• パパ活の上手なやり方やテクニック
  • パパ活のコツやテクニックについてまとめています。パパが見つからない、募集中の女性が見つからない人はぜひ参考にして下さい。メールやメッセージ、プロフィール、写真や画像、パパ活に良いスポット、上手な付き合い方など、既にパパ活中の男女共に役立つノウハウを掲載しています。
契約

パパ活で契約書や誓約書を書かされる事になったらどうするべき?

パパ活をやっていると、稀にパパ側から契約書や誓約書を書かされたり、捺印してくれと言われたりする事があります。ここでどうするかで、後々のトラブルを回避できるかどうかが変わってくるので、パパ活を始めようと思っている人はぜひ読んでおいて下さい。

パパ活で契約書や誓約書を書かせるパパとその内容

1.週に2回は会う、または月に8回は会う

2.パパ活をやっている事や個人情報を漏らさない

3.体の関係を求めた時は拒否しない

4.1度のデートのお手当は交通費は5千円、デートだけなら+1万円、体の関係があった日は+3万円

5.連絡は遅くても12時間以内に必ず返す

6.1~5の契約不履行の場合はこれまでのお手当の半額を返金するか、1000万円の罰金とする

この様な内容の契約書や誓約書を提示される場合があります。

きちんと取り決めをしていた方がお金も約束通り貰えるだろうし、安全だと考える女性もいますが、絶対にこういう物に捺印してはいけません。

 

パパ活は自由に出来るからこそ続けられる

パパ活は自由に出来るからこそ続けられる

男性側は不安を感じるからこそ契約書を出してきます。同じ様に女性側も不安があるから、きちんと決めておいた方が良いと考える人もいます。しかし契約書をきちんと取り交わして捺印すると、口約束や個人の恋愛の延長線上の話ではなくなる部分も出てきてしまいます。

体の関係については民法708条の不法原因給付に当たるので、返金の必要は無いし契約は成立していないと言うのが、多くの弁護士サイトに書かれています。しかし、それ以外の部分の項目は不法の事による物ではないので、契約書を交わしていたら何らかの責任は出て来る可能性があります。

体の関係を持ったのにお金を貰えなかった、お金を払ったのに体の関係を持てなかった等については以下の記事を参考にして下さい。

多くの女性は空いた時間に効率よく稼げるからパパ活を選んでいると思います。契約書を交わすと、そういう自由さは無くなるので、かなりきつくなります。本気でパパ活だけで食っていこうと思っている女性でも、この手のタイプは辛くなるので止めておくべきです。

 

パパ活で契約書や誓約書を書かせるパパは地雷

パパ活で女性側が注意すべき危険事物や要注意人物の特徴と見分け方

パパ活で契約書や誓約書を書かせる様なパパは、かなり危険なタイプで地雷の可能性が高いので、それを提示された段階で会うのは止めておきましょう。

この手のタイプは自分の形にハメておきたいタイプで、融通が利かないタイプが多い。不満があればあからさまに出すし、DV等を行って来る可能性もあります。きちんとする事に執着するタイプも多いので、それをしない相手には非常に厳しくなり、最終的には女性の職場や自宅にまで影響がある様な行動を行ってきます。

失敗をしたくない融通が利かないタイプなので、酷い時には執着しストーカーになってしまいます。ここまで来ると個人では手に負えなくなり警察にお世話になる事になるので、周りの人にもパパ活をやっていた事がバレる可能性も高くなります。

こういう面からも、パパ活で契約書を出してくるような男性とは絶対に付き合うのは止めておいた方が良いと思います。

関連記事一覧