パパ活コラム

パパ活が副業禁止の会社員や公務員がバレる理由と対策

副業で稼ぐ女性
ジン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ユニバース倶楽部
男女共に今がチャンス!
ユニバース倶楽部

新規ご入会で半額ポイントバック

「キャンペーンコードをお持ちの方」の欄に「m015c6e65b4b5545」を入力するだけ。

男性会員増キャンペーンで女性も太パパと出会うチャンスがアップ!

定職はあるけど、お小遣いがもっと欲しいとか、将来の為にもっと収入を増やしたいと思って副業を考えている人は多い時代です。

しかし未だに副業禁止になっている会社は多いし、公務員は公益性が無いと副業禁止になっています。そういう人たちでもパパ活なら安心して稼ぐ事が可能です。

会社員や公務員のパパ活がバレる理由や原因

パパ活でお金の切り出し方、お手当を貰うタイミングや貰い方

勤め先が副業を禁止している場合、バレると減給処分になったり、会社にいずらくなったり、最悪免職処分になる事もあります。そういう事から、副業をしたいけどできないと言う人は多いです。

また、会社が副業をOKにしていたとしても、他で稼いでいる事がバレたくないと言う人にとっても、中々行動に移せない原因になっています。

では、パパ活の副業をしている事がバレるのは何故なのか?

通報される

現金でのやり取りが殆どなので本来はバレないが、バレる場合は大半が匿名の通報です。

  • 会社の同僚、上司や部下などに見つかった
  • 出会った相手が会社や仕事関係の人だった
  • SNSで相手募集していたのが見つかった
  • 友達や知り合いが稼ぎに嫉妬し通報した
  • 羽振りが良くなり疑われ調査された
  • 相手とトラブルになり通報された

通報される原因としては上記が主です。ですので、対策としては…

  • 知り合いに遭わない場所や時間を使う
  • 知り合いの可能性がある人とは出会わない
  • アプリや交際クラブなど閉鎖的な場所で出会う
  • 仲の良い友達などにもパパ活の事は言わない
  • 稼ぎに見合わない羽振りの良さは控える
  • 相手に会社の事など個人情報を渡さない

こういう事に注意しておけば通報される可能性はかなり低いです。

住民税が上がりバレる

会社側は自社での所得分で住民税を計算しますが、副業分を確定申告すると、その所得分の住民税まで加算されて会社に通知されるので、「こいつは当社以外からの収入を得ているな」とバレます。

確定申告を行う際に住民税の徴収方法として、給与から差し引きと自分で払うの2つから選択可能なので、自分で払うを選択すれば、このバレは回避可能です。

確定申告をきちんと行っていても、修正申告が必要になった場合などで、追加で所得税を納める事になると、追加分の住民税が会社に行ってしまう事になりバレる場合もあります。

パパ活を副業禁止の公務員や会社員がバレない方法

お金を貸す、借りる

通報されるか、住民税が上がる事でバレる以外には、事件性がある事が起きるくらいなものなので、あとはバレない方法と言うより、バレにくくする方法を実践しておきましょう。

パパ活の副業収入は贈与か雑所得

先ずパパ活で得た収入は継続的に行っているなら雑所得なので、所得税、住民税などの確定申告が必要になります。

ただ、たまに時間がある時にと言う感じなら、友達、知人などからお金を援助して貰ったと言うのと同じで贈与になる可能性が高いです。

ただ、この辺りは税理士さんや税務署に相談した方が確実です。

もし、贈与された財産があったとバレたとしても、それで処分する会社なんてありません。それがダメなら、親兄弟などの財産だって受け継いでも処分される事になるので。

一般贈与財産にかかる贈与税
基礎控除後の課税価格税率控除額
200万円以下10%0円
300万円以下15%10万円
400万円以下20%25万円
600万円以下30%65万円
1000万円以下40%125万円
1500万円以下45%175万円
3000万円以下50%250万円
3000万円以上55%400万円

贈与税はこの様になっており、例えば年間199万円以下なら税金を納める必要もないので、確定申告すら必要ありません。

パパ活を本業ではなく、副業で週に1回程度やっている女性の平均収入は15万円くらいなので、平均位だと15万円×12ヶ月で180万円ですから会社にバレずに丸儲けです。

もっと稼ぎたいと思って回数を増やし、年間トータルで200万円以上になれば、確定申告を行う必要はあります。ただ、贈与税を納めるだけでOKなので、贈与された分を会社は知り様がありませんしバレません。

閉鎖的な空間で出会い1対1で秘密を守る

在宅で何万、何十万と稼げる人は、一部の人なので、どこかに働きに出る事が確実に稼げる方法となってきます。

ただ、外に出ると人目があるし、夜キャバクラで副業していたらお客で上司が来たりと言う事だってあります。

パパ活は1対1の世界なので、デートする相手が自分の周りと繋がりがなければバレるリスクはかなり低いです。

仕事関係を含めて個人情報は極力出さない様にすれば、仕事と繋がる要素もなくなるし、デート中に会社の人や知人に見られても、パパ活と言わずデートと言えば良いし、デートするにはおかしな年齢差と言うなら、前にバーで飲んでいた時に知り合った人で食事に誘われただけと言っておけば良い。

パパ活の現状として、私はこれまでにも市役所職員、学校の先生など公務員の女性ともパパ活で遊んできたので、やっている子は結構多い印象です。

一般的なアルバイトや夜の接客業よりバレる確率は低いので、副業をやるならこちらがおすすめです。

出会いの場はパパ活アプリか交際クラブにしましょう。

アプリならブロック機能で電話帳に入っている電話番号で登録した人は全てブロックできるし、シークレットモードにすれば検索結果に表示されなくなります。

自分からアプローチが必要になりますが、プロフィールを見て大丈夫そうだと思った相手にだけアプローチしてやり取りできるのでバレるリスクはかなり減ります。

交際クラブはもっと閉鎖的な場所なのでおすすめです。

出会った人とお互いの個人情報は詮索しすぎず、トラブルになる様な別れ方は避ければ、バレない様に安全に副業で稼いでいけます。

運営者情報はこちら
ジン
ジン
パパ活歴7年目の40代の現役パパ
本業はIT系コンサルタント。ネットの出会いに関しての歴は24年以上と精通しており、パパ活専門家として「週刊SPA!」にて取材協力。 20代は出会い系運営会社にも関わり、その後は独立しコンサルの仕事を通じでネットの出会い関連の企業に関わっていた事もあり裏表何でも知っています。
記事URLをコピーしました