプリランキング
パパ活アプリ比較ランキング一覧

現役でパパ活をやっている私が実際に使い選んだアプリやサイトなど、良いパパ活相手が見つかるとおすすめ出来るサービスをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら